火曜日, 26 of 1月 of 2021

香港の反中国デモ

hongkongprotest-thumb-720xauto-173954
ph_thumb
 
1週間ほど香港を歩いてきました
香港中が燃えているような報道もありますが
ごく狭いエリアのデモ現場以外は特に危険も感じられず
市民生活はいつもの通りで特に変化ありませんでした
観光客が激減しているので今は旅の穴場です  (^_^;)
 
香港のデモで、初めての死者が出たのは11月8日
死亡したのは、警察のデモ隊の強制排除の最中に建物から転落し、入院治療していた学生だ。
事態はそこから一気にエスカレートした。
11日には警察官が丸腰のデモ参加者に至近距離から実弾を発砲し、一人が重傷を負った。
デモ参加者が親中派の男性に火をつける事件もあった。
男性は重体となっている。
これまでデモはほとんど週末限定で行われてきたが、転落した学生が死亡したことに抗議して月曜のゼネストが呼びかけられた。
11日朝、デモ隊の一部が通勤妨害を行うと、市内各地で警察とデモ隊が衝突。
ビジネス街の中環(セントラル)では警察がデモ隊に向けて催涙ガスを使用し、巻き添えも出す事態になった。
暴力の連鎖はどこまで続くのか。

詳細はここをクリック

 


Leave a comment