月曜日, 20 of 9月 of 2021

Category » 2東北

迷子の迷子のインコちゃん

yukuefumei_pet_cat

 

 スゴイ奇跡だし いい話だなぁ

  ネコは話せないので 猫を飼っている皆さんは

 連絡先を書いた首輪を付けておくといいですよ

  (^_^;)

 

 


世界遺産 縄文遺跡

9

337af_1594_de8cfac102bba5be4e108df547359b82

 

上の写真は、三内丸山遺跡のシンボル、巨大な物見やぐら?

右は、ギッチリ詰めれば数百人が集会を開けそうな巨大建築で、30×10メートルくらいあります

下のニュースにも書いてありますが、遺跡というものは基本的に、地下に埋まっているので、地上からは簡単には見えません

上のような建物は、柱の跡(穴)などから、現代の考古学者が推察して地上に再現した実物大の模型です

job_hakkutsu

正しいのは、柱の位置と太さや深さくらいで、あとは考古学者の想像(空想)です

左の物見やぐらも、本当に4階建てだったのか、高さや形なども、真実は闇の中です

右の巨大建物(公民館?)も、屋根が茅葺きになっていたのか、こんな形だったのか、こんな大きな建物の中で何をしていたのか、正確なところは不明で、ほとんどは考古学者の想像です

でも巨大な遺跡(多くは県立や市立の遺跡公園と資料館になっている)を維持し、今後の発掘研究の費用を捻出するためには、歴史マニアのお客さんをいっぱい呼び込んで、入場料収入をいただく必要があります

そこで、なるべく話題性があってニュースネタになりそうな地上模型を作るのも、考古学者の腕の見せ所かもしれません

もちろん真っ赤なウソは、いけないんですけどね

とにかく世界遺産に登録されれば、またお客さんで、ドット混むことでしょう

 

* * * * * * * * * *

 

20年くらい前に、遺跡(石器)をねつ造する事件がありました

unnamed

余りにも見事に石器を発掘(発見)するので「神の手」と呼ばれていた考古学者が、実は事前に自分で石器を埋めて、それを後から掘り出して「発見」したと主張していたことが発覚した事件です

当時は大騒ぎになりました

これは縄文時代より前の旧石器時代(260~1万年前)のことなのですが、考古学者だって人の子ですから、「大発見をして脚光を浴びたい」という欲求はあって当然です

「神の手」(藤村新一、→)が発見した石器は、後から調べたらいろいろ矛盾だらけだったのですが、考古学会の主流は、その矛盾を追求せずに、彼の「発見」を鵜呑みにしていました

このねつ造(犯罪)をあばいたのが、考古学者ではなく新聞記者だったので、考古学会に対する世間の信用は地に堕ち、日本の旧石器時代の歴史は、全面的に書き換えを迫られました

camera_bouen_lens

一部の考古学者の間で「あるウワサ」が広がっているのを聞きつけた新聞記者が、夜中に遺跡の近くで張っていたら「神の手」がやってきて、石器を埋めていたのです

もちろんカメラマンも一緒でしたから、バッチリ証拠写真を撮って公表しました

私は、ある考古学者が書いた旧石器時代の本を、事件の前と後に出た2冊もっていますが、まったく書いてあることが変わっています

(^_^;)

 

119552211_796110221158039_95043239194853

 

ユネスコは7/27、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産への登録を決めた。

ユネスコの諮問機関は5月、

「先史時代の農耕を伴わない定住社会と複雑な精神文化、

 定住社会の発展段階や環境変化への適応を示している」

と報告した。

yoshinogari-remains_01c

「縄文都市」の異名を持つ巨大集落、三内丸山遺跡(青森市)では、道路や大型建物を計画的に作ったことが分かるほか、石を環状に並べた大湯環状列石(秋田県)は葬送や祭祀(さいし)の文化をうかがわせる。

御所野遺跡(岩手県)では、焼けた木の実が見つかり、祭りに火が使われていた可能性が判明した。

地元自治体は観光への効果に期待するが、遺跡自体は定住跡などで地中にあるものも多い。

観光資源とするためには、わかりやすく価値を伝える工夫が必要になる。

 

35260828

 

三内丸山遺跡を歩くへ

 


映画 わが道

review_67590_l

c092c519bfde55bb3d9fb63da63a8484

 

出稼ぎ者が東京で行き倒れ、身元不明人として勝手に医大の解剖実験材料にされた事件の裁判闘争記録『ある告発-出稼ぎ裁判の記録』(佐藤不器ほか、日刊東北社、1972年刊)の映画化

実際の事件は、昭和41年に青森県十和田湖近くの寒村から出稼ぎに出た64歳の川村由松が、東京品川の大井町駅で亡くなった

その身元を証明する所持品があったにも関わらず、大井町警察署と港区役所のズサンな扱いで身元不明人とされ、8か月後には慈恵医大の冷蔵庫に移され、解剖実習の材料にされていた

遺族である妻が激しく憤り、地元で地方新聞『日刊東北』を出していた佐藤不器(原作本の著者)の支援で、青森県と東京都を相手に訴訟を起こした過程を映画にした

昭和41年の事件だから、すでにテレビもクルマもあるのだが、高度成長前期の日本の貧困が、実に暗くリアルに描かれている

その絶望感を音羽信子が名演している

後半は一転して、法廷が舞台の裁判ドラマ

原作本の著者が新聞記者のせいか、新聞記者や弁護士が「人権を守る良い人」、警察や役所が「権力をカサに着て人権無視する悪い連中」というように、ことさらに単純対比しているような印象も受ける

安保闘争が激しかったころの時代精神を感じる

(^_^;)

YouTubeで130分すべて見れます

 


海洋放流

158285161716_20200228

▲IAEA事務局長ラファエル・マリアーノ・グロッシ

福島県双葉郡にある福島第1原発を視察している

energy_genshiro

 

今回の海洋放流について、国際原子力機関(IAEA)や米国政府をはじめ、世界のほとんどの国が問題としていないのですが、次の3者が狂ったように反対していて、何か違和感を覚えます

(1)韓国政府

(2)日本の野党

(3)日本の大手マスコミ

(・_・?)

 

日本が福島原発の放射性処理水を海洋放流することに決定したことと関連し、国際原子力機関(IAEA)事務総長は、歓迎するという立場を明らかにした。

35260735

IAEA事務総長ラファエル・グロッシ(→)は、4/13(現地時間)の声明で、

「福島第1原発に保管されている処理水の処理方法を決定した日本の発表を歓迎する

「IAEAは、この計画の安全において、透明な履行を追跡観察し、確認する技術的支援を提供する準備ができている」

「制御された水の海洋放流は、安全と環境影響評価に基づいた特定の規制当局の認可の下、世界と地域の原子力発電所を運営するために日常的に使用される」

「日本が選択した処理方法は、技術的にも実現可能で、国際的慣行によるものでもある」

「今日の日本政府の決定は、福島第一原発廃炉において継続的な進行のための基盤を築くために役立つ画期的な出来事(milestone)である」

「水を放流する前、放出する時、放流した後、我々は日本と緊密に作業する」

「我々の協力と参加は、水処理が人間の健康と環境に悪影響なく実行されるという確信を、日本内外に植え付けることに役立つだろう」

と述べている。

* * * * * * * * *

for2104090001-p2

米国務省のプライス報道官(→)は4/12、日本政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を決定したことについて声明を発表した。

「独特で困難な状況において、日本は透明性を保ち、

 世界的な原子力安全基準に合致した手法を採用したようだ」

と評価した。

声明は、処理水の扱いに関し

「日本政府が幾つかの選択肢と影響を比較考慮したことを米国は認識している」

と説明。

35260734

海洋放出の有効性を監視するため「継続的な調整と意思疎通」を日本に求めた。

ブリンケン国務長官(→)もツイッターで

「日本政府の透明性ある取り組みに感謝する

と表明した。

 


マルとオレオと藤あや子

35260686

omatsuri_kantou_chouchin

 

 藤あや子さん

  59歳で もう孫もいるんですが

 さすが秋田美人 老けませんねー

  (^_^;)

 

775b57eea6a1c1d12a702f37fda23967

華やかなステージと艶のある歌声で人気の藤あや子(→)。

最近では猫好きの人々を中心に

「マルオレちゃんのママ」

としても注目されている。

ほぼ愛猫のことだけを発信している自身のツイッターは、既にフォロワー17万人超。

ふとした瞬間の2匹の表情、しなやかなポーズ、コミカルな動き…。

「このかわいさを独り占めするわけにはいかない!」

と自ら広報担当を買って出て、2匹を激写する日々だ。

SNS(会員制交流サイト)で反響の大きかった自信作から未発表カットまで、マルオレの魅力を詰め込んだ写真集が、このほど刊行された。

ふじ・あやこ

秋田県仙北市角館町生まれ。昭和60年、NHK「勝ち抜き歌謡天国」で優勝し、平成元年デビュー。「こころ酒」で日本有線大賞を受賞。「むらさき雨情」「花のワルツ」などヒット曲多数。自ら作詞・作曲も行う。趣味は絵画。

詳細はここをクリック

 

 


青森県の「正義の人」

5251782

figure_tekken1_seigi

 

 この怪文書を書いた人は

  自分が「正義の人」だと確信して

 書いたんでしょうね  ((((;゚д゚))))

 

mura_hachibu

墓参りなどのため東京から青森に帰省した長内和雄さん(64)の生家に

「何を考えてるんですか?」

「さっさと帰ってください!!」

など、帰省をとがめる内容の手紙が投げ込まれた。

長内和雄さんが玄関先に落ちていた白い紙を見つけたのは7日朝。

ごみを捨てに行こうとしていたところで、丸めて捨てようとしたら

「なんでこの時期に東京から来るのですか?」

「安全だと言いきれますか??」

などの文字が目についた。

文章は手書きで匿名。

すぐに警察へ通報した。

summer_kisei

長内和雄さんは5日に東京から青森に帰省

7月末までに2度、自主的にPCR検査を受け陰性だったという。

8日の取材に長内和雄さんは、

「(紙を置いていった人が)考えるほど

 (自分は)無神経ではない!」

と憤った。

今後さらにお盆の帰省者が増えることに触れ、

「青森に来る人が嫌な思いをしないよう、

 相手の気持ちになって考えてほしい!」

と訴えた。

 


しゃぶしゃぶ店で爆発

8536685891

war_missile_character

 

 ミサイルの爆撃を受けたみたいですね

  プロパンガスのボンベというのは

 家の中に爆弾を置いてるようなものかも  ((((;゚д゚))))

 

7/30午前8時55分頃、福島県郡山市島で

「爆発音がして、建物のガラスが割れている!」

と通行人から119番通報があった。

福島県警や消防によると、

飲食チェーン「しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店

で爆発があり、店内にいたとみられる男性1人の遺体が、がれきの中から見つかった。

このほか、通行人らも巻き込まれて救急搬送され、少なくとも40歳代の女性2人が重傷、16人が軽傷。

店は外壁が吹き飛んで鉄骨がむき出しとなり、現場から数百メートルの範囲で、建物の窓ガラスが割れるなどした。

359682968

▲骨組みだけになった、しゃぶしゃぶ温野菜・郡山新さくら通り店

福島県警などによると、店が使用していたプロパンガス6本のうち、爆発後も3本からガスが漏れており、福島県警は爆発した当時の状況を調べている。

店は新型コロナウイルスの影響により長期休業中で、改装工事を行い、31日から再オープンする予定だった。

店内で改装作業にあたっていた50歳代男性と連絡が取れていないという。

現場はJR郡山駅から西約3・5キロの市街地で、周辺には住宅や店舗などが並んでいるほか、女子大や付属幼稚園なども立地している。

 

57785

爆発のひどさから言って、営業中だったら

大量の死者が出たかも  ((((;゚д゚))))

 

4524826

 

4524826-1

 

4524826-2

 


訃報 わさお

unnamed

pet_dog_woman

 

不細工だけどかわいい「ブサカワ」で人気の秋田犬「わさお」が6/8に死んだことが分かった。

推定13歳で死因は多臓器不全。

青森県鰺ケ沢町で暮らしていた。

支援団体が9日、明らかにした。

 

 


シュールな観音さま

547567536346

hotoke_senju_kannon

 

 いったい何をすれば

  こんな観音さまを建てられるほど

 儲かるの?  (^_^;)

 

仙台大観音は、真言宗智山派に属している大観密寺に建つ像で、仙台の実業家の方が、自身の事業が成功を収めたのは、日頃から信仰していた観音様のおかげであるとして建立を発願。

8ECBEC6E-A34C-4E53-BE4B-9B915C52A02F

1991年9月に開眼法要が営まれました。

高さは台座を含めると地上100メートルで、世界でも有数の高さを誇る像として知られています。

ちなみに、自由の女神(→)は93メートル。

この像は仙台駅から7キロメートルほどの場所にあるのですが、市内から像を撮影した写真が、非現実的過ぎるとして海外で話題に。

外国人から様々な声が寄せられていましたので、一部をご紹介します。

 

つづきはここをクリック »


秋田県知事のひとこと

OBJET-0201

▲秋田県の佐竹敬久知事

unnamed

 

 ピリピリした緊張ムードを

  やんわりほぐす 牧歌的ご発言

 和みますねー  (^_^;)

 

2020年4月16日、中国コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、日本政府は緊急事態宣言を全国に発令しました。

今回の緊急事態宣言の期間は、同年5月6日まで。

緊急事態宣言の拡大を受け、多くの都道府県が急ぎ対応をしています。

秋田県は同月17日に対策本部会議を開き、中国コロナ緊急措置を即日実施。

緊急事態宣言の拡大が地方への旅行や帰省の自粛をうながすためであることについて、

秋田県の佐竹敬久知事はこのようにコメントしました。

「そもそも(秋田県の)郡部においては、

 普通の時も人が歩いていませんので…。

 あまりピンとこないと思います」

「常に混雑している東京都とは状況が異なるため、

 今後の対応をどうするかが重要である」

と伝えた佐竹知事。

東京都の人口は秋田県のおよそ10倍です。

佐竹知事がいうように、緊急事態宣言が発令されたところで危機感を抱きづらい人もいるでしょう。

佐竹知事のコメントがテレビで放送されると、ネットでは「普通の時も人が歩いていない」という部分が話題に!

秋田県民からは

「何もいい返せない…」

「高度な自虐だ」

「真面目な話なのに笑ってしまった」

といった声が上がっています。

佐竹知事の発言を受け、県外からはこのような声も…。

・さすがは佐竹氏の末裔(まつえい)。郡部の様子まできちんと把握している。

・まさにこれ。地方は人間よりも野生の動物のほうが外を出歩いてる。

・自分も地方に住んでいるので、実はピンときていません…。

秋田県は今後、十分に検討をした上で迅速に対応をするとのこと。

きっと、地域性を理解した上で最善の策を講じてくれることでしょう!

shutterstock_508345192