月曜日, 20 of 9月 of 2021

映画 コンテイジョン(感染)

sick_kansensyou

 

ウイルス感染が急速に広がり、半年後には人類2600万人が死亡するという、特大パンデミックのお話

2011年公開だから10年前の映画だが、中国コロナウイルス生物兵器で汚染された現在と、気味が悪いほど似ている

愛する家族を失って絶望する者、感染の広がりを食い止めようとする者、ひたすらワクチンを開発する者、恐怖やデマを撒き散らす者、極秘内部情報でひと儲けたくらむ者などが登場

ワクチン接種の優先順位をめぐって、争いや暴動も起きる

映画なので、その中に人間ドラマまで埋め込もうとしているので、106分には盛り込みすぎの感もある

ただし今回の中国コロナ騒動と違って、生物兵器を開発する悪魔は登場しない

いま我々が味わっている中国コロナ生物兵器の現実と、この映画を比較して、ぞの違いを考察すると、いろいろ気が付くこと、見えてくるものがある

(^_^;)