日曜日, 1 of 8月 of 2021

ワクチン効果が低下 イスラエル

16846-china

 

osoushiki_taimen

チャイナチス中国共産党の親玉・習近平が開発させた中国コロナ生物兵器は、すでに400万人以上を虐殺しました

ここでワクチンが効かなくなることは、非常に恐ろしい事態なのですが、重症化を防ぐ効果はまだ高いという情報に、わずかな望みが感じられます

21世紀の人類が直面した今回の緊急非常事態に対する全責任は、チャイナチス中国共産党とその親玉である習近平にある訳ですが、この狂気の集団は、まだ謝罪メッセージひとつまともに出していません

中国政府が負うべき賠償責任は、少なくとも1000兆円と言われていますが、その賠償交渉はまだ予備交渉すら始まっていません

((((;゚д゚))))

 

download

中国コロナ生物兵器の感染を防ぐ、米ファイザー製ワクチンの有効性が、イスラエルで大幅に低下した。

変異株「デルタ」(インド型)の感染拡大と制限措置の緩和が理由だとしている。

一方で、中国コロナ生物兵器による重症化や入院防止効果の低下は、はるかに小幅だった。

イスラエルでは、5/2から6/5まで、ファイザー製ワクチンの有効性は94.3%だった。

usotsuki-1-1-1-1

だが、イスラエル政府が中国コロナ生物兵器への感染対策の制限措置を撤廃した5日後に当たる6/6から7月初めまででは、米ファイザー製ワクチンの有効性は64%に低下した。

中国コロナ生物兵器による有症状を防ぐワクチン効果も、同様の低下が見られたという。

だが、入院や重症化の防止では、高いワクチン効果が保たれていた。

米ファイザー製ワクチンの入院を防ぐ効果は、5/2から6/5までが98.2%、6/6から7/3まででも93%。

中国コロナ生物兵器による重症化に対するワクチン効果も、同程度の低下だったという。

 

35260794

TOP