月曜日, 25 of 10月 of 2021

Category » メンタルヘルス

イライラ対処法

office-kenka

hyoujou_text_man_punpun

 

ある会社での出来事なのですが、会議で意見が鋭く対立して非常に険悪なムードになり、今にも殴り合いになりそうになった時、一人の出席者が、こう言ったのです

  「そろそろ、メシにしませんか?」

ちょうどお昼ごろだったので、ランチを食べて、また会議室に戻ったときには、さっきの険悪ムードは消えていました

d46074c840021a9480b6a3aeafc238f5

おなかがいっぱいになって、眠くなったのもあるかもしれませんけどね

以下、ネットで人気者の「ひろゆき」さんが、イライラの対処方法について語っています

(^_^;)

 

35260898

 

みなさん、毎日のように誰かに対してイライラしているのではないでしょうか。

特にコロナ以降、SNS上は、つねに誰かが炎上している状態です。

有名人や芸能人、政治家、起業家の発言が、つねに切り取られて、「けしからん」「許せない」という怒りが飛び交っています。

おそらく、人間はイライラしない性格に生まれ変わることは、できません。

どんなに温厚そうに見える人でも、1人きりでスマホを見て、炎上している発言を見ると、「イラッ」としたりするはずです。

つまり、そういう脳の性質とうまく付き合っていく対処法が必要なのであって、「気にしなければいいじゃん」というアドバイスは効かないはずです。

だって、気になるんだから(笑)。

web-148991137

ということで、イライラしたときの対処法を見ていきましょう。

有名なアンガーマネジメント法は、「6秒間我慢すること」だと言われています。

ついカッとなった衝動も、6秒間、グッと堪えて深呼吸をすると静まるそうです。

とはいえ、これもなかなかとっさにはできないものです。

それに、イライラしたことは頭の中で何度も反芻してしまうので、毎回、6秒間を耐えないといけなくなります。

それって、ものすごくストレスですよね。

僕が考える対処法は、とてもシンプルです。

イライラするのは、「おなかが空いているから」です。

だったら、ごはんを食べると解決します。

syokudou

とはいえ、まだお昼休みではなかったり、夕食まで時間があるときもあるかもしれません。

しかし、頭の中で「イライラしてきた。空腹の合図だな」と考えることは誰でもできます。

そうしたら、次は、「じゃあ、何を食べようかな」と考えをシフトしていけばいいのです。

そうしているうちに6秒が経っているはずです。

スマホを開いて、イライラしたら、すぐに「空腹のこと」を考える。

それだけです。

そして、食事をしているときや満腹になったら、人間は、イライラが静まります。

さっきまでイライラしていたことも、なんとなく笑って済ませられるようになっています。

 

* * * * * * *

kenka_couple

 

 この方法は、夫婦ゲンカにも使えそうです

  何となくムードが悪くなってきたら

 とりあえず一緒に何か食べましょう

  (^_^;)

 


大量射殺犯ブレイビク

35260897

アンネシュ・ベーリング・ブレイビク(Anders Behring Breivik)

ノルウェー大量射殺テロリスト  1979年2月13日オスロ生まれ

figure_tekken1_seigi
正義の人」というのは、自分自身の正しさを確信(狂信)する余り、非常に極端な行動に走る傾向があります

人類の長い歴史の中で行われた、大量殺人などの残虐な事件は、たいてい実行犯が「正義の人」です

言っていることは、「正義の人」なりにスジが通っているのかもしれませんが、やっていることは滅茶苦茶です

 ((((;゚д゚))))

 

2011年7月22日、ノルウェーの首都オスロの近郊にあるウトヤ島では、ノルウェー労働党青年部の集会が行われ、10代の青年約700人が参加していた。

download

大量射殺犯「正義の人」ブレイビクは、タクシーでウトヤ島の近くまで行った後に、警察官の制服を着て、ボートでウトヤ島に上陸した。

直前に起きた爆破テロ捜査を口実に、集会参加者を整列させ、午後5時頃より銃を乱射した。

大量射殺犯「正義の人」ブレイビクは、確実に殺せるよう、各人に2発ずつ撃ち込んで殺していった。

ウトヤ島では、69人が殺害された。

島にいた青年たちの中には、大量射殺犯「正義の人」ブレイビクの乱射から逃れるために、島から泳いで脱出する者もいた。

死因のうち、2人は銃撃を受けておらず、溺死によるものであった。

ノルウェーは死刑を廃止しており、大量射殺犯「正義の人」ブレイビクに宣告される最高刑は、テロ関連罪を適用した場合、懲役21年。

2012年8月24日、大量射殺犯「正義の人」ブレイビクは、懲役21年を宣告された。

2018年、映画『ウトヤ島、7月22日』(↓)が公開された。

 

nanmin_family_smile

 

大量殺人犯「正義の人」ブレイビクは、

EUの多文化主義(移民受け入れ政策)に反対していた。

下は大量殺人犯「正義の人」ブレイビクが、日本などの移民受け入れに消極的な国に言及した部分:

* * * * * * *

日本や韓国は一貫して、露骨に多文化主義を抑圧する国の、極めて克明な例だ。
Japan og Sør-Korea er mye klarere eksempler på i-land som konsekvent og svært direkte avfeide multikulturalismen.

大量の移民が、単に特定のマルクス主義の教理と非常に稀な経済的あるいは文化的特権の結果に過ぎないということを明確に立証した国家であり、日本や韓国に言及するなら、多文化主義というのは非常に当惑するものだ。
Multikulturalister blir svært brydd når du nevner Japan og Sør-Korea da disse nasjonene beviser helt åpenlyst at
masse-innvandring kun er et resultat av spesifikke Marxistiske doktriner og svært sjelden økonomisk eller kulturelt gunstig.

passport_5731

日本や韓国には国境があり、国境守備隊があるため、パスポートを持たない者は国境を越えることができない(欧州は、この事実を50~60年代にすでに知っていた)
Japan/Sør-Korea har en grense og grensevakter. Om man mangler visum blir man nektet passering… (Europa hadde visst denne ordningen før 1950-1960)

非常に興味深い疑問があるが、なぜ日本人や韓国人は、ナチスやファシストのような悪魔ではないのか?
その答えは、すでに我々は知っている…
Det interessante spørsmålet blir jo; hvorfor blir ikke Japanere og Sør-Koreanere demonisert som nazister og fascister?
Svaret vet vi…

(中略)

images

古典的多文化主義は麻薬のような宣伝だ。一体グローバル化と現代化がイスラムの大量移民と何の関係があるというのか?
Klassisk multikulturalistisk propaganda. Hva har globalisering og modernitet å gjøre med masse-Muslimsk innvandring?

日本や韓国について聞いたことがあるだろうか?これらの国は、70年代に多文化主義を拒否したにもかかわらず、非常に成功的な現代的体制を持っている。
Og du har kanskje ikke hørt og Japan og Sør Korea? Disse er suksessfulle og moderne regimer selv om de forkastet multikulturalisme på 70-tallet.

だからといって、日本人や韓国人たちが悪魔だと言うのか?
Er Japanere og Sør-Koreanere nisser?

(中略)

多文化主義体制を拒否した西側諸国には、日本、韓国、台湾、フィンランドの一部だけがある。
De eneste “vestlige” nasjonene som nektet å implementere multikulti var Japan, Sør-Korea, Taiwan og delvis Finland.

halloween_chara6_majo

日本、韓国、台湾は、欧州人ではないため、EUと米国の魔女狩り軍からも保護されている。
Japan, Sør-Korea og Taiwan har sluppet unna EU/US sin heksejakt fordi de ikke er Europeere.

もし彼らが欧州人だったら、ナチスやファシストのように人種差別主義者として悪魔扱いされただろう。
Om de hadde vært Europeere hadde de blitt demonisert som Nazister, fascister og rasister.

(中略)

46401149-韓国・北朝鮮、台湾・中国に日本地図

日本、韓国、台湾は、多文化主義の実践を拒否した(いまだに単一文化を持っている西側の国々だ)
Japan, Sør-Korea og Taiwan nektet å implementere multikulturalisme (som de tre eneste vestlige land som fortsatt har monokulturalisme).

彼らは「社会的結合」が社会調和と同義語だと主張している。彼らは、欧州のこの見慣れない実験(移民受け入れ)に対して驚愕している。
De argumenterte for at “societal cohesion” er ensbetydende med harmoni innenfor et samfunn. De ser fortsatt med forundring på dette merkelige Europeiske eksperimentet.

映画「ウトヤ島、7月22日」へ

 


巨大物恐怖症

0efce6b9-s

▲世の中には「巨大物恐怖症」という人がいて

上のような写真を見るとブルっちゃうそうです  (^_^;)

 

f06c2750-s

▲これで1枚の写真です

 

5bcf602c-s

この~木 なんの木~♪

 

baa123e5-s

▲これは巨大物恐怖症だけでなく

高所恐怖症の人もブルっちゃいそう  ((((;゚д゚))))

pose_koshi_nukeru_kowai_man

 

恐怖という感情は、人間の生存維持に深く関わっており、心の深いところに根差しています

人間に何かを強制したいとき、恐怖心に訴えるのが一番手っ取り早いので、中国や北朝鮮のような独裁国家では、支配者がよく使います

ヘビとかゴキブリを怖がる人は非常に多いので、あえて「恐怖症」とは呼びませんね

kyoufusyou_kousyo

一番ポピュラーなのは「高所恐怖症」でしょうか?

「対人恐怖症」とか「閉所恐怖症」も割とメジャー

「巨大物恐怖症」は、ややマイナーな方の恐怖症だと思います

私は、恐怖症と呼ぶほどではないかもしれませんが、リアルな地形図(↓)を見ると、何か不安な気持ちになります

(^_^;)

 

35260893

 

35260894

 


花森弘卓の「一方的な恨み」

img_29cbd20db63c503360ce08b17d1b6fd924306

taiho

 

 工藤会が裁判官を襲った「裏社会 vs 司法界」という

  日本社会を揺るがす大事件かと心配しましたが

 アホな発達障害野郎による逆恨み事件と分かって

  エラく矮小化しましたが、ホッとしています

(^_^;)

 

白金アシッドアタック事件(硫酸ぶっかけ事件)の犯人、花森弘卓(ひろたか)が、8/28に沖縄県内で逮捕された。

urami_woman

硫酸をぶっかけられた被害者(22)は、花森弘卓(25)とさほど親しい間柄ではなく、過去

「年下なのにタメ口をきいたことでトラブルになった」

とも警察に話しており、被害者は一方的な恨みを買ったとみられている。

ふつうの日本人から見ると

「なんでそんなことをいつまでも」

と思うが、母親が中国人という花森弘卓は、信じられないほど超シツコく、被害者を恨み続けた。

世界的に見ると、日本人は割とサッパリした気質で、敵が亡くなっても「いい人だった」などと言うが、中国人は敵が死ぬと、墓を掘り返してでも恨みを晴らそうとする。

そんな花森弘卓は、Aさんの職場を丹念に割り出し、今年7月には赤坂見附駅からAさんにつきまとい

「お前はオレをバカにしてたよな!」

と凄んでみせた。

ちょっと普通の日本人には理解できない、異常なシツコさ(粘着性)である。

詳細はここをクリック

 


家具屋姫 兵を語る

35260858

internet_school_e-learning_woman

 

家具屋姫さんが研修の講師をするそうです

  「自分は名経営者だが

   部下がついて来れなかった!」

とか本気で思っているのでしょうか?

  日本のビジネス史に残る無能経営者の代表

と言っても過言ではありません

o0480036113974131664

ふつうの人なら、もう表立った場所には姿を見せないようにすると思うのですが

ヒロユキさんから

「自分の馬鹿を自覚してない活動的な馬鹿が一番怖い」

と酷評されただけのことはありますね

(^_^;)

 

title_s

日経BP社主催セミナー「日経トップリーダー大学」。

講師には、あの「家具屋姫」大塚久美子(53)の名がある。

あの大塚久美子を“名経営者”の1人として講師に招くというのだから、ネット上では

  「ギャグではないのか?」

  「炎上商法か?」

とザワついている。

日経トップリーダー大学の受講費用は、一般価格が145万円(税込)である。

経済部の記者は言う。

presentation_kaigi_woman

「私大文系の1年間の学費よりも高いですね。

 そこに大塚久美子を講師に呼ぶなんて、

 冗談にしてもシャレにならない

 大塚久美子が大塚家具の社長時代にやろうとして

 成功した例は一つも無いと言っていい。

 一体何を語るというのでしょうか?」

 

6年前、大塚家具の社長になったころの動画です

 


映画 アニーホール

35260842

 

1977年の作品だから、44年前の作品ですね

いま85歳(←)にして、スキャンダルまみれのウディ・アレンの、41歳の時の作品で彼の代表作

昔見た映画をまた見ると、懐かしい気分になるもんですが、この作品には特にそれを感じます

ダイアンキートンの衣装が、今みても古さを感じない

この2年前(1975年)に、サイゴン陥落してます

taiyonoto110519

日本が1970年に大阪で万博やって、高度成長最後のお祭りしてたころ、アメリカはまだベトナムで泥沼の戦争してたんですね

アメリカって、アジアや中東、中南米に親米政権つくっても、ほとんどウマくいってない

すぐに汚職などで腐敗堕落して独裁政権になり、崩壊してしまう

たまたま第二次大戦で日本に勝って、日本にアメリカ型の民主主義を導入させて、それが非常にうまくいったから味をしめて、それを他の国でもやってみたけど、気の毒なくらい失敗つづき

war_senkan_kuubo

日本は戦争に負ける前からガッチリした官僚制があり、教育も行き届き、世界で最初に空母を作っちゃうほどの先進国だったので、たまたま非常にうまくいっただけ

台湾、韓国がそこそこ何とかなったのも、日本併合時代に、それなりに社会が統一化されて、インフラや教育をちゃんとやってたのが大きい

日本の戦国時代か、あるいは弥生時代の「倭国の大乱」レベルの分裂混乱してた国に、いきなり民主主義とかアメリカ型ライフスタイルなんか入れても、うまくいくはずがない

juujigun

でも、それをやっちゃうんですよね、アメリカって

旧アフガニスタン政府に、湯水のように援助したけど、結局お金をドブに捨てたようなもの

何と言うか、超楽観主義と言うのか、理想主義が強すぎると言うのか

世界にアメリカ型の民主主義と豊かなライフスタイルを広めるのが、宗教的な義務みたいに思いこんじゃう

そこがアメリカの良さでもあり、弱点でもある

悪魔(チャイナチス中国共産党)は、その弱点を突いてやろうとして、虎視眈々と狙ってると思います

(;´Д`)

 

 


読書 脳を通って私が生まれるとき

脳を通って私が生まれるとき_01

 

このところ他にいろいろしたいことがあって、本を読んでも読書ノート(感想文、書評)を書くのをサボっている訳ですが、この本は久しぶりに印象が深かったので、書くことにします

著者は、京大医学部出身の精神科医で、臨床では主にてんかん患者を診ているようですが、人間の意識の成立について、広く興味を持って研究しているようです

本書は表題にもあるとおり、人間の脳がいかにして私(意識、自意識、こころ)を生み出すのかを、精神医学、生物学、心理学、哲学などの知見を引用しながら説明しています

人間にとって最大の謎の一つが、なぜ自分は自分(私のこころ)なのか?、ということ

私は私であって、私以外の他人とは別な存在だという感覚(自意識)は、ごく幼い乳幼児や、痴ほう症の老人、重篤な精神病患者などを除いて、ほとんど全ての人が持っているが、これ(自意識)はどこから生まれるのか?

自然科学が発達する以前には哲学者が、人間には生気や霊があって、これが自意識の本質だなどと説明してきました

fantasy_frankenstein

宗教家は、神が人間だけに、神に似せて精神や理性を与えたのだ、などと説いてきた

これを大転換するきっかけは、デカルトの人間機械論(オートマトン)で、人間の理性は脳の機械的なメカニズムの現れに過ぎないと主張した(彼は霊の存在も否定しなかったが)

人間機械論の流れは、現在の脳科学や精神医学の主流となり、人間の精神活動(感覚、認識、感情、意志、運動、言語、空間把握など)を細かく分けて、これらを脳の一定の場所に特定する研究が進んでいる

brain_nou_suisou_denkyoku

たとえば、言語能力は、脳の言語中枢という場所に「ある」みたいな

聖書の「はじめに言葉あり」で、神が人間に言葉を与えたみたいな説明に比べると、ずっと「分かった」気分になる

これはまさに自然科学が最も得意とするアプローチであって、対象を細かく分けて研究するが、その大前提として、全体機能(ここでは自意識)を「部分機能の総体」であると考えている(還元している)

つまり

全体機能(自意識)=脳の部分機能の総体(合計)

著者は本書で、この考え方に少しアンチテーゼを唱え

全体機能(自意識)=脳の部分機能の総体(合計)+アルファ

ではないかと考えているようだ

body_nou

この「+アルファ」は、脳の部分機能に還元できない、脳全体が創り出している「何か」なのだが、何しろ分析できない(しにくい)何かなので、自然科学的(医学的)アプローチの対象にしにくい

大昔の哲学者や宗教家は、これを「生気」「霊」「神」などと呼んできたが、これでは何のことやら分からない

fish_character_kurage

そこで著者は、最も単純な生物、単細胞生物のゾウリムシとか、脳が無いと言われているクラゲなどを観察しながら、この「何か」(おそらく人間の心や自意識の最も核心)の成立の中身を追求している

このようにまとめると簡単になるが、本書の実際の説明は、医学研究者が書いただけに、実に微に入り細にわたり、専門用語も飛び出して、現在の脳科学の最先端の空気が伝わって来るような感じがする

35260832

最近亡くなった立花隆(←)は、晩年は脳科学に興味を持っていたみたいだけど、この辺だったのかな?

(^_^;)

 


映画 ブレイン・ゲーム

keiba_yosouya

アンソニー・ホプキンスが製作総指揮・主演

並外れた予知能力者でありながらアナリストで医師であるジョン・クランシー博士(アンソニー・ホプキンス)が、FBIから連続殺人事件の捜査協力を求められ、同じ予知能力を持つ容疑者(コリン・ファレル)と対峙するさまを描く描くサイコ・サスペンス

人やモノに触れると、その過去や未来が見えてしまうという特殊能力が、やや荒唐無稽に描かれていて現実感に乏しい

35260836

アンソニー・ホプキンスは現在83歳で、2015年の映画だから、撮影時は77歳くらい、元気だね

とてもカッコイイじいさんなんだけど、「羊たちの沈黙」の超悪役レクター博士(→)が、今回は人の良い老人として登場して、それもなんだか違和感

犯人も、そこらにいるチンピラ風で、もっと超絶的な極悪非道っぷりが欲しい

まあ、「羊たちの沈黙」に比べたら、たいていの映画は駄作になっちゃうんだけどね

(^_^;)

 


映画 パッセンジャーズ

10067860

超美人女優のアン・ハサウェイ(→)が主演で、しかもいい演技をしてるので、とりあえず最後まで楽しめます

主演女優の美貌がウリの、日本で言えば、北川景子主演ドラマといった感じでしょうか

ただ残念ながら、ストーリーはイマイチと感じました

興行的にも、製作費2500万ドル、興行収入520万ドルの大赤字

飛行機が墜落して、生存者が数人

その人たちの心理ケアのために、セラピスト(アン・ハサウェイ)が派遣されるんだけど、彼女は事故原因に不審な点を発見して、航空会社が何かを隠しているのではないかと疑念をいだく

hikouki_kyoufusyou

JAL123便の御巣鷹墜落事故を連想して、思わず引き込まれるんだけど、この映画はここから非常に「奇妙な展開」を見せる

この「奇妙な展開」をどう見るかで、この映画への評価は真っ二つ、正反対に分かれます

(^_^;)

 


読書 ブッダ

51hVIVyEmGL._SY346_

top_img1

 

手塚治虫(→)がブッダの一生を描いた有名な作品

全14巻3000ページ以上、一気に読みましたが、重厚な読み応えでした

以前に一度読んだような気もするのですが(途中までかもしれない)、ほとんど内容を忘れていたので、新鮮な気分で読めました

仏教書は哲学っぽい本が多いのですが、本書は大河ドラマのようにブッダの一生を描いていて、子どもでもそれなりに楽しめるようになっています

前半は、若いブッダが悟りに至るまでに迷いと苦悩の日々

後半は、多くの教祖がそうであるように、世間の無理解と弾圧に遭いますが、それらに対してガンジーのように非暴力で対応し、信者を得て教団を大きくしていきます

世界を征服していこうとする男性的な一神教(ユダヤ・キリスト・イスラム教)に対して、自分を世界に溶け込ませ一体化しようとする女性的な仏教

私は仏教信者ではありませんが、聖徳太子以来1000年以上、仏教の教えは日本人の生活や思考、行動様式、文化などに深く浸み込んでいるので、気が付くと仏教の価値観で読んでいる自分がいたりします

(^_^;)

手塚治虫 ブッダ 全14巻 -_01

「ブッダが考えたこと」へ