月曜日, 20 of 9月 of 2021

米軍とタリバンが協力?

BN-LX995_0103is_M_20160103170015

▲「ISIS-K」が捕虜を処刑しているところ

war_terrorist

 

日本一凶暴な集団が工藤会だとしたら

 世界一凶暴な集団は「ISIS-K」です

asobi_omamagoto

もちろん、凶暴さの次元が違います

 「ISIS-K」に比べたら工藤会なんて

子どものママゴトです

 ((((;゚д゚))))

bakuhatsu

 

8/26、アフガニスタンの首都カブール空港で、世界一凶暴なテロ集団「ISIS-K」(いわゆる「イスラム国」)による自爆テロが発生し、少なくとも85人が死亡した。

 ●アフガニスタン人72名が死亡

 ●米軍兵士13名が死亡、18名負傷

 ●タリバン戦闘員28人が死亡

ISIS-Kの活動エリアは当初、パキスタンとの国境沿いの地域に限定されていたが、北部に活動エリアを拡大して第2戦線を確立した。

アメリカ中央軍の司令官を務めるフランク・マッケンジー将軍は、

「米軍の司令官は、タリバンの司令官と協力して、

 さらなる攻撃を防いでいる」

usotsuki-1-1-1-1-400x564

と語った。つまり、

「米軍がタリバンと協力している!」

というのだ。

いかに「共通の敵」ISIS-Kを叩くためとはいえ、アメリカとタリバンが組んだとすれば、これはチャイナチス中国共産党の親玉・習近平(→)にとって、最悪の事態だ。

正面に日米豪印クアッド、背後にタリバン、挟み撃ちだ。

イスラム教徒である中国国内のウイグル人を強制収容所に送って、弾圧と虐殺をしているチャイナチス中国共産党は、すべてのイスラム教徒の敵と見られても仕方がない。

DFdke1qWsAA7HkM

 

* * * * * * *

 

私は、米軍のアフガン撤退の本当の狙いは、ここにあったと思っています

米国とタリバンは、何か裏協定を結んでいそうです

アメリカ最大の敵、チャイナチス中国共産党を叩くためなら、旧敵タリバンとも協力する

ドラマの中で英国チャーチル(→)は、こう発言しています

「ヒトラーを倒すためなら、悪魔とでも取引する!」

そして、昔から言うではありませんか

「昨日の敵は、今日の友」

((((;゚д゚))))

 

p06kv3rv

詳細はここをクリック