日曜日, 1 of 8月 of 2021

中国製ワクチンは、ただの水?

hw414_AS20210113000844_comm

medical_yobou_chuusya_mask_woman

 

武漢研究所にコロナ生物兵器の開発を命じた独裁者の習近平は、これを世界中にバラまいて、中国の言う事を聴く国にだけワクチンを提供して、世界を中国の勢力下に置こう、などと思っていたようです

しかし習近平の思惑に反して、中国は生物兵器は作れたけれど、ワクチンの開発能力は、欧米諸国の方がはるかに高かったようですね

(^_^;)

 

中国製ワクチンを接種している国では、接種率が上がっても感染拡大が止まらない、とアメリカのメディアが指摘した。

download

ニューヨーク・タイムズは6/22、

「中国製ワクチンに頼った国はいま、

 感染の急拡大と戦っている!」

と題した記事を掲載。

中国製ワクチンが使用されているバーレーンやチリなどの4カ国では、人口の50~68%が接種を完了したにもかかわらず、世界で最も感染状況が悪化している。

ファイザー社とモデルナ社のワクチンは90%以上の有効性が確認されているのに対して、中国製のシノファームは78%、シノバックは51%の有効性に留まるとされている。

ニューヨーク・タイムズは

「中国製ワクチンには、

 感染防止効果が無い!」

と指摘している。