金曜日, 18 of 6月 of 2021

愛される中国

unnamed

▲アウシュビッツ強制収容所

sick_kansensyou

 

中国の武漢研究所が作った中国コロナウイルス(ほぼ間違いなく生物兵器!)で、すでに世界中で350万人以上が虐殺され、今も毎日1万人が虐殺されています

日本人も、すでに13000人以上が虐殺されました

ヒトラー・ナチスが第二次大戦中に、アウシュビッツなどの強制収容所で虐殺したユダヤ人などの総計が、600万人です

これは最大限多めに見積もった数字で、実際はこれよりかなり少ないと言われています

チャイナチス中国共産党による大虐殺の規模は、間もなくこれを超えます

21世紀に入ってまだ20年ですが、大規模な核戦争でも起きない限り、中国コロナ生物兵器による人類規模の大虐殺は、21世紀で最悪最恐の大量虐殺事件として、人類の歴史に永く記録されることでしょう

bakudan_hatsugen_man-300x271

チャイナチス中国共産党の習近平は、いつも平気でウソをつきますから、今さら

「愛される中国」

などと言われても、にわかには信じがたい話です

日本にとって最も恐るべき事態は、追い詰められた中国が暴走して、台湾や尖閣に軍事行動を起こすことですが、この可能性が少しでも下がるのなら、悪い話ではありません

しかし、軍事行動を予定して、相手(日米)を油断させるための発言である可能性も否定できません

何しろ図体の大きい中国ですから、軍事行動だけでなく経済崩壊が起きても、世界への大きな影響は避けられません

blog_import_5cf5851e0dbce

今回の中国コロナ大虐殺で世界から孤立した中国ですが、このまま大人しく暴走せずに推移して、その巨大な労働力や資源、市場を、日本が選択的に安定して利用し続けられることがベストです

中国の一人一人の国民は、必ずしも反日とは限らず、むしろ日本に憧れている人が多いようにも思えますが、現在の残忍なチャイナチス中国共産党が大陸を支配している限り、日中友好はほぼ絶望的です

相手がトンデモない悪党でも、利用できるところは利用する、という冷めた関係でいくしかありません

役に立つのなら悪魔とも取引する、というのが国際関係というものでしょう

(^_^;)

 

usotsuki-1-1-1
5/31に習近平は、チャイナチス中国共産党幹部を集めた会議で演壇に立ち、

「中国の印象が良くない。これからは

 『信頼され、愛され、尊敬される中国』

 という印象を強めていく必要がある」

と演説していたことが分かった。

「信頼されない、愛されない、尊敬できない国」

のダントツ筆頭が中国であり、世界で孤立しているという客観的な現実を、頭の悪い習近平でも何とか理解できたようだ。

多くの国際関係専門家は

「いまさら中国が外交姿勢を多少緩和したところで、

 習近平の唱える『信頼され、愛され、尊敬される』

 という中国イメージの再建は不可能だろう」

と分析する。

ピュー・リサーチセンターの直近の世論調査でも、この一年であらたに14ヶ国が、中国に否定的になったとする結果がでた。

EUは昨年師走に駆け込みで締結した「投資協定」が、ドイツをのぞいて反古となりそうな趨勢であり、中国の「友人」と呼べるのは、もはやカンボジアと韓国くらいしか見あたらない。

df511_1223_c15899e9_3d9154e2

ロシアとトルコは親中路線とはいえ、基本的なところでは距離を置いている。

「大国として友人を増やし、

 コミュニケーションを円滑化させる」

と唱えた習近平は特別チームを発足させ、大国としての中国にふさわしいイメージを再建するとした。

ネットでは習近平を

「XITLER」(シットラー)

を名づけ、

無駄な努力!」

と一刀両断の意見が多い。

 

p06kv3rv