火曜日, 7 of 2月 of 2023

「プーチンの犬」ルカシェンコ 暗殺に怯える日々

AS20220311003384

35261787

「プーチンの犬」ルカシェンコとプーチン

 

常に敵の襲撃(暗殺)を恐れて、夜も安眠できない

 暴力団の組長と、独裁者に共通の宿命です

他人の命は平気で奪うが、自分の命は絶対に奪われたくない

 それが怖くて、少しでも怪しいと感じたら

即座に粛清したのが、独裁者スターリン(←)です

人間を虫けらのように殺すロシアの伝統

bug_ari_byouki

に、最も忠実に生きた男です

もちろん、正確な数字は不明ですが、

少なくとも70万人を殺害

したと言われており、この数倍、十数倍という説もある

スターリンは、何度も日本侵略を計画しています

計画が実行されていたら、日本の人口は大虐殺で半分以下になり

生き残った日本人も、極寒のシベリアへ強制移住になり、多くは餓死でしょう

そしてロシアの少数民族となった日本人の若者たちは、今なら確実に、ウクライナの最前線へ強制的に送られます

その多くがハイマースなどのミサイルや砲弾のエジキとなり、肉体は粉々の肉片と化して着弾地点の周辺にバラまかれ、腐敗して戦場の土となっていたはずです

そして、スターリンの弟子であるプーチンは誇らしげに言うでしょう

「ロシアのアジア系少数民族(日本人)の若者たちが、

 勇敢なロシア軍の兵士として、名誉ある死を遂げた!」

((((;゚д゚))))

 

35261789

 

download

 

「ヨーロッパ最後の独裁者」ベラルーシ大統領のルカシェンコ

ロシア大統領プーチンの盟友、と言うより

 プーチンの犬

と呼んだ方が適切か。

そのルカシェンコが最近、暗殺を恐れてビビりまくっている。

35261788

11月23日に、ベラルーシ政府No.2の外相マケイ(→)が急死したからだ。

マケイは直前まで元気で、アクティブな生活を送り、さまざまな計画を立てていた。

それが突然64歳で急死したことから、プーチンによる毒殺と見られている。

ルカシェンコは暗殺を恐れて、料理人から警備員まで使用人を入れ替え、子どもたちを守るために追加の警護をつけた。

poison

ベラルーシの事実上のナンバー2であるマケイの死は、ベラルーシの政界にパニックを引き起こした。

マケイの毒殺は、プーチンによる

  ルカシェンコへの警告(中立は死を意味する)

だった可能性がある。

プーチンの最も忠実な部下やパートナー(忠犬)たちでさえ、プーチンの負け戦を見て、今は西側へ寝返りたいと考えている。