火曜日, 7 of 2月 of 2023

「ウリ」と「ナム」の国 韓国パヨク労組のゼネストで物流大混乱 韓国経済崩壊に拍車をかける

35261837

publicdomainq-0041913evsftp

 

 

 

韓国で恒例の(季節の風物?)「貴族労組」によるゼネストが始まった

物流が大混乱に陥って、それでなくとも危機的な韓国経済の崩壊に拍車がかかっている

でも韓国って昔からいつもこうで、何も変わらないんだよ

  同じところをグルグル回っているだけなんだ!

monshin_women

韓国社会全体や国家の利益を考える人がほとんどいなくて、みんな自分と自分が属する小さな集団の利益だけを、狂ったように追求している

だから常に「自分以外はすべて敵」という社会状態になって、国論が一つにまとまらないで、同じところをグルグル回り続ける

「自分以外はすべて敵」という意識は、今では精神障害の一種として、個人なら精神科や心療内科で治療の対象になることもあるが、一つの国全体がこのような意識状態となると、変えるには何世紀もかかるんじゃないかなぁ

EELEWGZVAAALM2W

よく冗談に

 「韓国社会が一つにまとまるのは、反日だけ」

と言われているが、冗談ではなくて、全くその通りの事実なのだ

日の丸や旭日旗を焼いて反日している韓国人(←)は、このときだけ一つにまとまることが出来た陶酔感に酔っているのかもしれない

とにかく、反日で一つにまとまるのが問題なのではなく、反日以外では一つにまとまれないことが問題で、これが韓国の悲劇なのだ

過去数千年、中国の属国として半奴隷状態だった韓国では、個人の意識レベルの成長が、古代原始社会レベルのままで止まっているのではないかと思える

古代(原始社会)と中世(封建社会)の決定的な違いは、社会における「共感性」の違いだ

古代社会でも、家族や血縁、狭い近隣など、数人~数十人レベルの狭い「共感性」はあったと思うが、それは食料や安全の確保、育児など、生存と種族維持の必要性に迫られた、本能レベルの非常に低レベルな「共感性」だ

ef0e582935fb9e7aa24133a7782ef0d5

それが少しずつ人間の意識が進化し、家族血縁近隣より広い集団の中での「共感性」が芽生えると、主人(将軍や封建領主)と家来の間に封建的な信頼関係が成立する

主人が家来に土地や身分などを与える(安堵する)代わりに、家来は主人のために命をかけて働く(「いざ鎌倉」となったら、馳せ参じる)

このような封建的な信頼関係が成立した集団は、そうではない古代集団に比べると団結力が圧倒的に強く、戦場では無類の強さを発揮して、まだ古代意識レベルの敵を撃破し、中世社会を拡大し、固めていく

中世封建社会などというと、えらく遅れた社会のようにも聞こえるが、それは現代や近代と比べた場合であって、古代社会に比べたら非常に進んだ意識を持った社会なんだ

現在の日米欧など先進文明国では、過去にこのような中世封建社会を何世紀も長い時間をかけて経験し、その上にさらに意識改革を進め、近代社会を構築して現代に至っている

hito3_kyuujinrui_neanderthal

だが、このような中世社会の前提となる封建的な信頼関係が成立しないまま、つまり古代意識レベルのまま現在に至っている国や社会もある

韓国がまさにそうだ!

途中まで同じ歴史だから、北朝鮮もそうだろうし、中国も理由は少し異なるが、かなり当てはまる

その特徴は、「共感性」の正反対の、

極端な利己主義エゴイズム

で、みんな、自分と自分が属する小さな集団の利益だけを、徹底的に追求して生きている

この「自分と自分が属する小さな集団」を、韓国では「ウリ」と呼ぶそうだ

日本語にはピッタリくる訳語が無いのだが、強いて訳せば「我ら」か?

そして「ウリ」以外の人や集団を「ナム」と呼ぶ(これも強いて訳せば「奴ら」か)

35261839

「ウリ」と「ナム」は敵という意識だから、「共感性」や信頼関係などの余地はなくて、そこにあるのは敵意や憎悪だけになる

「ウリ」の範囲は状況によって変動し、大きな敵がいれば「ウリ」の範囲が拡大することもある

韓国が「反日なら一つにまとまる」のは、日本という巨大な敵を前にして、韓国全体が「ウリ」になるからだ

この韓国人の意識構造論は、話し出すと長くなるので、当ブログ(観潮亭日乗)のテーマと一つとして、今後もおいおい論じていきたいと思います

引き続きご高覧を賜れば幸いです

 (^_^;)

 

pose_suwarikomi

 

韓国経済が崩壊寸前の危険水域に入っている。

そのような危機的な状況下にも関わらず、トラック輸送業界の労働組合である「貨物連帯」が、11月24日午前0時からゼネストに突入、韓国政府と労組が激しく対立している。

その後、地下鉄や造船などのストも便乗し、韓国経済に深刻な悪影響が出ている。

輸送交通ゼネストの影響で、韓国の物流は大混乱中だ。

自動車や鉄鋼のメーカーでは、生産や輸送が滞り、工場が稼働停止している。

韓国の労働組合活動が超過激なのは、世界的に有名だ。

35261838

韓国を代表する労働組合団体は、組合員数70万人、韓国最大の「民主労総」(全国民主労働組合総連盟)だ。

民主労総は「ロウソク集会」で、大統領パクを監獄へ送った(→)。

次のパヨク政権では、大統領ムンから徹底的に厚遇され、我が世の春を謳歌した。

現在の大統領ユンは、過激な労組勢力を排除すべきと考え、双方に妥協の余地は乏しい。

超過激な民主労総のストは、中国や北朝鮮の応援を受けて、韓国社会を混乱に陥れ、保守ユン政権を崩壊させようとする政治闘争の側面が強い。

影響が最も大きいのは、セメント、生コンなどの建設現場だ。

セメントや生コンが出荷できないことにより、全国で行われている建設工事の日程に重大な遅れと損失が生じている。

download

韓国では、多くのガソリンスタンドでガソリンが「売り切れ」となり、その影響は韓国産業だけでなく、韓国民の日常生活にも及び初めている。

韓国で労組があるのは大手企業であり、年収は韓国庶民の数倍が当たり前、今でもすでに「貴族労組」と呼ばれているほど待遇が良い。

それにもかかわらず時代の流れを無視し、自分たちの要求ばかりを突きつけるパヨクの「貴族労組」に対し、韓国庶民から怨嗟の声が出ている。

今回のゼネストのはるか以前から、韓国経済には深刻な問題が山積して、国家崩壊レベルの危機的な状況だ。

韓国の全国民が一致団結しても解決できるかどうか分からないほどの歴史的な難局に差しかかっている。

517EJHQJZCL

だがパヨク「貴族労組」は、そんなことにはまったく無関心で、自分たちの利己的な要求だけを、狂ったように追求し続けている(まさに古代意識のままだ)。

日本でもパヨク立憲民主党の国会議員・辻元清美が、生コン労組「関西生コン」(労組とは名ばかりで、実体は暴力団)とベッタリ。

パヨクに協力しない建設会社の工事現場には、生コンを流さないように嫌がらせ工作をして、陰湿な工事妨害をしている。