月曜日, 23 of 5月 of 2022

ボリショイ・バレエ団が危機なんよ~

20220225-OYT1I50171-1

 

経済だけでなく、芸術にも悪影響が広がっています

権力欲のカタマリのような一人の認知症老人(←)のせいで、若者たちの生命や将来の可能性が犠牲になっているのは、何ともやりきれません

 ((((;゚д゚))))

 

ballerina

ウクライナで戦火が激しさを増す中、芸術分野にも影響が出ています。

3/7、ロシアのボリショイ・バレエ団の人気ダンサーが、ロシア軍によるウクライナ侵攻に抗議して、相次いで退団を表明しました。

イタリア人のジャコポ・ティッシ(プリンシパル)は、

「正当化できる戦争はない。どんな暴力にも常に反対していく!」

と早期の戦闘終結を願い退団を発表しました。

Sokhiev-386x580

ブラジル人のダビジ・モタ・ソアレス(ソリスト)も、

  「何も起きていないかのように振る舞うことはできない!」

とSNSで退団を表明しました。

ボリショイ劇場のロシア人音楽監督兼首席指揮者トゥガン・ソヒエフ(←)が、ロシアの侵攻に対する態度表明を迫られ、辞任を発表しました。