水曜日, 30 of 11月 of 2022

ロシア軍「焦土作戦」でヘルソンは「死の街」 地雷敷設&インフラ破壊

35261768

▲▼ロシア軍の「焦土作戦」で「死の街」と化したヘルソン州

35261766

FVgPJKfakAAlsNq

 

 

 

 

ロシアが一方的に「併合」したウクライナ南部ヘルソン州の州都ヘルソン市

11月9日に撤退命令を受けたロシア軍が「焦土作戦」で、ウクライナ軍が奪還しても、インフラを利用できないようにしている。

住宅地に地雷を敷設し、電気や暖房、上下水道などのインフラを破壊し、テレビ局や公共施設を爆破している。

35261769

モバイル施設も壊され、携帯電話の通信状況も悪化している。

ウクライナ大統領府顧問ミハイロ・ポドリャク(→)は11月10日、

「ロシア軍はヘルソンを

 死の街にすることを望んでいる」

と訴えた。

ヘルソン市は、ヘルソン州を分断するドニプロ川の西岸に位置している。

35261767

ロシア国防省報道官のコナシェンコフ(→)は10日、

「承認済みの計画に従い、

 部隊は東岸に移動している」

と発表した。

 

_126494871_22augukrainekherson

▲8月時点でロシア軍は、ドニプロ川西岸のかなりのエリア

を制圧し、ミコライウを狙っていたが、9月以降は戦況が逆転

■ゼレンスキー2

 

ウクライナ大統領ゼレンスキー(→)は11月10日夜の演説で、

「南部戦線から良いニュースが来た」

「41集落が、ロシア軍から解放された」

「ウクライナ国旗が戻った!」

と強調した。

ロシア軍の撤退の動きと連動しているようだ。