金曜日, 18 of 6月 of 2021

Category » 中国

中華バッテリー大爆発

20210506_news_lift

▲事故現場のエレベーター

三菱のマークがありますが、エレベーターには何の問題もありません

jitensya_mama_3nin_dendo

 

 中華バッテリーによる爆発事故が

  非常に多く発生しているそうです

 中国食品に加えて中華バッテリーも

  使うと生命の危険があります

 ((((;゚д゚))))

 

6/3午後11時25分、中国製バッテリーを使用した電動バイクが、原因不明のまま突然爆発炎上するという、恐ろしい死亡事故が発生しました。

中国製EVバイクを押していた配達員イワンさん(20)は、行き場を失い、第3度の火傷を負い、死亡しました。

死亡した配達員イワンさんの叔父によると、イワンさんは爆発前、食品の配達を終えてマンションの階下に戻り、電動カートを押してエレベーターに乗り込み、9階の自宅に帰ろうとしたそうです。

階下の友人と休んでいた配達員のシディさん(18)が語ったところによると、ガラスが割れる音が聞こえてきて振り向くと、2階が火事になっていたそうです。

死亡した配達員イワンさんの着ていた服は焼けていたが、その時はまだ意識があり、痛みを叫んだとのことです。

 


コロナ生物兵器への賠償請求

trmp-w960

osoushiki_taimen

 

 チャイナチス中国共産党が製造した

  中国コロナ生物兵器によって

 すでに374万人以上が虐殺されています

  21世紀最大の大規模虐殺事件です

 ((((;゚д゚))))

 

中国コロナウイルスをめぐり、武漢のウイルス研究所が製造した生物兵器だとする説が、ますます信ぴょう性を高めている。

国際世論の厳しい目が中国に注がれるなか、この流れに米国トランプ前大統領が加勢した。

米国トランプ前大統領は、今でも米国共和党の第一の実力者であり、東部ノースカロライナ州で6/5に開かれた共和党集会で演説し、中国コロナウイルスが中国の武漢研究所による生物兵器であるとする説が真実味を帯びてきていると指摘した。

「中国は、彼らがもたらした大虐殺の代償として

 10兆ドルを、世界に対して支払うべきだ!」

と述べたほか、制裁として中国製品に100%の関税を適用すべきだとの考えを明らかにした。

usotsuki-1-1-1

さらにトランプ氏は、

「中国共産党の賠償責任を、

 アメリカと世界が要求すべき時がきた!」

「我々は皆一丸となり、

 中国は賠償せよと宣言すべきだ!」

と支持者たちに呼びかけた。

具体的な手段としては

「第一歩として、

 あらゆる国々が共同して

 中国に対するすべての負債を放棄し

 賠償金の頭金とすべきだ!」

と踏み込んだ案を示した。

 


愛される中国

unnamed

▲アウシュビッツ強制収容所

sick_kansensyou

 

中国の武漢研究所が作った中国コロナウイルス(ほぼ間違いなく生物兵器!)で、すでに世界中で350万人以上が虐殺され、今も毎日1万人が虐殺されています

日本人も、すでに13000人以上が虐殺されました

ヒトラー・ナチスが第二次大戦中に、アウシュビッツなどの強制収容所で虐殺したユダヤ人などの総計が、600万人です

これは最大限多めに見積もった数字で、実際はこれよりかなり少ないと言われています

チャイナチス中国共産党による大虐殺の規模は、間もなくこれを超えます

21世紀に入ってまだ20年ですが、大規模な核戦争でも起きない限り、中国コロナ生物兵器による人類規模の大虐殺は、21世紀で最悪最恐の大量虐殺事件として、人類の歴史に永く記録されることでしょう

bakudan_hatsugen_man-300x271

チャイナチス中国共産党の習近平は、いつも平気でウソをつきますから、今さら

「愛される中国」

などと言われても、にわかには信じがたい話です

日本にとって最も恐るべき事態は、追い詰められた中国が暴走して、台湾や尖閣に軍事行動を起こすことですが、この可能性が少しでも下がるのなら、悪い話ではありません

しかし、軍事行動を予定して、相手(日米)を油断させるための発言である可能性も否定できません

何しろ図体の大きい中国ですから、軍事行動だけでなく経済崩壊が起きても、世界への大きな影響は避けられません

blog_import_5cf5851e0dbce

今回の中国コロナ大虐殺で世界から孤立した中国ですが、このまま大人しく暴走せずに推移して、その巨大な労働力や資源、市場を、日本が選択的に安定して利用し続けられることがベストです

中国の一人一人の国民は、必ずしも反日とは限らず、むしろ日本に憧れている人が多いようにも思えますが、現在の残忍なチャイナチス中国共産党が大陸を支配している限り、日中友好はほぼ絶望的です

相手がトンデモない悪党でも、利用できるところは利用する、という冷めた関係でいくしかありません

役に立つのなら悪魔とも取引する、というのが国際関係というものでしょう

(^_^;)

 

usotsuki-1-1-1
5/31に習近平は、チャイナチス中国共産党幹部を集めた会議で演壇に立ち、

「中国の印象が良くない。これからは

 『信頼され、愛され、尊敬される中国』

 という印象を強めていく必要がある」

と演説していたことが分かった。

「信頼されない、愛されない、尊敬できない国」

のダントツ筆頭が中国であり、世界で孤立しているという客観的な現実を、頭の悪い習近平でも何とか理解できたようだ。

多くの国際関係専門家は

「いまさら中国が外交姿勢を多少緩和したところで、

 習近平の唱える『信頼され、愛され、尊敬される』

 という中国イメージの再建は不可能だろう」

と分析する。

ピュー・リサーチセンターの直近の世論調査でも、この一年であらたに14ヶ国が、中国に否定的になったとする結果がでた。

EUは昨年師走に駆け込みで締結した「投資協定」が、ドイツをのぞいて反古となりそうな趨勢であり、中国の「友人」と呼べるのは、もはやカンボジアと韓国くらいしか見あたらない。

df511_1223_c15899e9_3d9154e2

ロシアとトルコは親中路線とはいえ、基本的なところでは距離を置いている。

「大国として友人を増やし、

 コミュニケーションを円滑化させる」

と唱えた習近平は特別チームを発足させ、大国としての中国にふさわしいイメージを再建するとした。

ネットでは習近平を

「XITLER」(シットラー)

を名づけ、

無駄な努力!」

と一刀両断の意見が多い。

 

p06kv3rv

 


中国コロナ生物兵器

660_bit202003031151240734-1-1

usotsuki-1-1-1

 

 習近平(チャイナチス中国共産党)が

  世界中にバラまいた中国コロナ生物兵器

 まだ毎日1万人以上が犠牲になっています

  欧米先進国はワクチン効果で減ってきてますが

 インドは世界の半分近い死者数です

  ((((;゚д゚))))

 

感染者数の世界累計(前日比):167,516,375人(+485,101)

死者数の世界累計(前日比):3,478,187人(+10,134)

1. 米国:33,896,660人(+14,327) 604,087人(+211 **)
2. インド:26,751,681人(+222,835) 303,751人(+4,455 ***)
3. ブラジル:16,083,573人(+36,134) 449,185人(+894 **)
4. フランス:5,603,666人(+9,704) 108,596人(+70 *)
5. トルコ:5,186,487人(+7,839) 46,268人(+197 **)

6. ロシア:5,001,505人(+8,951) 118,482人(+357 **)
7. 英国:4,462,538人(+2,092) 127,721人(+5)
8. イタリア:4,192,183人(+3,993) 125,225人(+72 *)
9. ドイツ:3,654,201人(+1,182) 87,973人(+13)
10. スペイン:3,636,453人(+0) 79,620人(+0)

35. 日本:719,696人(+4,022) 12,321人(+61 *)

88. タイ:129,500人(+3,382) 776人(+17)

 


風も無いのに揺れるビル

1000x-1

▲風も無いのに揺れる 賽格広場ビル(SEGプラザ)

download

 

毛沢東が指導した大躍進政策と文化大革命では、チャイナチス中国共産党が決めた鉄鋼生産目標を達成するために、農作業に必要なクワやカマまで徴収して鋳つぶしたので、農業生産が壊滅的に激減して、数千万人が餓死しました

チャイナチス中国共産党にとって、人民の命なんて虫けら以下だったことが分かります

((((;゚д゚))))

 

中国の深圳(シンセン)市にそびえる75階建ての高層ビル「賽格広場ビル(SEGプラザ)は、地震もないのに突然、大揺れする。

建設過程が明らかになるともに、中国のズサンな建築工事管理が批判を浴びている。

現状では、大揺れ程度に収まっているが、そのうちに突然崩壊という最悪事態を迎える可能性は高い。

そこで5/21から、ビル全体が閉鎖された。

『レコードチャイナ』(5/23付)は、

「深圳の『風も無いのに揺れるビル』が閉鎖

 中国建国50周年記念するランドマークタワー」

と題する記事を掲載した。

 フランスメディアの『RFI』などによると、中国広東省深圳市内で、強風が吹いているのでもなく、地震でもないのに、なぜかビルが揺れるとして注目が集まっていた高層ビルが、5/21閉鎖された。

 問題のビルは、賽格広場ビル(SEGプラザ)

高さ355.8メートルで、東京タワーより高く、地上75階、地下4階、床面積は17万平方メートル。

1999年に完成したこの高層ビルは、チャイナチス中国共産党による、中華人民共和国の建国50周年を慶祝する建築でもあった。

usotsuki-1-1-1

また建築当時、超スピード工事でも評判となり

「1日で2.7階分を建築した!」

として、深圳市の経済発展の速さを象徴する「深圳速度」などとも言われた。

こういう非科学的なことを競う野蛮な風習が、中国にはまだ残っている。

問題となった賽格広場ビルだけでなく、周辺の他のビルでも、同じようなことが起こる懸念がある。

中国国内の全てのビルを、一斉点検する必要があるだろう。

 米国の駐広州領事館は5/19、

「安全およびリスク情報が不足している」

として、中国国内の米国民に対して、同ビル周辺に近寄らないよう呼びかけた。

 


公開延期 ゴジラvsコング

35260745

usotsuki-1-1-1

 

 ゴジラも コングも

  コロナ生物兵器をつかう

 凶悪な共産党ゴリラ(←)には

  勝てなかったようです

 ((((;゚д゚))))

 

映画『ゴジラvsコング』【公開延期のお知らせ】

この度、2021年5月14日(金)より公開を予定しておりました『ゴジラvsコング』につきまして、新型コロナウィルスの感染状況に鑑みまして、公開を延期させていただきます。

作品の公開を楽しみにお待ち頂いていた皆様には誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。

今後の公開予定につきましては、決定し次第、速やかに下の公式サイトにてお知らせいたします。

事情ご賢察のうえ、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

公式サイトへ

 

91x6DZ6MdeL._SL1500_-1024x538のコピー

 

gorichaina

ラドンがコウモリに見えてしまう (^_^;)

 


中国の宇宙ゴミ インド洋に落下

K10013020031_2105091308_2105091309_01_03

usotsuki-1-1-1

 

 コロナ生物兵器で300万人虐殺に成功した

  世界一凶暴なチャイナチス中国共産党ですから

 危険な放射性物質を大量に乗せた宇宙ロケットを

  制御不能を装って敵国都市へ落下させ

 敵国人を大量に虐殺する宇宙兵器の実験を

  行っていたのではないかと疑います

 ((((;゚д゚))))

 

米航空宇宙局(NASA)は5/9、制御不能になった中国製の宇宙ロケットの残骸(宇宙ゴミ)がインド洋に落下した問題をめぐり、中国を非難する声明を公表した。

NASA長官のビル・ネルソンは声明で、

「宇宙に進出する国家は、宇宙から大気圏に再突入した物体(宇宙ゴミ)が

 地上の人々や器物に及ぼすリスクを、最小限に抑えなければならない」

「中国はそうした宇宙ゴミに関する責任を、まったく果たしていない!」

と厳しく非難した。

中国政府の有人宇宙飛行プロジェクト弁公室がSNS大手の微信(ウィーチャット)に掲載した情報によると、大型ロケット「長征5号B」の残骸(宇宙ゴミ)は大気圏に突入して機体の大部分が燃え尽きたが、一部はインド洋の島国モルディブ西部に落下した。

モルディブに残骸(宇宙ゴミ)が漂着しているかどうかは不明。

米宇宙軍は、長征5号Bがアラビア半島上空で大気圏に再突入したと発表していた。

欧州宇宙機関(ESA)が予測していた地球上の「宇宙ゴミ落下危険区域」は「北緯41.5度から南緯41.5度の間」だった。

この「落下危険区域」には、日本も含まれており、米ニューヨーク以南のアメリカ大陸とアフリカ、オーストラリア、日本以南のアジア、および欧州のスペイン、ポルトガル、イタリア、ギリシャが含まれていた。

 


やっぱり生物兵器だった!

death-675x379

 

最近6年間、中国人の生物兵器研究者らが、中国コロナウイルスを含む生物兵器で第3次世界大戦の準備をしてきた事実が、米国の調査機関が入手した文書を通じて明らかになった。

英国のデイリーメール紙などが5/9報じた内容によると、

生物兵器こそ中国が戦争に勝利するためのカギになる!」

という中国人の生物兵器研究者らの主張とともに、これを効果的に使用する(敵国人を最大限に殺害する)ために必要な条件と、敵国の医療システムに及ぼす影響まで、詳細に研究されている。

この報告で、中国コロナウイルスが

中国によって製造された生物兵器である

疑いが極めて濃厚になった!

またオーストラリア紙「ジ・オーストラリアン」で報道された文書は、中国人民解放軍の科学者と保健当局者が作成したもので、細菌やウイルスを操作して生物兵器を製造する方法を研究したものだった。

文書の著者たちは、第1次世界大戦を「化学戦争」とし、第2次世界大戦を「核戦争」と記述し、それらと違って、第3次世界大戦は「生物戦争」になると主張している。

この文書ではまた、生物兵器を使用して敵国人を最大限に殺害する方法を、詳細に説明している。

強い日差しが生物兵器の菌やウイルスを損傷し、雨や雪がエアロゾール粒子に影響を与えるので、晴れた日や昼間は、生物兵器による攻撃に適さないとしている。

逆に、夜や夜明け、日が暮れる頃、または曇った天気の日に風向きが安定した状態で生物兵器を使用すれば、敵国人を最大限に殺害できるとしている。

この文書はまた、生物兵器による攻撃で、病院の患者を急増させ、敵国の医療体系を崩壊させることができるとしている。

いま我々人類は、危機的な状況に直面している。

生物兵器によって、すでに300万人以上が殺害され、毎日1万人が殺されつつある。

これはまさに、チャイナチス中国共産党が狙った通りの状況であり、「我々は戦争に勝利しつつある」として、習近平は毎日ほくそ笑んでいることだろう。

中国政府の圧力を受けた日本の大手マスコミ(特に朝日毎日)は、この状況の首謀者である中国政府をまったく批判しようとせず、なぜか日本政府への攻撃を強めている。

 

5513_l

▲ヒトラーよりも、はるかに危険な独裁者・習近平

d3b267e7a36cdaae04a9e5c0f09f54be755da61a.37.2.9.2

 

ヒトラー・ナチス国家社会主義ドイツ労働者党が、アウシュビッツなどの強制収容所(←)で虐殺したユダヤ人などの人数は、600万人といわれています

習近平・チャイナチス中国共産党が、コロナ生物兵器で虐殺した人数は、すでに300万人を超え、まだ現在も毎日1万人が殺されていますから、600万人を突破するのは時間の問題です

 

unnamed-1

コロナ生物兵器を開発した疑いが濃厚な、中国の生物兵器研究所

 

EVxAvj6U4AEIbDM

▲WHO世界保健機関は、中国政府の下請け機関になった

 

20200318ds81_o-768x512

 

医療リスク(パンデミック)

  ▼

経済リスク(世界恐慌) 

  ▼            ←今ここ

軍事リスク(第三次世界大戦)

  ▼

人類滅亡

 


中国の宇宙ゴミ 5/8に地上落下

gomi_mochikaerimasyou

 

チャイナチス中国共産党が、勝手に宇宙ロケットを打ち上げて、制御不能になり、その残骸(巨大な宇宙ゴミ)が、5/8に地上落下する可能性があります

人口が密集した都市部に落下したら、大変な人命被害が発生するかもしれません

アメリカ政府が指摘しなければ、チャイナチス中国共産党は、知らん顔するつもりだったようです

細菌兵器の疑いもある中国コロナウイルスを世界中にバラまいて、300万人以上を殺しまくり、それが収まっていないのに、次は危険な宇宙ゴミを地上に落下させる

野蛮人が宇宙に進出するなんて、4000年早いと思います

((((;゚д゚))))

 

space_debris_gomi

チャイナチス中国共産党が、4月下旬に打ち上げた大型ロケット「長征5号B」が制御不能となった。

その残骸(巨大な宇宙ゴミ、→)が大気圏に再突入して、地表に落下する可能性がある。

米大統領報道官サキは、5/5の記者会見で、米宇宙軍が落下コースを追跡していると明らかにした。

米国防総省によると、地上落下は5/8ごろと予測されるが、数時間前にしか正確な落下位置は特定できないとしている。

AP通信によると、地表に落下するのは、長征5号Bの基幹部分で、全長約30メートル。

usotsuki-1-1-1

今回の宇宙ゴミ落下について、中国からの公式説明は無い

人工衛星やロケットなどの残骸(宇宙ゴミ)は通常、大気圏で燃え尽きるが、長征5号Bの基幹部分は、再突入する残骸の中でも最大級(巨大な宇宙ゴミ)なので、燃え尽きないで地上に落下する恐れが大きい。

米国防総省報道官カービーは、5/5の記者会見で、米領土に落下してきた場合に迎撃措置などを取るかどうかについて「まだ十分な情報がない」と話した。

長征5号Bは4/29、中国独自の宇宙ステーション「天宮」の中核部分となる居住区施設の打ち上げのため、発射された。

 


在日中国大使館のツイート

d0c49d51

usotsuki-1-1-1

 

 いかにも世界一民度の低い野蛮国の大使館

  という感じが良く出ているエピソードです

 チャイナチス中国共産党が支配している地域が

  日米のような文明国になるには

 あと4000年くらいかかりそうですね

  (^_^;)

 

在日中国大使館がツイッターに投稿していた、米国を死に神になぞらえた画像が、5/1までに見られなくなっていた。

在日中国大使館が、こっそり削除したとみられる。

4/29午後7時半ごろに在日中国大使館によって投稿された画像(↑)は、米国国旗を模した服を着た死に神が順、番に開けたイラク、リビア、シリアなどと書かれた扉の向こうから、血液が流れ出してきているというもの。

米大統領バイデンが、4/28の施政方針演説で、中国の国家主席、習近平(シーチンピン)を「専制主義者」と呼んだことを受けたものとみられる。

「これが大使館がするツイートか?」

「余りにも品がない!」

などと批判する書き込みが相次いでいた。

投稿された画像がこっそり削除された後とみられる4/30午後10時、在日米国大使館はツイッターに

「あの極めて不快なツイートに対して

 声を上げてくださった日本の皆さまに感謝いたします!」

との文章を投稿した。

「不快なツイート」が何を指すのかについては触れていないものの、

「これはまさに、日米同盟が共通する価値観に深く根ざしている

 と改めて気付かせてくれる出来事です」

とした。