日曜日, 2 of 10月 of 2022

中国製スマホ爆発で死者 Xiaomi-Redmi 6A

6a-1

juudenn-short

 

中国製スマホ(Xiaomi-Redmi 6A)がインドで爆発して死者が出たという

もともとリチウムイオン・バッテリーは爆発しやすく、爆発しないように、それ専用の安全回路で止めている

その安全回路に異常があれば、スマホが爆発する可能性がある

iphone-fire

そしてスマホ爆発事故は、数は少ないが、かなり起きている

中国製だから危険とは限らず、韓国製ギャラクシーも爆発事故が多い

たいていのスマホ爆発事故の被害は、ヤケド程度が多いのだが、今回は死人が出たので驚いている

いまどきスマホを持っていない人は少ないので、誰にとっても他人事ではない

爆発(発火)は充電中に起こることが多いので、私は就寝中にはスマホの充電をしないことにしている

fashion_pants6_gray

スマホが火を噴いた場合に備えて、充電中は金属製のお皿の上に置き、なるべく周囲に可燃物を置かないようにしている

万一爆発した場合、スマホを胸ポケットに入れていると、心臓に傷を受ける恐れがあるので、パンツ(ズボン)のポケットに入れている

((((;゚д゚))))

 

6a-2-1

 

xiaomi-redmi-6a-_180904165758-756

 

中国Xiaomi(シャオミ)製スマートフォンRedmi 6Aが、インドで爆発して死者が出たようです。

登録者数30万人以上のテック系YouTuberであるMD Talk氏は9月10日、彼の同郷の女性が就寝中に枕元に置いていたRedmi 6Aが爆発し死亡したとツイート。

爆発したRedmi 6Aや、血まみれのベッドで横たわる女性の写真が添えられています。

smartphone_nekorogaru_woman

スマホが充電中だったのかどうかは定かではありませんが、写真では充電器らしきものは確認できません。

Redmi 6Aは2018年発売の廉価スマホ。

日本では参入前なので発売されていません。

亡くなった女性は電話や動画視聴など一般的な用途で利用していたとのこと。

ゆっくり動画へ