月曜日, 20 of 9月 of 2021

イスラエルがレバノンを爆撃

war_missile_character

 

どうやら先に攻撃したのは、レバノン側(ヒズボラ)みたいで、ヒズボラの背後にはイランがいるようです

ご存知のようにレバノンには、国際指名手配犯人カルロス・ゴーンが逃げ込んでいて、日産から強奪したカネで、レバノン首都ベイルートの高級住宅街に宮殿のような豪邸をかまえ、王侯貴族のようなゼイタク三昧の生活をしています

それにしても、ゴーンが逃げ込んでからのレバノン国民は、気の毒なほどの災難つづきです

shinigami

経済危機で最悪の窮乏生活(飲食にも困るほど)

首都ベイルートで史上空前の大爆発(下の動画)

今回のイスラエルからの空爆(上の動画)

そんな訳でゴーンは、窮乏したレバノン国民から死神・貧乏神扱いされています

レバノンとしては、経済危機を乗り切るために、日本からの経済援助が欲しいのですが、ゴーンをかくまっている限り、それは望めません

レバノン政府が、ゴーンの身柄を日本へ引き渡し、交換に経済援助を引き出そうとしているとのウワサもあり、ゴーンはピリピリしています

さらに、レバノンの反体制派はゴーンの命を狙っているそうです

taiho_syujin

イスラエルとの関係がさらに悪化すれば、ゴーンの宮殿のような豪邸がある、首都ベイルートへの空爆も考えられます

いま、ゴーンが安息の地を求めるなら、再び楽器ケースに入って自家用機で日本へ忍び込み、東京拘置所の安全な三食つき個室へ引っ越すことかもしれません

そうすれば、暗殺や空爆で死ぬ可能性は、ほぼ無くなります

(^_^;)

 

▼国際指名手配犯人カルロス・ゴーン

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 82

 

親イランのイスラム教シーア派組織ヒズボラは8/6、イスラエル軍が8/5にレバノン南部に実施した空爆の報復として、イスラエルに向け数十発のロケット弾を発射したと発表した。

これを受け、イスラエル軍も報復としてレバノンに砲撃。

死傷者は出ていないが、イランを巡り緊張が高まる中、国境付近での報復連鎖が続いている。

 

magw170801-hiz01

ヒズボラは、レバノンのシーア派イスラム主義の政治組織、武装組織で、1982年に結成された。

日本の報道機関では「ヒズボラ」と表記される事が多いが、アラビア語の発音ではヒズブッラー、ヒズボッラー。

アラビア語で「神の党」を意味する。

イランとシリアの政治支援を受け、ヒズボラの軍事部門は、アラブ・イスラム世界の大半で、抵抗運動の組織と見なされている。

日本、米国、EU、イスラエル、英国、オランダ、豪州、カナダ、バーレーン、エジプトは、ヒズボラの全体または一部を、テロ組織に指定している。

 

▼首都ベイルートでの史上空前の大爆発

(すさまじい衝撃波は、9:30あたり)

 

54885527

8257248758