日曜日, 1 of 8月 of 2021

Category » なつかしの名曲

訃報 小林亜星

▲「夜が来る」 作曲:小林亜星

20210614-11296765-yorozuns-000-24426818-view

 

 見た目は相撲部屋の親方みたいでしたけど

  作曲家としては超一流!

 多くの名曲を残してくださいました

  (T_T)

 

この木なんの木」の歌い出しで知られるCMソングや、都はるみさんの「北の宿から」などを手がけた作曲家で、俳優としても活躍した小林亜星さんが5/30に心不全のため亡くなりました。

88歳でした。

小林さんは東京都の出身で、大学時代にジャズバンドで活動し、卒業後に本格的に作曲を学びました。

テレビコマーシャルの黎明期だった頃に、CMソング「ワンサカ娘」を手がけ注目を集め、その後も「この木なんの木」の歌いだしで知られるCMソングのほか、「魔法使いサリー」や「ひみつのアッコちゃん」などのアニメの主題歌を手がけ、軽快な音楽で人気を集めました。

また、昭和51年には都はるみさんが歌った「北の宿から」が大ヒットし、日本レコード大賞を受賞しました。

俳優やタレントとしても活躍し、向田邦子さんが脚本を担当した昭和49年のテレビドラマ「寺内貫太郎一家」で頑固な父親の役を演じて人気を集めたほか、平成14年にはNHKの連続テレビ小説「さくら」で主人公の祖父の役を演じました。

 

AS20210614001832_comm

 

 

 


Angelina Jordan- Bohemian Rhapsody

band_woman_vocal

 

 Angelina Jordanを「発見」してから

  YouTubeで聴きまくってるんですけど

 特にこの曲 Bohemian Rhapsody

  実にイイです

 (^_^;)

YouTubeへ

 


自衛隊のマドンナ

music_orchestra

 

 歌唱は陸上自衛隊

  中部方面音楽隊 三等陸曹

  鶫真衣(つぐみまい)さんです

 自衛隊の音楽戦闘力

  なかなかハイレベルですね

 (^_^;)

 

「長崎の鐘」 

陸上自衛隊 中部方面音楽隊

「コロナに負けるな!」第6弾は、南あわじ市と宝塚市文化財団の協力を得て、先の大戦で亡くなられた方々への追悼の想いを込め、古関裕而の代表作「長崎の鐘」を、南あわじ市若人の広場公園と宝塚ベガ・ホールにて収録しました。

新型コロナウイルスの感染が蔓延し先行きが見えない中ですが、75年前、戦後の傷ついた人々の心を癒し励ましたこの曲から、多くの希望をもらえるものと確信し、精一杯の演奏をお届けします。

 

【協力】

南あわじ市、宝塚市文化財団

【撮影地】

南あわじ市若人の広場公園、宝塚ベガ・ホール

【再生リスト】

コロナに負けるな! https://www.youtube.com/playlist?list…

令和元年度中部方面隊音楽まつり https://www.youtube.com/playlist?list…

【リンク】

中部方面隊ウェブサイト https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/

中部方面隊twitter https://twitter.com/JGSDF_MA_pr

中部方面隊instagram https://www.instagram.com/jgsdf_ma_pr/

中部方面隊facebook https://www.facebook.com/jgsdf.mapr

中部方面隊youtubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UClZ7…

中部方面音楽隊 https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/maband/

 


訃報 作曲家の筒美京平さん

f41977f71b5632297a8fec920713c76b

作曲家の筒美京平さんが7日、誤嚥(ごえん)性肺炎により死去していたことが分かった。80歳。

かねて自宅で病気療養していたという。

故人の遺志により、葬儀はすでに近親者により執り行われた。

「お別れの会」などは、新型コロナウイルスの感染状況などをかんがみ、現段階で行う予定はないという。

筒美さんはレコード会社勤務を経て、作曲家に。

1971年の尾崎紀世彦さん「また逢う日まで」、1975年の太田裕美「木綿のハンカチーフ」、79年のジュディ・オング「魅せられて」、80年の近藤真彦「スニーカーぶる〜す」など数々のヒット曲を手掛けた。

 

 


訃報 安田裕美

▲山崎ハコ 「呪い」

urami_woman

 

 山崎ハコ なつかしいなぁ

   暗い系フォーク

 のナンバーワンですねー  (^_^;)

 

ギタリストの安田裕美(やすだ・ひろみ、↓)が、7/6午後2時33分に大腸がんのため死去した。

シンガー・ソングライターの山崎ハコ(63)の夫。

72歳だった。

o0640048013321787787

large_7b8310abbd

 

妻の山崎ハコ(→)は、所属レーベル・事務所を通じてコメントを発表。

「私の夫でギタリストの安田裕美が、7月6日、午後2時33分

 永眠いたしました。大腸癌、72歳でした」

と明かし、

「音楽業界の皆様には、50年以上もの間、スタジオミュージシャンとして、

 時には編曲家としてレコーディング等に呼んでいただき、

 沢山お仕事をさせてもらえました事、心より感謝申し上げます」

と伝えた。

8b8a19bf701e9a841a107bae54373224_600

新型コロナウイルスが収束していないため、本人の遺志により、通夜・告別式は行わない。

お別れの会について山崎ハコは

「いつか音楽溢れる、最初で最後の

 『安田裕美の会』をやりたいとは思っていますので

 可能な道が見つかりましたら必ずお知らせ致します」

としている。

安田さんは、音楽ユニット・六文銭、フライング・キティ・バンドに在籍した。

デビュー当初から井上陽水を支えたことで知られるギタリスト。

サポートギタリストと並行して作曲・編曲も行い、山崎とは2001年に結婚した。

山崎ハコは

「今は悲し過ぎて色々な事を考えられませんが、かけがえのない命、

 皆様のお健やかな事とご自愛を、心よりお祈り申し上げます」

と結んでいる。

 

5683122_3L

山崎ハコ コメント全文

大変な事ばかりの中、心苦しいのですが、山崎ハコよりお知らせをさせて下さい。
私の夫でギタリストの安田裕美が、7月6日、午後2時33分 永眠いたしました。
大腸癌、72歳でした。
音楽業界の皆様には、50年以上もの間、スタジオミュージシャンとして、時には編曲家としてレコーディング等に呼んでいただき、沢山お仕事をさせてもらえました事、心より感謝申し上げます。
又、数々のコンサート等で演奏させて頂きました事、関係者の皆様にお礼を申し上げます。
長い間、お世話になりました。本当に有り難うございました。
そして、彼のギターを沢山聴いて下さった安田裕美ファンの皆様、ありがとうございました。
コロナ感染が収束していませんので、今は通夜、葬儀・告別式は行わない事を、慎んでお知らせいたします。
「お別れの会」としましては、いつか 音楽溢れる、最初で最後の「安田裕美の会」をやりたいとは思っていますので、可能な道が見つかりましたら、必ずお知らせ致します。
私も今は悲し過ぎて 色々な事を考えられませんが、かけがえのない命、皆様のお健やかな事とご自愛を、心よりお祈り申し上げます。

2020、7、7 山崎ハコ

 

 


満島ひかり ファイト!

満島ひかりさん 演技も歌も迫力あり過ぎて 圧倒されます  (^_^;)


訃報 菊谷英二氏

「平田隆夫とセルスターズ」でボーカル、ギターを担当した音楽家の菊谷英二氏(きくたに・えいじ、本名・英紀=ひでのり=)が27日、虚血性心疾患で死去した。

77歳だった。

告別式は5月2日午前11時、埼玉県川口市並木2の5の7セレモニー西川口ホール。

ハチのムサシは死んだのさ」(1972年)が大ヒットし、「NHK紅白歌合戦」に出場した。

同じくボーカルの村部レミさん、みみんあいさんと共に、昨年11月の「日本歌手協会 歌謡祭」に出演したのが最後のステージとなった。

 


訃報 ジャッキー吉川


大ヒット曲「ブルー・シャトウ」で知られるグループサウンズ「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」のリーダーを務めたジャッキー吉川(じゃっきー・よしかわ、本名・板岡公一=いたおか・こういち)さんが群馬県内の自宅で死去したことが21日、所属事務所への取材で分かった。

81歳。東京都出身。葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。

事務所によると、関係者が20日午後、自宅で亡くなっている吉川さんを発見した。

昭和36年にブルー・コメッツにドラマーとして加入。

42年に「ブルー・シャトウ」で日本レコード大賞を受賞した。

41年から3年連続でNHK紅白歌合戦に出場を果たし、グループサウンズ黄金期の一翼を担った。

他の代表曲に「青い瞳」「青い渚」など。米国の人気番組「エド・サリバン・ショー」にも出演した。

 


東京ラブストーリー

ETY1oQbUYAAmDTj

俳優の織田裕二が主演し、Hey! Say! JUMPの中島裕翔が相棒を演じる4月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ『SUITS/スーツ2』の公式ツイッターが18日更新され、撮影オフショットを公開した。

2018年10月期に放送された前作では、名作ドラマ『東京ラブストーリー』以来、27年ぶりに再タッグを組んだ織田と鈴木保奈美

シーズン2となる今回は、全米メガヒットドラマ『SUITS』のシーズン2を原作に、負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午(織田)と経歴詐称の天才ニセ弁護士・鈴木大輔(中島)がさまざまな訴訟に向き合い、問題を解決していく。

鈴木は代表弁護士の幸村チカを演じている。

ツイッターでは「甲斐先生と我らが代表チカさん」というコメントともに、織田と鈴木の2ショットを公開。

「保奈美さんの撮影をしていると、撮影が終わった織田さんがひょっこりしてくださいました」と撮影時の状況を伝え、「甲斐先生とチカさんの貴重なオフショットでした」と紹介した。

この投稿にファンから

「待ってました!」

「貴重なお写真ありがとうございます!」

「お二人共可愛いくてほっこりしました」

「オチャメな織田さんだいすきです!してやったりな保奈美さんもキュート!」

「同世代の永遠の憧れです」

「あの、ラブストーリーが甦ります」

などの声が寄せられている。

 


復活あずさ2号

afr1910280009-p1
台風19号の被害で運休していたJR中央線の特急「あずさ」(松本-新宿など)や「かいじ」(甲府-新宿など)の運転が28日始発から再開され、長野県の中南信地方や山梨県と東京を結ぶ大動脈が16日ぶりにつながった。
甲府駅で午前7時18分発の新宿行きかいじ2号を待っていた東京都八王子市の大学3年、坂井勇樹さん(21)は

「各駅停車で甲府に帰省していたが、特急が動いてよかった。山梨県民にとって、あずさやかいじは生活の一部」

とほっとした様子。
午前7時39分発の東京行きあずさ2号に乗り込んだ会社員、高橋あずささん(38)は

「昇仙峡(しょうせんきょう)を観光するため高速バスで甲府に来たが、名前と同じあずさで帰れてうれしい」

と話した。
列車は平原綾香さんのデビュー曲「Jupiter(ジュピター)」の発車メロディーとともに走り出した。