日曜日, 25 of 7月 of 2021

Category » ヨーロッパ

極悪非道の5人

obiang-eq-guinea-super-169

▲赤道ギニア副大統領の息子 副大統領ヌゲマ・オビアン・マング

syoutoku_taishi

 

 国民に一体感が無ければ

  親族以外は虫けら同然になります

 そうならないように聖徳太子は

  「和をもって尊しとなす」

 と定めたのだと思います

  (^_^;)

 

イギリス政府は7/22、公金の不正流用など深刻な汚職に関与したとして、アフリカなど4カ国の政権幹部ら極悪非道の5人に制裁を科すと発表した。

800x_image

このうち赤道ギニア副大統領のヌゲマ・オビアン・マングについて、米人気歌手マイケル・ジャクソン(→)が生前にツアーで着用した手袋に27万5千ドル(約3千万円)を費やしたと指摘した。

英外相ラーブは

「汚職は貧しい国の富を枯渇させ

 人々の貧困からの脱出も困難にする」

と強調。

極悪非道5人の英国への渡航を禁じ、英国内の資産を凍結する。

赤道ギニア副大統領のヌゲマ・オビアン・マングは、赤道ギニアで1979年から長期政権を維持する大統領ヌゲマの息子。

英政府は発表で、国民の多くが劣悪な環境にある中で公金を不正流用し、ジャクソンさんにちなんだ品々の収集に大金を使ったと指摘。

1億ドル相当の大邸宅をパリに構え、プライベートジェット機も購入したと批判した。

制裁対象となった他の極悪非道4人は、ジンバブエとベネズエラ、イラクで汚職を働いた実業家ら。

 


コリン・モリカワ 全英オープン優勝

35260815

 

全英オープンは、24歳の日系米国人、コリン・モリカワの優勝で幕を閉じた。

2019年にプロ転向したばかりのモリカワは、昨年、初出場にして全米プロを制覇し、この全英オープンも初出場にして勝利を挙げて、早くもメジャー2勝目を達成した。

異なるメジャー大会をどちらも初出場で制覇したことは、王者タイガー・ウッズも成し得なかった史上初の快挙だ。

 


 

コリン・モリカワ(Collin Morikawa、1997年2月6日 – )

アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス出身の日系米国人プロゴルファーである。

2020年のPGA選手権、2021年全英オープン優勝者。

世界アマチュアランキング1位に立つなど輝かしい実績を残し、カリフォルニア大学バークレー校を卒業後の2019年にプロ転向。

プロ転向から4試合目の同年「3Mオープン」では、同じくプロ転向したばかりのマシュー・ウルフとの優勝争いの末に2位でフィニッシュ。

早速高いポテンシャルを示すと、転向6試合目の「バラクーダ選手権」で初優勝を遂げた。

プロ転向後はシーズンをまたいで22試合連続で予選を通過。

過去30年ではタイガー・ウッズの25試合連続に次ぐ2番目の記録だった。

予選落ち後の初戦となった20年7月「ワークデイ・チャリティオープン」でツアー2勝目を挙げた。

2020年8月9日、2020年のPGAチャンピオンシップで優勝、2度目のメジャー選手権のスタートでメジャーを獲得した。

2021年7月18日、2021年全英オープン、2位のジョーダン・スピースに2打差をつけて初優勝。

1934年以来2つのメジャー選手権で優勝した最速の選手となった。

また、デビュー戦で2つの異なるメジャーで優勝した最初の選手にもなった。

詳細はここをクリック

 


ワインとフランス人

35260780

▲フランスの1人あたりワイン消費量

red_wine

 

 フランスと言えばワイン、というイメージがありますが

  実際のフランス人は、以前ほどワインを飲まないそうです

 (^_^;)

詳細はここをクリック

 


日英首脳会談

35260781

London city. Vector illustration with London symbols. Eps 10

 

明治以降の日本外交は、日英同盟を基軸としている期間は、非常にうまくいっていました

大正時代末期に日英同盟が終了してから、昭和の日本外交は迷走を続け、ついに真珠湾攻撃という破局に向けて爆走してしまいました

国民の民度の近さから見て、日本外交が基軸とすべきは米英であり、次いで仏独など欧米先進国を基盤とすべきことは明白です

35260783

地理的に近いと言っても日本の周辺には、国際間の条約を平気で破ったり、すぐにバレるウソを吐き続けるような、民度の低い野蛮な国が多いので、信頼するに足りません

もちろん民度が高いからといって善良とは限らず、世界史を遡れば欧米先進諸国はどこも、相当にあくどいこともしていますが、地球上に完璧な聖人国家などは存在しません

相対的に見れば欧米先進諸国は、十分に信頼に値する国々であり、過去の歴史をよく承知した上で、外交関係を深めるべきだと思います

(^_^;)

 

日本の菅総理は、6/11午前(日本時間6/11夜)、先進7か国首脳会議(G7サミット)の会場で、サミット議長を務める英首相ジョンソンと日英首脳会談を行った。

中国コロナ対策や気候変動問題などでの連携強化で一致した。

20210131-00010008-norimono-000-11-view

両首相が対面で会談するのは初めて。

英国が最新鋭空母「クイーン・エリザベス」(→)を中心とする空母打撃群を、インド太平洋地域に派遣することを、菅総理は歓迎した。

侵略的な動きを強める中国をにらみ、日英共同訓練に向けた調整を急ぐことを申し合わせた。

経済安全保障分野での連携も確認した。

菅総理は、東日本大震災をきっかけとする日本産食品の輸入規制撤廃を求め、英首相ジョンソンは「真剣に検討したい」と応じた。

olympic_seika_runner

また、英首相ジョンソンは

  「東京五輪・パラリンピックの成功を確信している!」

と述べた。

日英首脳会談では、英国が加盟を申請した環太平洋経済連携協定(TPP)や孤独対策についても意見交換した。

 


汚いパリ

6c46c921751ae24aca045d2325686320

▲ユトリロが描いた、古き良き、美しかったパリ

i=httpss.eximg.jpexnewsfeedLabaqLabaq_51918891_40cc_1

 

むやみに移民を受け入れると

 美しかった街も荒廃してしまいます

東京がそうならないように願います

 ((((;゚д゚))))

 

路上に散らばるごみ、落書きだらけの壁―。

華やかなイメージとは懸け離れた汚いパリの様子を収めた写真が、3月下旬からツイッター上に続々と投稿されている。

パリ市は、新型コロナウイルスの感染拡大で清掃作業が遅れていると釈明。

1年後のフランス大統領選への出馬がささやかれるイダルゴ市長は、イメージ回復に苦心している。

141355

パリ市は4月4日、ツイッターに

「中傷キャンペーンだ。古い写真やごみ収集前に撮られた写真もある」

と投稿し、左派のイダルゴ氏に対する右派勢力の嫌がらせだと主張。

「新型コロナにより清掃人員が1割減少している」

と弁明した。

しかし、写真の投稿は止まらず、イダルゴ氏はその後、

「清掃事業に関する区の権限を夏前までに強化する」

と表明。

任期内に市の清掃予算を現行の5億ユーロ(約660億円)から倍増するとした選挙公約の実現を改めて訴え、火消しに努めている。

パリの汚さは以前から指摘されており、日本人観光客が理想と現実の差に衝撃を受ける「パリ症候群」という単語が生まれたほどだ。

市民からは

「ポイ捨てをしないなど、個人の意識改革も必要だ」

と訴える声も上がる。

 


全仏オープン棄権 大坂なおみ

190111_01

517EJHQJZCL

 

 このところ言動がオカシイなぁと思っていたら

  メンタルの弱さをかかえていたんですね

 世の中には

  鉄筋コンクリートのような

  強靭な精神力(ずうずうしさ)

 を持った人もいるのにねぇ

  (^_^;)

 

テニスの全仏オープンに出場している女子シングルス世界ランキング2位の大坂なおみ(日清食品)は5/31、自身のツイッターに

sports_tennis_woman_india

「私が棄権することが大会や他の選手、

 私自身の健康にとってベストであり、

 皆が再びテニスに集中できると思う」

と投稿し、大会を棄権する意向を表明した。

大坂は全仏の開幕前、規則で義務づけられている試合後の記者会見を

「選手の心の健康を無視している!

とし、全仏では会見に応じないことを表明した。

5/30の女子シングルス1回戦で勝利後は記者会見をせず、大会主催者は同日、違反行為を繰り返した場合は大会への出場停止など重い処分を科す可能性があると警告していた。

大坂はツイッターで、優勝した2018年全米オープン後にうつ病となり、心の不調に苦しんでいることを明かし、

2540a990d114aacf296226274a02e57e_600

「私は元々、社交的に話せる人間ではなく、

 世界のメディアと話す際は大きな不安を抱えている」

と説明。

全仏の開幕前に会見拒否を表明したのは

「規則がとても時代遅れのものだと強調したかった」

とした上で、

「今はいくらかの時間、コートから離れようと思っている。

 正しい時期に、選手やメディア、ファンにとってより良い方法を議論するために、

 ツアー(大会側)と一緒に取り組みたい」

とした。

 


英国は中国コロナに勝った!

195004-01

 

 日本も中国コロナへのワクチン接種が

  粛々と進められていますから

 もうすぐ英国のようになるでしょう

  (^_^;)

 

中国コロナのワクチン接種が進む英国は5/17、移動や経済活動の制限を大幅に緩和する。

download

イギリス国内のほかポルトガルなどへの旅行が解禁され、飲食店やホテルは通常営業を再開する。

ロックダウン(都市封鎖)で打撃を受けた経済が活性化するとの期待が高まっている。

旅行の予約はすでに好調だ。

旅行会社トーマス・クックでは、ポルトガルを中心に予約が5月初旬の3倍に増えており、

「旅行需要は力強く回復するだろう」

との見通しを示す。

download7987

博物館などの文化施設や映画館も再開し、日本に関する情報発信の拠点「ジャパン・ハウス ロンドン」では5/17、テキスタイルデザイナー須藤玲子さんの作品と日本の繊維産業を紹介する展覧会が始まる。

英国が中国コロナによる最初のロックダウンに入った昨年3月以降、合わせて約8か月の閉館を余儀なくされ、主にオンラインで情報を発信した。

担当者は

「展覧会が来館する人たちにとって、中国コロナから立ち直り

 社会生活を取り戻す一歩になって欲しいとの思いを込めた」

と説明する。

緩和を支えるのは、順調に進む中国コロナワクチン接種だ。

英国では少なくとも1回の接種を受けた人は5/16現在で約3657万人と、人口の54%を占める。

RTX8WBB7-thumb-720xauto-236454

1月には感染者が1日で6万人を超えた日もあったが、現在は2000人前後に減った。

一方、インドで見つかった中国コロナ変異型が英国でも広がり始め、英国政府は警戒を強めている。

ジョンソン首相(→)は5/14、中国コロナ変異型の感染を抑えることができなければ、6月に予定する全面的な制限解除を延期する可能性を示した。

 


年の差婚殺人事件

202105030000123-w1300_0

須藤早貴と、殺害された資産家「紀州のドン・ファン」野崎幸助さん

wedding_toshinosa_man

いまどき2回り位の年齢差はよくありますが、年の差55歳(4回り半)というのは、かなりスゴイですね

ちなみに文豪ゲーテは、72歳の時に17歳の少女に本気で恋をして、連日のように熱烈なラブレターを送り続け、ついに求婚しました

まさに今回と同じ55歳差!

200px-Goethe_(Stieler_1828)

もちろんゲーテ(→)は当時の超売れっ子作家でお金持ちだし、ドイツを代表する世界的な文豪で、ワイマール公国の宰相も務めた大物だから、そこらのチンピラの求婚とは訳が違う

ゲーテに求婚された少女も驚いたが、少女の両親も、腰を抜かすほどビックリした

sot19102416230006-p1

今の日本で言えば、40歳くらいの両親がいて、その娘(女子高生)に石原慎太郎(←)が熱烈に求婚したような状況を思い浮かべれば、割と近いかもしれない(作家としてのゲーテは、石原慎太郎よりはるかに大物ですが)

ちなみにこの時のゲーテは、あえなく少女に「ごめんなさい」されて失恋しますが、その72歳の失恋体験を、しっかり作品化しています(さすが文豪!転んでもタダでは起きない)

school_sailor_girl2

ゲーテはこの時のことを言われると

「天才には、青春が何度も訪れるのだ!」

と開き直ったのだとか

下衆な想像ですが、この時のゲーテが書いた大量のラブレターは、大変な資産価値だと思うんですけど、どうなったのかな?

なお、この時の少女は、生涯独身だったそうです

「ゲーテに求婚された女」

という変なレッテルが、彼女の結婚に悪影響を及ぼしたのではないか、などと勘ぐってしまいます

あるいは、両親にアドバイスされて「ごめんなさい」したものの、やはり天才ゲーテの熱烈なラブレターは少女の心に決定的な痕跡を残し、その後の人生で、他の男の求婚が詰まらないものに見えてしまったのでしょうか?

<ゲーテのことば>

たいていの人間は、人生の大部分の時間を、生きんがために働いて費やす。

そして、わずかばかり残された自由はというと、それがかえって恐ろしくて、

それから逃れるために、ありとあらゆる手段を尽くす。

 

* * * * * * * * * *

 

20210428-00275874-fnnprimev-000-5-view

殺害された野崎幸助さんと、須藤早貴

紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県田辺市の資産家・野崎幸助さん(死亡当時77歳)を、2018年に殺害したとして、元配偶者の殺人犯人・須藤早貴(25歳)が先月28日に逮捕された。

資産家・野崎幸助さんの遺産13億円が事件の背景にあるとみられており、和歌山県警は関連を慎重に捜査。

殺人犯人・須藤早貴には、資産家・野崎幸助さんの遺産13億円の半分の相続を求める法的権利があるが、展開次第で相続権を失う可能性もある。

田辺市によると、資産家・野崎幸助さんの死後、

「全財産を田辺市に寄付する」

との遺言書の存在が判明。

2013年2月8日付で手書きされたもので、和歌山家裁田辺支部は要件を満たすとした。

田辺市は遺産13億円の受け取り手続きを進めている。

資産家・野崎幸助さんに子どもはいない。

わかやま法律事務所(和歌山市)の岡正人弁護士によると、民法上、遺言内容にかかわらず配偶者である殺人犯人・須藤早貴には「遺留分」として遺産の半分の相続を請求する権利がある。

仮に、資産家・野崎幸助さん殺害の罪で刑罰を受けた場合は

family_isan_arasoi

「相続人の欠格事由」

に該当し、殺人犯人・須藤早貴は遺産を受け取れない可能性がある。

遺言書を巡っては、資産家・野崎幸助さんの兄ら親族4人が2020年4月、無効確認を求めて和歌山地裁に提訴し、現在も係争中。

殺人犯人・須藤早貴は、事件後の任意の事情聴取に、殺人への関与を否定していた。

 


中国包囲網に英仏が参加

large_201221_qe_01

▲英国の最新空母「クイーン・エリザベス」

35260749

 

日本は明治以降、日英同盟を主軸に国際外交を展開し、ロシア帝国による日本侵略を防ぐことが出来ました

日本外交がおかしくなったのは、英米などアングロサクソン系諸国(現在のファイブアイズ)と対立し、「鬼畜米英」などと叫び始めてからです

いま再び英米などの文明国と協力して、野蛮国による日本侵略を防ぐことが急務です

チャイナチス中国共産党は、世界中にコロナウイルスをバラまき、すでに300万人以上の善良な人々を殺しました

万一、中国が日本侵略に成功したら、日本人は全員、中国奥地の不毛な砂漠地帯に強制移住させられ、現在のウイグル人と同じような悲惨な目に遭うかもしれません

((((;゚д゚))))

p06kv3rv

 

英国の最新空母「クイーン・エリザベス」(6万5000トン級)が率いる空母打撃群が、5月中旬に日本周辺海域に来る。

フランスの強襲揚陸艦「トネール」(2万1000トン級)で構成された上陸準備団は、3月に母港を離れて日本に向かって航海中だ。

欧州の戦闘艦が日本周辺海域に集結し、中国包囲網に参加しつつある。

35260748

日本政府筋は4/27、

「フランス上陸準備団が5月に日本国内の

 国連軍司令部の後方基地で補給と整備を受け

 イギリス空母打撃群は9月に日本国内の

 国連軍司令部の後方基地に入港する予定」

と述べた。

国連軍司令部は、日本国内に7カ所の後方基地を置く。

国連軍への戦力提供国は、英国・フランスを含めて計17カ国。

英国とフランスが太平洋に戦闘艦を送るのは、この地域での中国による周辺国への侵略を防ごうとする米国を助けるためだ。

英国防省は空母派遣を通じて、インド太平洋地域で繁栄と安定に深く関与すると意向を表し、今後、英国がこの地域の安全保障を支援すると発表した。

英国の空母打撃群は航海中に、中国が南シナ海で領有権を主張する島の近隣海域を通過する「航行の自由作戦」を実施する予定だ。

376_1

航行の自由作戦(←)」は、南シナ海の通航を通じて、中国の領有権主張に反対する意思を明らかにし、その根拠を残す作戦をいう。

フランス上陸準備団は5月に、日米と連合上陸訓練を実施する。

この訓練は仮想敵国(中国を想定)が侵略した日本固有の領土である無人島(尖閣諸島を想定)を再奪還する内容で構成されている。

米国は、インド太平洋地域に原子力空母「ロナルド・レーガン」と強襲揚陸艦「アメリカ」を配備している。

強襲揚陸艦は、垂直離着陸艦載機を搭載すれば、軽空母として運用できる。

 

4068564_0_155_2500_1508_1000x541_80_0_0_776359030858c35e763d0284a4ec702a

▲原子力空母「ロナルド・レーガン」

 


マスク消えたロンドン

D51CA80967F2422B99BD91B162473A37_LL

fish_tai

 

 さすが 腐っても鯛

  落ちぶれても 大英帝国

やっと中国コロナの死者数が 日本と同じくらいまで減りました

 (^_^;)

 

英国やイスラエルで、中国コロナのワクチン接種が進み、感染者数が大幅に減少している。

英国は欧州連合(EU)に縛られずワクチンの調達や承認を独自に進め、昨年12月から日米欧に先駆けて使用を開始した。

医療資格のないボランティアに研修を経て注射を任せる措置をとるまでして接種を進めた英国の取り組みは、日本など感染抑制に苦しむ各国にも参考になる。

詳細はここをクリック