月曜日, 23 of 5月 of 2022

独裁の先輩

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲ルカシェンコとプーチン

基本 RGB

 

ベラルーシのルカシェンコ政権は、ロシアの傀儡(かいらい)政権と見られていますが、独裁歴26年のルカシェンコにすれば、「オレの方が独裁の先輩だ!」という気分かもしれません

今回のウクライナ危機でも、ロシアの先兵になることを拒否し、距離を置いて高みの見物をしています

35261054

関ケ原の合戦における小早川秀秋(→)を思い出しますね

裏切りを促すために家康は小早川軍に銃を撃ちかけ、家康の怒りを感じた小早川秀秋は、あわててそれまでの味方(西軍)を裏切り、攻撃を開始したとされています

(^_^;)

 

88a7e6260d52bdbf56f5599cceb39279_w

ロシア軍の爆撃機が3/11午後、隣国ベラルーシ領内の3か所の集落を空爆した。

ベラルーシ国防省は3/11、「偽情報だ」と攻撃被害自体を否定した。

ロシアが同盟国のベラルーシに派兵を迫るための攻撃と見られている。

ベラルーシはロシア軍部隊に基地を提供しているものの、ベラルーシ軍のウクライナ派兵には慎重だ。

57825fe8b16892270b2a6a8e0e225707

ベラルーシ大統領ルカシェンコ(66、→)は、ベラルーシを26年に渡って独裁統治してきた。

2020年には選挙を不正操作し、ルカシェンコが80%を得票したと宣言して、6選を果たした。

ベラルーシの反体制派ジャーナリスト、ロマン・プロタセビッチ氏(26)の身柄を拘束するために、旅客機を強制着陸させたことがある。

 

35261053