木曜日, 1 of 12月 of 2022

地獄のウクライナ戦線 ロシア軍が督戦隊を展開 自軍の逃亡兵を射殺

tokusenntai

yurei_youngman3_sad

 

 

 

ウクライナの戦場では、無理やり動員されたロシア少数民族の兵士たちが、毎日数百人も戦死しています

動員されたロシア兵の、戦場での平均寿命は2週間程度と言われています

近くに着弾したウクライナ軍の砲弾の破片を全身に浴び、細かな肉片となって死んでいきます

daikon-radish-field

ロシア軍の人命軽視は昔から有名で、

「兵隊は畑から、いくらでも生えてくる!

 ロシアの人的資源は、無尽蔵だ」

などと言われ、ロシア軍の司令官は、自軍兵士の戦死者が増えることなど、虫けらが死ぬくらいにしか考えていません

 

68747470733a2f2f7062732e7477696d672e636f6d2f6d656469612f447a723670484c555541416d4841442e6a7067

images

 

日露戦争で、ロシア軍のトーチカ(守備陣地)を占領した日本軍は、囚人のような鎖で足を床に固定され、逃亡できないようにされて戦っていたロシア兵の死体を、大量に発見しました

その結果、ロシア軍の戦死者数はケタ違いで、第二次大戦でのソ連軍の戦死者は1450万人と推定されています

■プーチン1 

いま独裁者プーチンは、ロシア軍の伝統を少しも変えず、兵士の生命を湯水のように浪費する戦闘方法を今日も続けています

  ((((;゚д゚))))

 

5227

 

shasatsu

 

ロシア軍が「督戦隊(とくせんたい)」と呼ばれる部隊を、ウクライナの戦場に展開し始めた。

イギリス国防省は10月4日に公表した戦況分析で明らかにした。

督戦隊は、戦場で逃亡を図る自軍兵士を「射殺する」と脅し、無理やり戦闘を続行させるのが役割。

督戦隊は旧ソ連にも存在したとされ、英国防省によると、過去にもロシア軍が軍事紛争の際に使ったことがある。

download

今回のウクライナ侵略でもロシアの将軍たちは、自軍兵士に陣地を死守させるため、逃亡兵を射殺したいと希望していた。

イギリス国防省は

「自軍の逃亡兵を撃つ戦術は、

 ロシア軍の質や士気の低さ、

 規律の不十分さを証明している」

と分析している。