日曜日, 1 of 8月 of 2021

中華街を襲撃 南ア

35260803

landmark_chukagai_chouyoumon

 

社会に強いストレスがかかり、人々のフラストレーションが閾値(沸点)に達すると、暴動が起きます

日本人はこの沸点が非常に高いので、めったに沸点に達しませんが、黒人には沸点の低い人が多いようです

チャイナチス中国共産党による今回の中国コロナ生物兵器攻撃のような、余りにも理不尽な理由で社会全体が大きな苦痛を味わえば、むしろ我慢している日本人の方が少数派なのかもしれません

((((;゚д゚))))

 

南アフリカの都市、ピーター・マリッツバーグチャイナタウン(中華街)全体が火に包まれている。

現地時間の7/13夜までに、暴動で死者72人、1,234人が逮捕されました。

夜空は血に染まったように燃えていた。

7/10には、国内の物流の大動脈であるヨハネスブルクとダーバン港を結ぶ高速道路(N3)上で、トラックを放火するなど暴力的な破壊行為に発展した。

チャイナチス中国共産党の作った中国コロナ生物兵器による攻撃で、食糧や医薬品が希少資源となり、人々は空腹で絶望している。

道路は封鎖され、警察車両は横転し、裁判所は閉鎖され、多くの大型ショッピングセンターは火を放ち、煙が戦場のように立ち込めている。

人々は悲鳴を上げて逃げ惑い、商店は略奪され、瓦礫と化した。

医療従事者は恐怖で家を出ることができず、予防接種は行き詰まり、暴徒が無防備に集まっている。