月曜日, 25 of 10月 of 2021

Category » ニューヨーク

路上飲食 ブラジル大統領

35260887

▲路上でピザを食べる、ブラジル大統領のジャイル・ボルソナロ(中央)

images

 

ワクチン未接種の人たちは

 肩身が狭くなってきましたね

(^_^;)

 

国連総会出席のため米NY入りしたブラジル大統領のジャイル・ボルソナロが9/19夜、路上でピザを食べる姿を報じられた。

米NYで屋内で食事をするには、中国コロナ生物兵器に対するワクチン接種証明を提示する必要がある。

building_food_family_restaurant

ワクチン未接種のボルソナロが

「入店を断られた」

との見方も出ている。

ボルソナロは、ワクチン接種に否定的な姿勢を続けている。

中国コロナ生物兵器による死者が、ブラジルで大量発生して、周囲から批判された際には

「人間は、いずれ死ぬもんだ!」

と開き直った。

images

NY市長のビル・デブラシオは9/20の記者会見で、ボルソナロを名指しして

  「ワクチンを接種したくないなら

   わざわざNYに来なくてよい!」

と批判した。

NY市は、中国コロナ生物兵器の感染防止のため、総会出席者に接種を義務付ける方針を示し、国連総会議長もいったん賛同した。

しかし、ロシアが「差別的な措置だ」と反発し、強制しないことになった。

NY市は国連本部近くに、移動式の接種会場を設置している。

 


9・11から20年

12387_facil_090_02

 

 テレビの生中継をドキドキしながら見た経験

   ホテルニュージャパン火災 1982年(39年前)

   日航ジャンボ機墜落 1985年(36年前)

   9・11同時多発テロ 2001年(20年前)

 が思い出されます

3・11東日本大震災(2011年、10年前)は、生中継どころか生体験だったので別格

((((;゚д゚))))

 

35260888

 

20年前、NYの世界貿易センタービルで勤務していた笹生拓郎さん(51)。

あの日の朝、笹生さんは、毎日行くわけではないコーヒー店に「寄り道」をして、普段より数分遅く世界貿易センタービルに到着した。

この「寄り道」が、運命を大きく左右した。

エレベーターに乗り込もうとしたその瞬間、1機目の飛行機が衝突した。

elavator

「どこから来たか分からない、すごい轟音で、

 まさにエレベーターに乗ろうとしていたところ。

 本当に数秒の差だった!」

笹生さんは、ビルから一刻も早く離れようとした。

しかし、ビルの中にいた多くの人々は、ビルの館内放送で、席にとどまるよう伝えられていた。

「エレベーターで上に行っていたら、今の私は無い」

 


NYが危機なんよ~

 suigai_teibou_kekkai

 気のせいかもしれませんが

  「経験したことがない大雨

 とやらが、世界中で起きている!

  そんな気がする今日このごろ

 ((((;゚д゚))))

large_3c7949563d

 

米NY市長デブラシオ(→)は9/1夜、非常事態宣言を発令した。

「歴史的な気象事象」

で洪水が発生した。

市内の地下鉄は、ほぼ全て運行を停止。

熱帯暴風雨「アイダ」の余波で大雨が降っている。

NY市内では9/2午前5時まで不要不急の自動車の通行を禁止。

 


映画 グランド・イリュージョン

job_magician_man

 

4人のスーパーイリュージョニスト(手品師)チーム“フォーホースメン”。

彼らはラスベガスでショーをしながら、遠く離れたパリの銀行から金を奪い、観客を驚かせた。

このことから、FBIとインターポールから追われることになったホースメン。

・・・という話なのだが、ストーリーがゴチャゴチャしてて分かりにくい

ラスベガス、ニューヨーク、パリと、絵になる街を背景に、ド派手なアクション場面が続くので、退屈はしないが、奥深さの乏しい「子ども向け娯楽映画」という感じがする

(^_^;)

 


映画 アニーホール

35260842

 

1977年の作品だから、44年前の作品ですね

いま85歳(←)にして、スキャンダルまみれのウディ・アレンの、41歳の時の作品で彼の代表作

昔見た映画をまた見ると、懐かしい気分になるもんですが、この作品には特にそれを感じます

ダイアンキートンの衣装が、今みても古さを感じない

この2年前(1975年)に、サイゴン陥落してます

taiyonoto110519

日本が1970年に大阪で万博やって、高度成長最後のお祭りしてたころ、アメリカはまだベトナムで泥沼の戦争してたんですね

アメリカって、アジアや中東、中南米に親米政権つくっても、ほとんどウマくいってない

すぐに汚職などで腐敗堕落して独裁政権になり、崩壊してしまう

たまたま第二次大戦で日本に勝って、日本にアメリカ型の民主主義を導入させて、それが非常にうまくいったから味をしめて、それを他の国でもやってみたけど、気の毒なくらい失敗つづき

war_senkan_kuubo

日本は戦争に負ける前からガッチリした官僚制があり、教育も行き届き、世界で最初に空母を作っちゃうほどの先進国だったので、たまたま非常にうまくいっただけ

台湾、韓国がそこそこ何とかなったのも、日本併合時代に、それなりに社会が統一化されて、インフラや教育をちゃんとやってたのが大きい

日本の戦国時代か、あるいは弥生時代の「倭国の大乱」レベルの分裂混乱してた国に、いきなり民主主義とかアメリカ型ライフスタイルなんか入れても、うまくいくはずがない

juujigun

でも、それをやっちゃうんですよね、アメリカって

旧アフガニスタン政府に、湯水のように援助したけど、結局お金をドブに捨てたようなもの

何と言うか、超楽観主義と言うのか、理想主義が強すぎると言うのか

世界にアメリカ型の民主主義と豊かなライフスタイルを広めるのが、宗教的な義務みたいに思いこんじゃう

そこがアメリカの良さでもあり、弱点でもある

悪魔(チャイナチス中国共産党)は、その弱点を突いてやろうとして、虎視眈々と狙ってると思います

(;´Д`)

 

 


田中将大 帰国の理由

K10012837781_2101282021_2101282022_01_02

sports_baseball_man_asia

 

 自分だけならともかく

  大切な家族が危険にさらされている!

 そんな場所には 1秒だって居たくない

  それは当然の気持ちだと思います

 ((((;゚д゚))))

 

000000064746_sZYQ9ly

今季、大リーグのニューヨーク・ヤンキースから8年ぶりに、古巣の東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍した田中将大選手。

ヤンキース退団の背景には、もちろん契約の満了が前提にありますが、雑誌「女性自身」は先日、

米国の幼稚園に通っていた田中選手のご長男が

コロナによるアジア人差別の被害に遭った

ことも要因の1つにあったと報道。

その事が現在、アメリカのネット上でも話題になっています。

アメリカでは、中国コロナウイルスの蔓延以来、アジア系住民に対する暴行事件が頻発しており、昨年4月2日には、田中選手も以下のようなツイート発信していました。

「キャンプ中断後もキャンプ地フロリダで生活していく中で

 中国コロナウイルス感染以外でも

 身の危険を感じさせられる出来事があり

 十分に注意をしながら、一時帰国する決断をいたしました」

この件に対して、アメリカ人から悲しみと怒りの声が殺到しています。

その一部をご紹介しますので、ごらんください。

 


 

アメリカ人からの声

■ かなり腹が立つ。アメリカの恥だ。
今は日本で安心して暮らせてるかな。
嫌な思いをさせてしまって、アメリカ人として申し訳ない。 +11

statue_of_liberty

 この話を聞いて、とにかく、とにかく胸が痛いよ……。 +292

■ 彼の事や、同じ状況にある人達の事を思うと本当に悲しい。
いつかアメリカを安全な国だと認識してもらえるといいが。
そしてまたアメリカ、特にニューヨークに帰ってきてほしい。 +6

■ この前DCで起きたアジア人への差別が原因で起きた事件を見たら、
アメリカを去りたいと思うのも当然だと感じたね。
彼らにとってアメリカは安全な国じゃないんだ。 +27

■ あんな素敵な人格者とその家族の安全を誰が脅かしたんだろう。
この投稿を読んで動揺してます😢 +33

■ 家族を守る事は何よりも大事だ。だから彼の決断は理解出来る。 +21

music_gassyou_kids_world

 驚くような事じゃない。
この国ではアジア系住民に対する差別がそこら中で起きてる。
白人からだけじゃなく、黒人からもね。ずっと前からだ。
あとは日本は中国コロナウイルス対策の面で、
アメリカより遥かに優れているのも大きかったんだろう。

■ レイズファンとしてはタナカが去ってくれたのはありがたかった。
もうチームが彼と対戦しなくて済むんだから。
だけど今は、落胆してるよ。 +31

■ アメリカは本当に遅れた国だよな。
俺だってもし日本出身だったら戻ってると思うわ。 +17

baseball_pitcher_man

 ほんとに残念な話だなぁ。
  タナカのピッチングを見るのが大好きだったんだ。
  だけど彼はこの国を安全だとは思えなかった。
  それなら去ってしまってもしょうがないさ。 +403

■ 幼いお子さんが怖い思いをしたのか……。酷い話だ。
アメリカはこのままで良いはずがない。 +15

■ 彼を責める事は出来ない。
今のアメリカは彼らにとって安全ではなくなったんだから。 +16

■ 終わってるな。俺たちはもっとマシな国になれないのか??? +31

usotsuki-1-1

■ 彼は日本人だろ?
コロナウイルスは日本じゃなくて中国(→)から来たんだ。
日本人に怒ってる人間なんて一人もいないはずだが。 +4

■ この一件は本当に悲しいなぁ。 +91
(※この方のプロフィール画像は田中投手の写真)

■ だからアメリカには質の高いものが何もないんだよ……。 +13

■ 失望してるけど、驚きはない。ダメリカだもん。 +10

 マサヒロ・タナカはアメリカを安全だとは感じられなかった😢
こんなに悲しい事って他にあるか? +29

■ 実際には安全云々の話じゃなくて、
米国人の振る舞いにいい加減うんざりしてたんじゃないかね。 +5

■ そもそもの話、アメリカを安全だと感じてる人なんているの? +36

■ 私は安全だと感じてるよ。
暴力のターゲットにされてるアジア系住民よりはね。 +271

■ 53年間の人生で、今が一番安全ではないと感じてる。

20201110at47S_p

 ダルビッシュ(→)も去年自分のYouTubeチャンネルで、
アジア人に対する暴力について懸念を表明してたね。 +4

■ 日本に戻ろうと考えたのは理解出来る。
今のアメリカはもう芯まで腐ってるから。 +1

■ 移民として、外国人としてアメリカで暮らすのは本当に大変だ。
特に最近の憎しみに満ちた社会はトラウマものだろう。
一方で、日本はかなり安全な国だもんね! +8

 

■ 俺も可能なら日本やオセアニアに引っ越したいもん。
今のアメリカは明らかにおかしい。

■ 俺のヒーローを傷つける輩は絶対に許さん。 +63

■ 「自由の国」って何なんだろうな。 +1

■ アメリカ人として心が痛い。
彼も彼の家族も本当に素敵な人たちなんだよ。
こんな仕打ちを受けていい人達じゃないんだ。 +3

picnic_shiba_family_boy

 日本に戻ったのは家族にとって最良の決断だったと思う。
だけど帰国の理由が身の安全を守るためっていうのは、
アメリカ人としてかなりキツい事実だ。 +2

■ 本当に悲しい。
引退する前に、もう一度アメリカに戻ってきてほしい。 +48

■ タナカさん、アメリカ人として謝罪します……。
どうか日本で、安全で健康で幸せな日々を送ってください! +24

 

 

91bc746125b9f298ee0c6d99c56b590d_t

米ニューヨークの地下鉄車内で、黒人の男がアジア人と見られる男性を無差別に暴行する動画が3/29にソーシャルメディアを通じ急速に拡散している。

ニューヨーク警察はヘイトクライム(憎悪犯罪)の可能性を置いて調査を始めた。

今回の動画はツイッターの「Asian Dawn」というアカウントを通じて広がった。

57秒の動画には地下鉄の車内で黒い服を着た黒人の男1人と白いTシャツ姿のアジア人男性が争う場面が収録されている。

黒人の男は相手を車端部に追い詰めると顔と頭に無差別に暴行した。

暴行を継続した黒人の男は、相手の抵抗にもかかわらず首を締め、白い服の男性を床に放り投げたりもした。

走行中の地下鉄車内で、アジア人への暴行が行われる間、だれも立ち上がって彼らを制止しなかった。

白い服を着たアジア人は気を失ったとみられ、暴行犯人の男は悠然とその場を離れる場面が映っている。

他の乗客は暴行の途中で、意味不明な歓声を上げたりもした。

デイリーニュースやCBSニューヨークなど現地メディアは「ニューヨーク警察のヘイトクライム担当班が捜査中」と伝えた。

CBSニューヨークは「マンハッタンのJラインで発生したとみられる」と報道したが、具体的にいつ、どこで暴行が発生したのかは明らかにされていない。

動画でツイートを上げたアカウントは、今回の動画がマンハッタンの地下鉄コシチュシコ・ストリート駅で発生したと書いた。

最近米国では、アジア人を対象にしたヘイトクライムが絶えない。

3/21にニューヨークではアジア系に対するヘイトクライム糾弾デモをしていた30代のアジア系女性が20代の男に暴行される事件があった。

アトランタでは3/16に銃撃により、アジア人6人が殺された。

 


窓用エアコン

maxresdefault (2)
statue_of_liberty

 

 アメリカ人は時代の最先端を走ってるけど
 
  割と古いものも大事にします
 
 何しろ歴史が300年くらいしか無いですからね
 
  (^_^;)

 

なぜニューヨークでは窓用エアコンが主流なのか?

セントラル空調システムが進むアメリカ、しかしニューヨークでは窓用エアコンが主流だった!?

ニューヨークの人達が窓用エアコンを使用する理由とは!?

アメリカと言えばセントラル空調システム(家全体を暖めたり冷やす)が主流だと思ってる人も多いと思いますが、実は窓に自分で取り付けるタイプのエアコンを使っている人も沢山います。

(アメリカなどでよく見る窓用エアコン↓)

AC-10feature

(窓用エアコンを外から見るとこんな感じ↓)

22986

(ニューヨークでもこんな感じで窓用エアコンが付いてる建物が沢山見られます↓)

merl

窓用エアコンは音がうるさいなどのデメリットはありますが、値段も比較的安く自分で取り付けもできることから、アメリカでは今でも結構な人気があるのです。

セントラル空調システムも素晴らしいのですが、値段が高くて故障した時にもかなりお金が掛かるので、あえて窓用エアコンを使用しているという人もいるそうです。

ちなみにニューヨークの人達がなぜ窓用エアコンを使用しているのかというと、ニューヨークは古い建物やアパートが多くて、普通のエアコンが取り付けられない建物が想像以上に多いんです。

これはヨーロッパなどでも言えることですが、そういう地域では窓用エアコンやポータブルエアコンを使うことになるわけです。

(こちらはポータブルエアコン、こちらは排熱をホースで外に出す仕組みの物↓)

portable-air-conditioner-window-vent

▲動画です クリックすると始まります

 

———- 以下 海外の反応↓ ———-

 

・まぁ窓用エアコンは安く買えるからな。

・正直古くなった窓用エアコンって汚くて景観を悪くしてると思うんだけどな。

・でもニューヨークは窓用エアコンが沢山あるから、それがレトロな街の感じを出してるところもあるよね。

・窓用エアコンはセントラル空調システムにと比べて値段が安いし、簡単に交換や修理もできるからな。人は見た目よりも快適性を選んでしまうものなんだよ。

・正直セントラル空調システムは値段が高いし、使用してない部屋まで冷やしちゃうのが無駄なんだよな・・・

・うちでは窓用エアコン2台を緊急時用に保管してあるよ。
一度暑い夏の日にセントラル空調システムが故障したことがあるからね。
そういう時に窓用エアコンがあれば命の恩人のようになるだろう。

・↑ちょうどその最悪の故障が2週間前に起きて死にそうになってる。

・私の家もセントラル空調システムがあるけど、窓用エアコンも2台あるよ。

・私の家はセントラル空調システムがあるけど、効き目が弱いから窓用エアコンを使用してる・・・

・うちもセントラル空調システムで1階と地下室を冷やしてるけど、なぜか2階の部屋にはまったく効かないから、2階の寝室は2つの窓エアコンを装着して使ってる。

・セントラル空調の一番の問題は馬鹿高い費用だ。
それが窓用エアコンなら故障しても僅か200ドルの費用で交換が可能なんだからな。

・俺はセントラルシステムが大嫌いだ!
俺は基本的に1つの部屋で過ごすことが多いのに、あれは家全体を無駄に冷やしてしまう。
しかも壊れたら交換に150万円とか馬鹿みたいな金が掛かる。
窓用エアコンなら自分のいる部屋だけを冷やせて、しかも壊れた時も4万円もあれば買い替えることができるんだから。

・うちもセントラル空調システムを使ってたけど、窓用エアコンにしたら電気代が三分の一になったよ。今じゃ窓用エアコンが大好きになった。

・ニューヨークだと窓用エアコンを一年中取り付けたままにしてる人も多いよね。

・私の家の窓用エアコンは壁の基礎にがっちりと固定させちゃってるから、簡単には取り外しできないようになってる。

・↑私の家もずっと付けっぱなしだよ。
というか取り外して保管して置く場所もないしね。
今じゃエアコンの下の方は錆びてるし、カビの掃除もしたことあるよ。

・この窓用エアコンの問題は時々落下することがあるってことなんだよな。

・昔窓用エアコンが窓から落下したことあるわ。振動で窓枠が壊れて落ちてしまった。
幸いなことに下に人がいなかったから良かったけどね。

・窓用エアコンはサイズが大きい奴はアームを取り付けて支えてやる必要があるんだよ。

・↑ニューヨークではサイズに関係なく、窓用エアコンを取り付ける時はちゃんと固定してやる必要があるけどな。

・日本の室内エアコンを見たことある人っている?

・↑どんな奴?写真はないの?

・↑日本のエアコンはミニスプリット型でセントラル空調システムに近い物だろ。
あれは外に室外機を置いてホースで繋ぐ必要がある。

・なんでアメリカってミニスプリット型のエアコンを使わないのか?

R27GW2_MainProd__66394.1373047157.1000.1000



全米ライフル協会

EGCjWjnUcAAf3kU

airgun_women_syufu

 

 銃と弁護士は、とてもよく似ています

  物理的に戦う時の武器が銃ですし

  法律的に戦う時の武器が弁護士です

 敵が持てば、自分も持たざるを得ません

周囲がみんな銃を持っている社会で、自分だけ銃を持たないという決断は、簡単に出来ることではありません

アメリカの社会は男性原理が強いので、家族のいる男性は、自分の力で家族を守ろうとする意識が非常に強いです

例えば強盗に入られて家族を殺された場合、日本の男性はたいてい被害者として発言しますが、アメリカですと、家族を守れなかった自分を責める発言が大きくなります

日本よりも治安が悪く、みんなが銃を持っていて、しかも日本ほど警察が頼りにならない訳ですから、アメリカの男性が家族を守ろうとすれば、何としても銃が必要になります

今回の訴訟も、銃の所持を禁止せよという話ではありません  (^_^;)

 

6535817米国ニューヨーク州の司法長官レティシア・ジェームズ(→)は8/6、全米ライフル協会(NRA)による資金の長年にわたる不正使用が、ニューヨーク州法と連邦法に違反しているとし、全米ライフル協会(NRA)の解散を求める訴訟を起こした。

ニューヨーク州の司法長官レティシア・ジェームズ(→)は、全米ライフル協会(NRA)の幹部が不正に数十億円規模の私腹を肥やして散財し、全米ライフル協会(NRA)に対しての人々の信用を損ねたと告発している。

これに続き、ワシントンD.C.のカール・ラシーン(Karl Racine)司法長官も、同様の理由で全米ライフル協会(NRA)を提訴した。

Wayne_LaPierre_by_Gage_Skidmore_5_(cropped)

特に問題とされているのは、全米ライフル協会(NRA)のウェイン・ラピエール(Wayne LaPierre、←)副会長など4名の幹部が、家族や友人らを伴って度重なる贅沢三昧をしてきたことだ。

例えば、度々プライベートジェット機での豪華絢爛な海外旅行、理事会の承認を得ずに自身に発行した1700万ドル(約17億円)と180万ドル(約2億円)の雇用契約書、ガールフレンドへ100万ドル(1億円)の用途不明の支払いなど、汚職の一部だけ聞いても「やりたい放題」だ。

この結果、2015年には約2800万ドル(約29億円)の黒字だったのが、18年には3600万ドル(約38億)の赤字に転落し、3年間で6400万ドル(約67億円)の損失をもたらしたされる。

司法長官のレティシア・ジェームズ(Letitia James)は民主党派で、18年の中間選挙運動中に全米ライフル協会(NRA)を「テロリスト組織」と名指しし、調査を誓った人物だ。

調査は翌19年2月から行われ、今回の訴訟はその調査結果を元にしたもの。

「全米ライフル協会(NRA)は影響力が非常にあるため、

 何十年にもわたって不正行為が暴かれずにきた。

 このような詐欺集団は解散しなければならない!

と、司法長官のレティシア・ジェームズ(Letitia James)は声明を出している。

これに対して全米ライフル協会(NRA)側は

「この訴訟は政治的な動機によるもので、

 銃の暴力に対して銃で身を守る権利に対する攻撃だ」

とし、反訴を提起した。

バージニア州に本部を置く全米ライフル協会(NRA)は、もともと1871年に非営利団体としてニューヨークで創設した(ニューヨーク州の司法長官がNRAに対して規制権限を持っているはこのためだ)。

以来、全米ライフル協会(NRA)は500万人以上の会員を擁し、アメリカでもっとも影響力のある銃の権利を主張するロビー活動団体、保守派圧力団体として知られる。

米国でどれだけ不条理な銃撃事件や乱射事件が起こり、罪のない人々が命を落とそうとも、銃規制が一向に進まないのは、全米ライフル協会(NRA)が政権と癒着しているからだ。

今回のニュースを聞いた人々からは、さまざまな声が聞こえてきた。

「全米ライフル協会(NRA)は長年、数々の法律違反をしてきた

 犯罪者により運営されているマンモス組織だ」

とジェームズ氏を擁護する人。

また、全米ライフル協会(NRA)が銃の権利を擁護する唯一の団体ではないことから

「おそらくそんなことはないだろうが、ここが解散したところで

 ガン・オーナーズ・オブ・アメリカ(GOA)などほかにも強力な団体がある。

 全米ライフル協会(NRA)ただ1つの問題だけではない」

「損失額について取り返せることがあっても、全米ライフル協会(NRA)や

 この国から銃を取り上げることは絶対にできないだろう」

などだ。

また、修正第2条(合衆国憲法で保障されている武器保有権、1791年成立)については支持するが、全米ライフル協会(NRA)の支持者ではないという年配の男性はこのように語った。

「私の幼少時は各家庭に銃器が普通にあった。

 第2次世界大戦後、男にとって身近なものとなり、

 攻撃や防衛用から娯楽性の高いものへと取って代わった。

 全米ライフル協会(NRA)は責任ある所持の重要さを十分に伝えることなく、

 銃器の拡散だけに専念してきた。 銃器は携帯電話や車とは違う。

 誰もが必要としているものではない」

と、全米ライフル協会(NRA)が利益だけを追求するがために、闇雲に銃が拡散されてきたことに異議を唱えた。

全米ライフル協会(NRA)の長年の盟友であるトランプ大統領は、今回の訴訟について、全米ライフル協会(NRA)を擁護する姿勢を見せている。

多額の損失額は、これまで起こった数々の訴訟に対する資金として充てられたものだとし、ホワイトハウスで記者団に対しこのように語った。

「(訴訟は)まったくひどい話だ。 全米ライフル協会(NRA)は

 本社を(今のワシントンD.C.近くから、より大きな銃社会である)テキサスに

 移すべきだろう。

 ここでの人々の非常に素晴らしく美しい生活を引率してはどうだろうか」

 

GunShop

▲テキサス州の銃砲店

 

【弁護士バージョン】

周囲がみんな弁護士を雇っている社会で、自分だけ弁護士を雇わないという決断は、簡単に出来ることではありません

アメリカの社会は男性原理が強いので、家族のいる男性は、自分の力で家族を守ろうとする意識が非常に強いです

例えば不法行為で家族の身体や財産を侵害された場合、日本の男性はたいてい被害者として発言しますが、アメリカですと、家族の身体や財産を守れなかった自分を責める発言が大きくなります

日本よりも訴訟が多く、みんなが弁護士を雇っていて、しかも日本ほど共同社会(世間)が頼りにならない訳ですから、アメリカの男性が家族を守ろうとすれば、何としても弁護士が必要になります

(^_^;)

 


奇妙な成功

clm2005250003-p1

▲安倍首相の中国コロナ緊急事態解除宣言

180516freeronpa

 

 自分たちがうまくいくと「当然の結果」

  日本がうまくいくと「奇妙な成功

 これを専門用語で

  「上から目線」といいます  (^_^;)

 

中国コロナウイルスの感染対策で日本は、2月のクルーズ船の隔離停泊以来、

NYTやワシントンポストなどの米国メディアから

激しい日本批判(まさに誹謗中傷、罵詈雑言!)

にさらされてきたが、最近、認識が改められつつある。

数字は雄弁で、日本の感染死亡率(総人口に対する中国コロナ死者数)が突出して低いからだ。

日本の中国コロナ対応に、激しい批判(まさに誹謗中傷、罵詈雑言!)を浴びせてきた米外交誌は、これを今になって「奇妙な成功」と評している。

「権威ある」とされている米外交誌フォーリン・ポリシー(FP)電子版は5/14

「日本の奇妙な成功 生半可なコロナウイルス対策が何であれ、功を奏している」

という見出しの論評を掲載した。

「コロナウイルスとの闘いで、日本はすべて間違ったことをしてきたように思えた。

 ウイルス検査を受けたのは人口の0・185%にすぎず、

 ソーシャルディスタンス(社会的距離)の取り方も中途半端だ。

 国民の大多数も、政府の対応に批判的である。

 しかし死亡率は世界最低(水準)で、

 医療崩壊も起こさずに、感染者数は減少している。

 不可解だが、すべてが正しい方向に進んでいるように見えてしまう」

FPが日本の「成功」の論拠としているのは、総人口に対する死者の少なさだ。

感染者数は、検査数が少ないのであてにならないが、死者数は最も確かな「指標」になる。

5/14時点での人口100万人当たりの死者数は、

日本が5人、米国が258人、スペインが584人

欧州での成功例として挙げられているドイツですら94人

日本の少なさは「ほとんど奇跡的」と評した。

香港メディアは、日本人の規範意識の高さが導いた結果であると分析した。

しかし、まだ気を緩める時ではない。

ウイルスとの闘いでの完全勝利は、まだ先だ。

 


NYT一面に死者掲載

OBJET-059201

pose_sugoi_okoru_woman

 

 自国民を10万人も殺されて

  いまアメリカ人は 中国人に対して

 腹の底から 猛烈に怒っています

  その本当の怖さを 中国共産党は

 まったく理解していません  ((((;゚д゚))))

 

米紙ニューヨーク・タイムズは、5/24朝刊の1面全面に、中国コロナウイルス感染による死者の氏名や年齢と居住地、人物紹介を掲載した。

「中国コロナによる米国内の死者10万人近くに、計り知れない喪失」

との見出しを付け、通常は写真などが載る1面すべてが活字だけで埋まる異例の紙面となった。

死者紹介は1面を含めて計4ページにわたり、約1000人分を掲載した。

紙面では

「誰一人として単なる数字で表せる存在ではなかった」

などとして、人物紹介は

「素晴らしい耳を持った指揮者」

「教会の合唱団で42年歌った」

「ベーコンとハッシュドポテトが好きだった」

などと一言で職業や生活を表現した。

ニューヨーク・タイムズによると、死者の情報は全米各地の新聞の死亡記事などから収集し、実名を記すことで

「失われた個々の人生を描写する」

ことを目指したという。