日曜日, 7 of 3月 of 2021

Category » 32【健康管理】

読書 ものぐさ精神分析

51OsiYdqalL._SX356_BO1,204,203,200_

この本を初めて読んだのは20年以上も前だが、読み始めたとたんにグイグイ引きづりこまれて、正続あわせて800ページ以上、ほぼ一昼夜で読み切った記憶がある(余りにも面白くて面白くて、興奮して夜も眠れなかった)

冒頭に

「フロイド理論は

 何よりもまず

 社会心理学である」

とある通り、個人の深層心理がいかに社会現象として現出するかを主に扱っている(著者は、フロイではなくフロイと表記している)

つまり、毎日のニュースに現れるような社会現象や歴史上の事件を、フロイト理論の立場から、バッサバッサと切りまくる、その分析の切れの鋭さが実に痛快なのだ

本当の発見とは、まったく未知の存在を発見することではなく、今まで何気なく見ていた存在(世界)がまったく違って見えるような、そんな斬新な視点の発見であると言われるが、まさにそれを体験できる

しかもそれは、どうでもいいような世界の話ではなく、自分自身の一回限りのかけがえのない人生の生き方に深く関わって来るのだから切実感がある

著者は自分の立場を「唯幻論」と呼んでいるが、

「この世のすべては、幻(まぼろし)である」

という考え方は、日本人の考え方や生き方に合っているようにも思えるし

「人間は、本能が壊れた動物である」

という主張は、人の心の闇を解析する上で実に示唆に富んでいる

jewish_hasidism_man

20世紀の天才による三大理論というと、アインシュタインの相対性理論、マルクスの共産主義理論、そしてフロイトの精神分析理論というのが定番とされている

この3人がすべてユダヤ人というところに、ユダヤ人のすごさが感じられる

フロイト理論は創始から100年以上が経過し、新しい学説による様々な批判も受けているが、人の心の闇を解析するための最も基盤となる理論としての重みは変わらないように思える

フロイト理論をより高い視点から批判したと主張する同時代の学者に対して、フロイトは

「巨人の肩の上に乗った小びと」

と手厳しく反論している

ピュアなフロイト理論なら、フロイト自身の著作に当たるのが良いのかもしれないが、フロイト理論を楽しく学ぶなら、本書は超オススメです!

(^_^;)

 

Orion_aveugle_cherchant_le_soleil

▲ギリシア神話の盲目の巨人オーリーオーンと

その肩の上に乗る小びとケーダリオーン (プッサン、1658年)

toilet_study_man

 

このところ書評(読書感想文)が少ないのは、関心が一時的に別のことに移ってサボっているからです

読書そのものは続けていますし、今までも読んだ本のすべてに書評を書いていた訳ではありません

また気が向いたら、バリバリ書評も書きますね

(^_^;)

 


相馬亘 再逮捕 殺害予告

computer_net_stalker_man

 

余りにも馬鹿馬鹿しい犯行動機ですが、よほどストレスがたまっていたのでしょうか?

動画を見ると、目が何となく変ですし、背後にシステム開発業界の過酷な労働環境の闇を感じます

どうせ実名報道されて有名になったのだから、この際、その闇があるのなら、思い切りぶちまけて欲しい!

 (;´Д`)

 

インターネット上の掲示板に「ダウンタウン」松本人志への殺害予告を書き込んだとして、東京・三鷹市のシステムエンジニア・相馬亘(25)が、脅迫などの疑いで、警視庁に再逮捕されました。

相馬亘は先月、インターネット上の掲示板で、「ダウンタウン」の松本人志と家族の殺害を予告する内容を書き込んだ疑いが持たれています。

相馬亘は吉本興業の養成学校に対しても、「爆弾を仕掛けた」などと複数回投稿していたということです。

相馬亘は、お笑いコンビ「おぎやはぎ」の2人に対して殺害予告を書き込んだとして、2/3に逮捕されていました。

相馬亘は容疑を認めたうえで、

「騒ぎを起こせば自分を無視できなくなるだろうと思った」

などと供述しているということです。

 

 

 


さっそく偽ワクチン

clm1905280005-p1

iryou_chusyaki

 

 世界中に凶悪ウイルスをバラまき

  それの偽ワクチンで大儲け

 さすが国のトップが大ウソ付きの中国

  下々の人民も似たようなことをします

 ((((;゚д゚))))

 

中国コロナウイルスの偽ワクチン事件と関連し、中国司法当局が大々的な取り締まりに入った。

偽ワクチンを製造して販売するなど関連犯罪にかかわった中国人犯人には、即時逮捕し裁判にかけることにした。

usotsuki-1-1-1

中国国営新華社通信が2/15に伝えたところによると、中国最高人民検察院は2/10までに関連犯罪21件で中国人犯人70人を逮捕したと明らかにした。

中国人犯人は、昨年8月からホテルや賃貸住宅などで生理食塩水を使用して偽ワクチンを製造した。

中国人犯人はインターネットを通じてワクチン注入方法と包装方法などを学んだ後、準備した注射器に食塩水を入れて偽ワクチンを作った。

犯罪規模が大きくなると中国人犯人の親戚まで動員して大量生産に乗り出し、その後食塩水まで不足するとミネラルウォーターを代わりに使ったりもした。

 

bakudan_hatsugen_man昨年11月に公安に逮捕された当時、中国人犯人らは約5万8000回分の偽ワクチンを製造・販売したことが明らかになった。

この過程で中国人犯人は、1800万元(約2億9410万円)に達する違法な利益を得ていた。

中国最高人民検察院は、中国人犯人が偽ワクチンを海外にまで輸出し、中国のイメージを傷つけたと指摘した。

一方、中国公安当局は今月初めに首都北京と江蘇省、山東省一帯で違法流通する偽ワクチンの取り締まりに乗り出し、3000回分以上の量を摘発したほか、製造・販売に関与した中国人犯人80人余りを逮捕した。

中国人犯人は、偽ワクチンをウィーチャットなどを通じ、高額で販売してきたことがわかった。

 


ワクチン接種はじまる

35260696

▲ワクチン接種を受ける国立病院機構東京医療センター院長の新木一弘(左)

2/17午前8時57分、東京都目黒区で

medical_yobou_chuusya_man

 

 医療従事者の次は高齢者

  今年中に65歳になる人も

 高齢者なのだそうですよ

  (^_^;)

 

日本国内初となる中国コロナウイルスワクチンの接種が、2/17始まった。

医療従事者への先行接種で、まずは約4万人が対象になる。

この日は午前9時頃から国立病院機構東京医療センター(東京都目黒区)で、全国の医療機関に先駆けてスタートし、所属する医師らが接種を受けた。

 

660_bit202003031151240734-1-1

 


読書 フランケンシュタインの城

81g-kcRg85L

大学時代、工学部だったので、「意味の欠乏」に悩んだ記憶がある

工学部は、科学技術を用いて世の中を変革するための方法を研究をする場所だ

そこでは主に「方法」が議論され、「意味」はほとんど議論されない

方法の議論とは、HOWの追求(方法論)であり、そのためには世界の成り立ちを「原因と結果」の連鎖として解明し、その一方の究極は宇宙成立のビッグバンにまで及ぶ

意味の議論とは、WHYの追求(意味論)であり、世の中を「目的と手段」の連鎖として解明し、広くは人類や宇宙の存在にとって、狭くは自分ひとりにとっての、存在や行動の意味(価値)の中身を明らかにしようとする

毎日、詳細な工学的方法論を頭に詰め込んでいると、「いったい、これらは何のためにあるのか?」ということが気になってくるのだが、そのような哲学的な意味論は自然科学の対象外であるとして、工学部では余り議論されないことになっている

という訳で、若かりし私は、「意味の欠乏」に悩んだ

まったく同じような生活環境や状況に置かれていても、そこを天国と感じている人もいれば、地獄と感じている人もいる

「天国は人の心の中に存在する。地獄もまた同様である」

と言われるが、まったくその通りだ

毎朝目が覚めると、今日もまた天国のような世界で活動できることに喜びを感じ、ワクワクしながら生きている人がいる

毎朝目が覚めると、今日もまた地獄のような一日かと感じて、会社や学校へ行くのにもウンザリして、生きることに何の喜びも興味も感じない人がいる

ishiki_takai_man

世界の受け止め方における、この大きな違い(天国と地獄の違い)を生じさせているものは、いったい何だろうか?

言うまでもなく、それは人の心(脳)であり、「意識」と呼ばれている

本書は副題にもある通り、その意識のメカニズムを明らかにしようとしており、これは著者コリン・ウイルソンが生涯をかけて追及したテーマでもある

(^_^;)

 


このハゲー!

kotoba_bouryoku_mw

 

 「このハゲー!」で一躍有名になった

  「暴言議員」の豊田真由子さんが

 中国コロナワクチンについて発言しています

もともと公衆衛生が専門で、なかなかのキャリアです

(^_^;)

* * * * * * * * * *

中国コロナウイルス感染症の収束に向けた鍵のひとつは、ワクチン接種です。

しかし、日本の国産ワクチン開発はなかなか進んでいません(行われてはいます)。

そして、購入を約束していた海外メーカーの中国コロナワクチンは、(当然に予想されたことではありますが)世界で争奪戦の様相を呈しております。

中国コロナワクチンが日本国内に入ってくるのは、当初の予定より大幅に遅れることが判明しました。

こうした中で、

「日本は世界有数の科学技術・経済大国であるはずなのに

 どうして、国内で中国コロナワクチンが製造されず

 輸入に頼らなくちゃいけないの?

 国や国内のメーカーは、何をしているの?」

というご質問を受けます。

実は、これには、歴史的経緯に基づく、日本の特異な事情があります。

物事は、なんでもそうだと思いますが、「ある特異な状況が生じるには、相応の理由・背景があり、その状況を解決するためには、その理由・背景がなんであるかをきちんと知り、そこから根本的に対応していく必要がある」と思いますので、そこを明らかにしていきたいと思います。

d06cc4ff5257bf5a5f8fd3942b716c44_300px

豊田 真由子

1974年生まれ、千葉県船橋市出身。

東京大学法学部を卒業後、厚生労働省に入省。

ハーバード大学の大学院へ国費留学、理学修士号(公衆衛生学)を取得。

医療、介護、福祉、保育、戦没者援護等、幅広い政策立案を担当し、金融庁にも出向。

2009年、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官として、新型インフルエンザパンデミックにWHOとともに対処した。

衆議院議員2期、文部科学大臣政務官、オリンピック・パラリンピック大臣政務官などを務めた。

詳細はここをクリック

 


自炊警察

10bdd5c07c1161b2ea19695d96c4a661

figure_tekken1_seigi

 

世の中には、自分に対する怒りが充満しているだけなのに

 自分は「正義の人」だと信じている変な人がいて

その怒りを吐き出す機会を、虎視眈々と探しています

 そんな「正義の人」がいま、マスク警察や自炊警察になって

2017022400031_1

関係ない人に対して、自分の深層心理の怒りを爆発させ

 詰まらぬ正義感(自己満足)に酔っているようです

そのうち

ぜいたくは敵だ!」(→)

「欲しがりません、勝つまでは!」

とか言い出す「正義の人」が登場するかもしれません

((((;゚д゚))))

 

* * * * * * * * * *

 

非常事態には、人間の本性が炙り出されるものだ。

コロナ禍も例外ではない。

緊急事態宣言発令で、飲食店が時短営業になり、外食に制限が設けられたいま、あかの他人に「自炊しろ!」などと自分の価値観を押しつける 自炊警察 (じすいけいさつ)が登場して社会問題になっている。

とはいえ、外食を否定して自炊を強要する「自炊警察官」は、コロナ禍で急に現れたわけでもない。

2020年、ツイッター上で

「総菜コーナーで小さな子供を連れた女性が、見知らぬ高齢男性に

 『母親なら、ポテトサラダくらい、作ったらどうだ!』

 と言われているのを目撃した」

という投稿がされ、テレビのニュース番組でも取り上げられた。

ポテトサラダは一見簡単そうに見えるが、工程が多く、実は手間のかかる料理だ。

それを「ポテトサラダくらい」と言うのだから、その男性は料理経験に乏しい人だったのかもしれない。

20210204ds72_p

お笑いタレント・ロンドンブーツの田村淳(47才、→)はラジオ番組で「自炊警察官」に対し、こう語った。

「他人のライフスタイルに物申す人(自炊警察官)

 いるじゃないですか。

 『自炊しろ! 自炊すればいいじゃないか!』

 っていうの振りかざしてくる人、怖くないですか?

 ホント『自分の価値観押しつけ派』ですよね」

「自炊警察官」や「ポテトサラダおじさん」を突き動かす原動力(深層心理)は何なのだろうか?

生活史研究家の阿古真理はこう分析する。

「外食はハレの場ととらえられる傾向があります。

 自炊を強要する自炊警察官には、

 『いまは楽しんではいけない!』

 という意識があるのかもしれません」

 


会長、ここはキャバクラじゃありませんよ

35260685

▲森喜朗と池江璃花子 まるで銀座のクラブ

oldman_haikai_man

 

 83歳ですから、もうたぶんボケてますね

 本人には何の悪気も差別意識も無さそう

 幼児のように天真爛漫に放言してるだけ

 この人は政策策定能力はゼロに近いが

 元ラグビー選手で、後輩への面倒見がいい

多くの後輩政治家が「森さんには世話になった」と義理を感じている

だから面と向かって「辞めろ!」とは、なかなか言えない空気がある

download

真珠湾攻撃の直前に「この戦争は無茶だ!」と誰も言えなくなった空気に似ている(そして310万人が死んだ)

とにかく調整役が重要なプロジェクトでは便利な存在なので

「神輿(みこし)は軽くてパーがいい」

という訳で、かつぎ上げられて東京五輪のトップになった

海外にはあまりいない、人間関係至上主義の日本独特の政治家

正確には政治家と言うより「人間関係調整屋」とでも呼ぶべきか

(^_^;)

 

* * * * * * * * * *

 

東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長・森喜朗が2/4、都内で取材に応じ、女性蔑視発言について「おわびしたい」と陳謝し、発言を撤回した。辞任は否定した。

森喜朗は2/3の日本オリンピック委員会(JOC)臨時評議員会で

「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」

などと放言。

女性参画の時流に逆行する舌禍で国内外からバッシングされていた。

といっても、森会長は〝失言王〟で知られ、特に女性蔑視は強いとされる。

2092685_201706190753504001497856222c

過去には2014年2月、ソチ五輪のフィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)で浅田真央さん(→)が転倒して16位発進となったことに

「大事な時には必ず転ぶ」

とぶちまけている。

ほかにも、競泳女子の池江璃花子(20=ルネサンス)を強引に同席させて周囲をドン引きさせたことがあった。

2019年1月、都内で電通の新年会があった。

政財界やスポーツ界、芸能界などから4000人ほどの関係者が出席。

五輪を通して電通と太いパイプがある森喜朗、そして当時は白血病を公表する直前の池江の姿があった。

「森会長は電通の人と懇談していましたが、

 池江選手の姿を見かけるや『ここに座って!』と声をかけ、

 自分の左隣に座らせたんです。

 しかも結構、強引に(苦笑)」(出席者の一人)

池江は当時、東京五輪の金メダル大本命と評されたトップスイマーだったが、組織委のドン森喜朗から〝指名〟されれば断りきれないだろう。

出席者は一様に

「会長、ここはキャバクラじゃありませんよ」

と本人に聞かれないよう陰で笑っていたという。

 


中国コロナ死者数の推移

35260683

sick_kansensyou

 

いつも申し上げている通り、感染数というのは検査体制によって変わりますから、確かな数字は死者数だと思ってます

それで世界の典型例として、米国、日本、タイを選んで、中国コロナによる死亡状況を見てみることにしました

縦軸は対数目盛ですから、高さが少し違うだけで、天国と地獄の違いになります

米国は世界最悪、すでに40万人以上が亡くなり、第二次大戦の死者数を超えています

日本と違って国民皆保険ではないので、感染しても医者にかからずに亡くなる人が多いのかもしれません

あるいは全く推測ですが、今回の中国コロナウイルスが、チャイナチス中国共産党による生物兵器だとすると、白人が重症化するように兵器開発をしたのかもしれません

日本のグラフは、第2波、第3波がハッキリと出ています

最初は100万人当たりの死者数が10人に収まってくれればと思っていましたが甘かった

今は100人以内に収まるかどうかの瀬戸際(つまり、死ぬのが1万人に1人)

毎年インフルエンザで数千人が亡くなってますから、100人以内(日本全体で1万人余り)なら、例年水準に何とか収まります

kaisya_atsui_woman

タイが中国コロナ対策に大成功しているのは、いろいろな要因が考えられますが、とにかく暑いというのが考えられます

いま現在もタイの気温は日中30度を超えてますから、中国コロナウイルスが暑さに弱い可能性は大

だとすると、日本の夏はタイより暑いので、夏になれば中国コロナが終息するかもしれません

(^_^;)

 


読書 うつうつひでお日記

41QfL6FdeIL._SX357_BO1,204,203,200_

女子高生風ロリコン少女漫画の元祖として一世を風靡した吾妻ひでおの2004~2005年(54歳ころ)の日記

人生の後半に躁うつ病(双極性障害)が悪化し、さらにアル中、不眠症、頭痛腰痛などで創作意欲が減退して、商業マンガ雑誌の連載が激減し、うつ状態による無力感と貧困にあえいでいた

そんな悲惨な毎日を、淡々とユーモラスに日記にしたためている

好きな時間に寝て、好きなもの食べて、好きなことだけして、好きな人とだけ会ってる毎日なので、はたから見たら快適な毎日のようだが、うつ病なので内面はかなり苦しい

ふつう、うつ病になると何もしたくなくなるのだが、本だけは毎日読んでいるので、読書欲は衰えなかったようだ

断腸亭日乗に限らず、日記を読むというのは、他人の生活や心の裏面を見るような背徳的な楽しみがあるのだが、この日記は余り格好つけたり創作したりせず、セキララな毎日を描いていて非常に面白い

unnamed

抗うつ剤、精神安定剤、睡眠薬、鎮痛剤に頼る生活が続き、自殺未遂をしたり、数か月に及ぶ失踪(ホームレス生活)をしたりする

ホームレス生活中の日々を書いた日記が「失踪日記」として2005年に出版されて大ベストセラーになり、人気漫画家として復活する

2019年(69歳)に食道がんで死去

(^_^;)

 

35260678

▲躁うつ病、アル中、不眠症、頭痛腰痛に苦しむ

 

35260679

▲たびたび幻覚を見るようになる

 

35260682

▲女子高生風ロリコン少女漫画の元祖だった

 

35260676

▲アル中仲間の中島らもの死には、大ショックを受けた