月曜日, 23 of 5月 of 2022

中国の空き家2000兆円

Marechal_3000-1200x630-e1481594344914

ruiseki-akaji

 

中国のGDPは日本の3倍、などと言われてますが、その中身は必要以上に建設した高速鉄道やマンションが多くを占めています

高速鉄道は乗る人がいなくて大赤字、マンションは住む人がいなくてゴーストタウンになっています

いよいよバブルがはじけて、不動産の値下がりが本格化しています

経済性を無視して、見かけのGDPを増やしてきたツケです

チャイナチス中国共産党は、これをどうするつもりなのか?

悲劇が中国国内だけで済めばいいのですが・・・

((((;゚д゚))))

 

building_koujou_entotsu

21世紀になって、中国では2億戸のマンションが建設された。

20世紀末に約1億戸だったから、20年で3倍に増えた

農村から出稼ぎにきた農民工にも住まいが必要だが、彼らがマンションを買うことはない。

都市戸籍を持たない農民工は、都市マンションを買うことができないという残酷な規制(差別)がある。

そもそも出稼ぎ農民工の多くは、年収が100万円程度で、とても買えない。

農民工は都市では二流市民扱い(差別)されており、マンションを借りたり買ったりすることは不可能である。

農民工の多くは、会社が用意した粗末な寮など住んでいる。

現在、余っているマンション1億戸に、最終需要者は存在しない。

bubble_houkai

値上がりを見込んだ投機需要だけである。

中国のマンションの平均価格は、日本円で約2000万円。

空き家の時価総額は2000兆円で、中国のGDPを上回る。

これがいま、大暴落を始めている。

日本が10年以上、その処理に苦しんだ、バブル崩壊での不良資産は100兆円で、GDPの20%程度だった。

中国の不動産バブルの恐ろしい現実だ。