月曜日, 23 of 5月 of 2022

イスラエルとロシア

0039557232

▲イスラエル首相ベネットとプーチン悪魔

35261109

 

周知のとおり、ウクライナ大統領ゼレンスキー(←)はユダヤ人

本来なら、ユダヤ人国家であるイスラエルが、ウクライナを全面支援しても良さそうなものだが、実際はそうなっていない

なぜなのか?

 (^_^;)

 

jewish_hasidism_man

国連のロシア非難決議に、イスラエルは棄権した。

国際社会から「ロシア寄り」としてイスラエルへの批判が強まる中、ベネット政権はヘルメット、防弾チョッキのウクライナへの提供に踏み切った(日本と同レベルの支援)。

ウクライナが強く要請したアイアンドームの供与は断った。

イスラエルの人口900万人余の15%が、ロシア、ウクライナからの移民である。

統計によって数字はまちまちだが、ロシアにはまだ10万のユダヤ人が残り(60万という統計もある)、ウクライナには4.5万(20万とも)。

イスラエルの日刊英字新聞「エルサレムポスト」5/12号によれば、『中核的ユダヤ人』(ユダヤの母親から生まれ、ユダヤ教を信ずるユダヤ人のこと)は、ロシア国内に15万人いる。

ロシアによるウクライナ侵攻以後、ロシア在住ユダヤ人の若者の15%が海外へ出た(イスラエルと欧米のほか、ドバイに集中する)。

ロシアでハイテク企業を経営していたユダヤ人が、ドバイに拠点を移したため、多くのユダヤ人エンジニアも随行移動した。

ロシアに残されたユダヤ人はATMが止まり、無一文の貧困を強いられた家庭が4000世帯。

 

* * * * * * * * * *

 

イスラエルがロシアに対して強硬姿勢がとりにくい理由:

第一にロシアに残っているユダヤ人は『人質』なのである。

野蛮で残忍なロシア人であるから、イスラエルが反ロシアの姿勢を取れば、ロシア国内のユダヤ人がどんな扱いを受けるか分からない。

war_terrorist

第二に、ロシアとイスラエルの経済関係は、オルガルヒ(ロシア新興財閥)の活躍もあって、非常に強固なものとなっている。

第三に、シリアとレバノンにいるヒズボラ、ハマスなどのテロリスト集団が、イランからの武器供与により、イスラエルへのテロ攻勢を強める可能性がある(イランの背後にはロシアがいる)。

安全保障、つまり民族の生存維持を常に最優先するイスラエルにとって、これは由々しき大問題である。

 

35261115