木曜日, 1 of 12月 of 2022

ロシア編入の「住民投票」 軍が銃を突き付けて実施

35261496

▲ロシア編入への自称「住民投票」が実施される地域

illustrain02-war06

 

占領下のウクライナで、ロシア編入への、自称「住民投票」が行われている

驚くのは、自称「住民投票」の実施方法だ

武装したロシア軍兵士らが、住民宅を戸別訪問し、銃を突きつけて、自称「住民投票」を求めている

ロシア軍の意に沿わない「投票」をすれば、即座に銃殺刑になる恐怖の中での自称「住民投票」とやらに、どんな意味があるのか?

ザポリージャ州とヘルソン州では、住民投票用紙はウクライナ語とロシア語

▲プーチン

住民投票用紙の選択肢は3つ

・ロシアへ編入します

・ウクライナから分離します

・独立国になります

ちなみに「ウクライナの一部に戻ります」という選択肢は無い

おそロシア」という言葉があるが、およそ「選挙」とか「投票」と称するイベントで、こんな馬鹿げたことをするのは、地球上でロシアだけだろう(中国、北朝鮮は、そもそも自由選挙が無い)

5 日間にわたって行われる自称「住民投票」により、ロシアはウクライナの4つの占領地域または部分占領地域で、国際法に反する違法な領有権を主張しようとしている

ルハンシク州とドネツク州の住民投票用紙は、ロシア語のみで、ウクライナ語の表記すら無い

 ((((;゚д゚))))

ゆっくり動画へ