木曜日, 29 of 9月 of 2022

Category » お台場

さよならアンミラと観覧車

70424626_p0_square1200

 

もともと、ややオワコン化していたお店やサービスが

 コロナをきっかけに営業終了しています

それなりに歴史があり、ファンもついていたことから

 別れを惜しむ人も多いです

  (^_^;)

 

o0775108014955830360

 

35261161

 

あの壇蜜さん(←、本名:斎藤支静加)も、若いころ(今でも若いですが、もっと若いころ)アンナミラーズ駒沢店でバイトしていたそうです

駒沢店のしずかちゃん」として有名だったとか

残念ながら、アンナミラーズのユニフォーム姿の写真は見つかりませんでしたが、デビュー直前の写真(↓)がありました

 

5a36538e

 


女子アナ戦国時代

35260944

▲クジパン久慈暁子アナ(27)

youtuber_virtual

 

 若い視聴者がドンドンYoutubeへ流れ

  「オワコン」となったテレビを見ているのは

 後期高齢者だけ、などとも言われてます

  そのせいでテレビ局の広告収入は激減し

 特にフジテレビは、真っ先に経営危機のようです

  (^_^;)

 

o0768051214245148218

フジテレビ(→)入社時には

局の救世主!

と言われたクジパン久慈暁子アナ(27)が、わずか5年でフジテレビから独立することになるという。

久慈暁子アナの退社理由について、フジテレビ関係者は、

「決め手は例の『ステマ騒動』です」

と声を潜めて明かす。

フジテレビの女子アナ数名が、美容院での無料サービスと引き換えに、SNSでの宣伝に協力していたとされる一件のことだ。

2021年の春頃から指摘が相次いだことで、久慈暁子アナも同年6月、自身のインスタグラムで謝罪する事態へと追い詰められた。

otaku_girl_fashion

「フジテレビ内でステマが問題視され始めても、久慈暁子アナは最後まで

『やましいことは何もない』

『紹介されて1回行っただけ』

と猛反論していた。

結局、謝罪させられる際も

『納得いかない!』

『やってられない!』

と不満タラタラ。

1280849

ブチギレ退社ですね。

退社時期についてはプライベートで親しい加藤綾子(36、→)に相談していた様子で、学生時代に所属していたモデル事務所への出戻りが濃厚となっています」(フジ関係者)

心機一転、タレント展開に打って出ようというわけか。

この事態が、先に待ち構える「フリーアナ戦国時代」の号砲になると言われているのだ。

詳細はここをクリック

 


プチ・レインボーブリッジ竣工

unnamed

 

 東京港のシンボルである

  レインボーブリッジが竣工したので

 記念に山手線を走らせました

 本物は白ですが、地味なので赤と緑で塗りました

なお本物の山手線は、レインボーブリッジを走りません

(^_^;)

 

▼本物のレインボーブリッジ

a97becc2-d1dc-4058-8e42-4198e2fd35b6

 

▼コロナ蔓延中は赤くライトアップされていた

5ed6f1ec300000e6251572c0

 

▼本物の山手線

top_image

 

▼現在は下のような新型車両に置き換わっています

横幅が広がって、中が少し広くなりました (^_^;)

RPNp20200421-145337_03

 

プチ電車へ

 


中国コロナ ピークに達した

583546229

iryou_jujisya_jimu

 

 医療リスク至上主義でやってたら

  経済や社会は崩壊してしまいます

 リスク間のトレードオフを考えた

  現実的な対応が必要です  (^_^;)

 

新型コロナウイルスに関する日本感染症学会のシンポジウムが8/20、東京都内で開催された。

日本政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長らが、感染拡大の現状などについて見解を明らかにした。

e8c33ea5-a123-4370-8d0d-8663d692b729

尾身茂会長(→)は

「全国的に見ると(中国コロナの感染拡大は)

 だいたいピークに達したとみている」

との認識を示した。

同分科会メンバーの押谷仁・東北大教授も

「大都市で数万人が死亡し、医療が崩壊するといった

 最悪のシナリオの可能性は低まってきた

と指摘。

ただ、接待を伴う飲食店を中心としたリスクについて、さらに低減させる必要があるとした。

また尾身茂会長は、クラスター(感染者集団)の発生が続く中、

「どんなに注意しても現状では、完全な感染予防は不可能だ

「こういった状況では不安が生じるが、心の持ちようや

 対処方法を考えておき、冷静に対応することが重要だ」

と述べた。

その上で

「新型コロナの実態は、この半年でかなり分かってきた。

 クラスターが見つかることは不安ではなく、

 制御できる機会の発見で安心につながると考えてほしい」

と提言。

さらに国に対し、医療機関への人的、財政的な支援を迅速に行うことなどを求めた。

押谷氏は今後の社会のあり方について

「全ての場でリスクゼロを求めると、

 社会や経済の活動を著しく制限せざるを得なくなる。

 新型コロナを正しく評価し、どこまでリスクを許容するかについて

 社会のコンセンサス(同意)を得ていくことが必要だ」

と指摘した。

 


お台場夜景散歩&焼肉ライク

015
041

詳細はここをクリック