木曜日, 25 of 2月 of 2021

中国で大規模停電

usotsuki-1-1-1-284x400-1

 

周辺国の領土領海を侵略し、ウイルスを世界中にバラまいている、野蛮な暗黒独裁国家・チャイナチス中国

ついに日米豪印が協力して、中国包囲網を形成し始めています

中国はこれに激怒して、一番弱いオーストラリアを報復ターゲットに選び、経済制裁として石炭輸入を大幅に制限しました

しかし、これで被害を受けたのは、中国自身でした

石炭不足で火力発電が稼働せず、電力不足で大規模停電が発生しています

暗黒独裁国家にはよくあることですが、まったく馬鹿みたいな話です

(^_^;)

* * * * * * * * * *

中国が連日オーストラリア叩きに出て、オーストラリア産石炭の輸入も減少。

これにより中国は、電力不足というブーメランを受けることが分かった。

工場稼動に支障が出て夜に街灯が点灯しない、エレベーターが運行を中断し、人々が30階を歩いて上がることも行われている。

香港の明報は18日、中国の保存性湖南省をはじめとするいくつかの地域が、最近相次いで「電力を節約せよ」という通知を発表したと報じた。

浙江省は31日までに商業地域では、気温が3度以下に低下する場合にのみ、暖房器具の電源を入れることができると通知した。

行政機関も最小限に暖房器具を稼動しなければならない。

先立って去る13日、浙江省義烏と進化市が発表した省エネ計画によると、公共の場では、外部の気温が5度を超えると加熱をオフにして、照明は合理的に使用し、3階以下エレベーターは操作を停止しなければならない。

これにより、商業地域では、毎日午後3時から停電が発生して業務に支障が出ており、従業員は在宅勤務に移行された。

三日に一日ずつ作業が中断され、輸出製品を生産する企業が直撃弾を受けている。

去る14日、湖南省、毎日午前10時30分から正午まで、午後4時30分〜8時30分までを電力使用制限時間に設定した。

明報は電力不足の主な原因は、中国が先月6日からオーストラリア産の石炭輸入を停止したからだという分析が出ていると伝えた。

オーストラリア産石炭の中国の輸出は、先月最初の3週間の間に96%急減したことが分かった。

中国の石炭輸入の57%がオーストラリア産なので、輸入停止が続く場合は、電力不足が全国的に広がると明報は予想した。

オーストラリアの新型コロナウイルス感染症(コロナ19)責任論提起は、Huawei排除など、中国はオーストラリア産の商品の輸入制限で報復している。

しかし、自国産業に不可欠なオーストラリア産鉄鉱石の輸入は引き続き増やしている。

中国が輸入する鉄鉱石の60%がオーストラリア産であり、オーストラリアが輸出する鉄鉱石の80%が中国に向かう。

マットカナ半オーストラリア上院議員は、中国が豪州産輸出品にとった措置への対応として、オーストラリアが中国に輸出する鉄鉱石の税金を課すことを提案した。

(自動翻訳を使っているので、少々読みにくいですが、ご容赦ください)