日曜日, 9 of 5月 of 2021

日米共同声明「台湾加油!」

wor2102140008-p1

▲台湾の蔡英文総統

character_pineapple

 

人類の平和と自由と人権を破壊しようとしている

 チャイナチス中国共産党

に対して、人類が団結して対抗しつつあります

 チャイナチス中国共産党

の味方は 北朝鮮と韓国だけかも

 (^_^;)

 

台湾の外交部(外務省)は4/17、日米首脳会談の共同声明に台湾海峡の安定が重要だとの認識が示されたことについて

「日米両国が(台湾)周辺の安全保障に

 関心を寄せていることを喜ばしく思う。

 心から歓迎し、感謝する」

との声明を発表した。

日米首脳会談の共同声明で台湾に関する記述が明記されたのは、1969年以来となる。

台湾外交部は、中国から強まる圧力を念頭に

「日米、その他の理念を共有する国々と緊密に協力して

 今後、インド太平洋の平和、安定、繁栄を目指す」

とも述べた。

usotsuki-1-1-1

特に最近は、大量の中国軍機が台湾の防空識別圏に頻繁に侵入を繰り返すことが増えている。

中国軍による台湾周辺での軍事演習も多く、台湾では中国軍による侵略に対して警戒感が強まっている。

こうした状況も踏まえ、今回の日米共同声明では

「台湾海峡の平和と安定の重要性」

が強調され、

「両岸問題の平和的解決を促す!」

と記された。

前回、台湾問題について触れられた69年は、ワシントンで佐藤栄作首相とニクソン大統領が会談した。

当時、佐藤首相は

「台湾地域における平和と安全の維持も

 日本の安全にとって極めて重要な要素である」

と述べた。