水曜日, 21 of 4月 of 2021

米中論戦

 

米国務長官ブリンケンは3/18、中国外交担トップ、チャイナチス中国共産党・政治局員の楊潔篪(ヤン・ジエチー)とアラスカ州で会談した。

米中の外交トップが対面式で会うのは、バイデン政権では初めて。

安全保障や経済、人権問題などを巡って、冒頭から激しい応酬となった。

35260722

米中高官協議は現地時間3/18午後(日本時間19日午前)に始まり、3/19まで2日間の予定。

米国は大統領補佐官(国家安全保障担当)サリバン、中国からは国務委員兼外相の王毅(ワン・イー)が同席した。

「新冷戦」と称されるほどに悪化している米中関係の仕切り直しにつながるかが焦点となる。

双方は冒頭から激論を交わした。

複数の米メディアによると、ブリンケン(→)は冒頭発言で

「新疆ウイグルや香港、台湾、サイバー攻撃や

 同盟国への経済的威圧について深い懸念を議論する。

 これらの行動はルールに基づいた秩序を脅かしている」

と伝えた。

35260721

これに対して楊潔篪(→、ヤン・ジエチー)は

「内政干渉アルヨ」

と反論。さらに

「米国は軍事力と経済覇権を用い、

 他国を抑圧しているアルヨ」

と主張し、黒人問題を取り上げて

「米国民は民主主義への信頼を失っているアルヨ」

などと指弾した。

大統領報道官サキは記者会見で

「人権や香港を含む私たちの懸念を率直に話すだろう」

との見通しを示した。

usotsuki-1-1

米国は習近平(←、シー・ジンピン)指導部が進める暗黒独裁強権路線の修正を求める方針だ。

中国はトランプ前政権が進めた対中制裁や輸出規制の解除を含めた強硬路線の見直しを求める構えだ。

気候変動などで協力できるとの方針を伝え、関係改善の糸口を探る。

中国は今回の協議を「ハイレベル戦略対話」と称して定期開催を求めているが、米国は「現時点では一連の会談の一部ではない」(サキ)として、中国側の見方を否定している。

米国は協議の終了後にブリンケンらが内容を記者団に説明する。

bakudan_hatsugen_man

現時点では共同文書を発表する予定はない。

ブリンケンは日本、韓国の同盟国を歴訪した後の帰国途上でアラスカに立ち寄る形で中国側との会談に応じる。

ブリンケンは日韓両国と対中政策を巡って緊密に協議した。

p06kv3rv

▲中国のアウシュビッツ ウイグル人強制収容所