木曜日, 1 of 12月 of 2022

発表 ノーベル平和賞2022 人権活動家ビアリアツキ氏と人権団体へ

35261577

Nobel01_029-1024x1024

ノーベル平和賞選考委員会の

ベーリット・ライスアンネシェン委員長

 

 

 

ベラルーシやロシア、中国や北朝鮮のような暗黒独裁国家で、独裁政権を批判するというのは命がけで、受賞したビアリアツキ氏は、現在も投獄されています

money_nise_souryo

これに比べると日本のパヨクは、日本政府からヌクヌク手厚い保護を受け、「反権力」を看板にして悪事やりたい放題で、とことん堕落の極みに達しています

江戸時代に檀家制度で、徳川幕府からヌクヌク手厚い保護を受け、堕落して葬式仏教(葬儀屋)になった、日本の在来仏教とよく似ていますね

  (^_^;)

 

35261578

▲ベラルーシの人権活動家、アレス・ビアリアツキ

35261579

 

今年2022年のノーベル平和賞が10月7日に発表された。

ベラルーシの人権活動家、アレス・ビアリアツキ氏(↑)と、ウクライナとロシアの人権団体の2つの組織が選ばれました。

ビアリアツキさんは、1980年代にベラルーシで始まった民主化運動を率い、人権団体「春」を創設しました。

現在は、ベラルーシの独裁者ルカシェンコ(→)によって弾圧され、刑務所に収監されています。

ロシアの人権団体「メモリアルは1996年に創設され、ソビエト時代の政治弾圧の告発やロシアや中央アジアでの人権侵害の監視に取り組んできましたが、現在はプーチン政権によって弾圧され、活動を停止しています。

ウクライナの人権団体「市民自由センターは、ウクライナの人権問題や民主化を推進し、ことし2月、ロシアがウクライナに軍事侵攻したあとは、ロシア軍が行った戦争犯罪を記録に残そうと、各地で市民の聞き取り調査を続けています。

35261580

選考委員会のライスアンネシェン委員長(→)は会見で、ビアリアツキさんの受賞について、ベラルーシ政府へのメッセージは何かと報道陣に尋ねられ、

「ベラルーシ政府に対しては、

 彼を解放するよう求める

 そしてオスロでノーベル平和賞を彼に授与したい。

 ベラルーシには多くの政治犯がいて、

 私の願いは現実的ではないかもしれないが

 それでも彼の解放を強く求める」

と述べました。