日曜日, 9 of 5月 of 2021

Category » ダンス

社歌コンテスト

▲クレディセゾンのミュージックビデオは、41:20~45:20

gassyou_casual

 

 あの東池袋52
  クレディセゾン

 が優勝です!

  プロっぽさと素人っぽさの

 絶妙なバランスがいいですね

   \(^o^)/

 

35260731

東池袋52のメンバーは、すべてクレディセゾンの社員です

 

1200px-Saison_card_logo.svg

 

社歌コンテストの詳細へ 東池袋52の詳細へ

 


チャイナアドバイス

chinadress_girl

 

 チャイナチス中国共産党はキライだけど

  こんなかわいいチャイナならダイスキ!

 (^_^;)

 


インド伝統舞踊

dance_india_group

 

 2018年のニュースですから

  今でもまだ13歳

 (^_^;)

 

父親の転勤に伴ってインドで育った小5の富安カナメさん(11)が、ニューデリーで行われた公演で、インド四大伝統舞踊の一つ、「バラタナティヤム」のプロとしてデビューを果たした。

同舞踊の権威である指導者は、富安さんの熱意と努力を評価し、

「開校後44年間で初めて、14歳以下でのプロデビューを認めた」

という。

 

▼インド人の大人の場合

 

▼これはちょっと別な種類かな

 

▼インド人、ダンス大好き!

 


アルツハイマー病の元バレリーナ

e0337849_11225559

 

 鬼気迫る動画ですね

  ((((;゚д゚))))

 

アルツハイマー病を患う女性が、チャイコフスキー作曲「白鳥の湖」の振り付けを思い出し、踊る動画が話題となっている。

元バレリーナのマルタ・ゴンザレスさんが踊る動画は、スペイン・バレンシアの介護施設で撮影された。

ゴンザレスさんは撮影から間もなく、2019年に亡くなった。

アルツハイマー病患者の生活向上のために音楽を活用しているスペインの慈善団体「Asociacion Musica para Despertar」が動画を公開した。

 


TikTokで5億円かせぐ少女

a0e49a1585db626a7fe533d4fbe62f15

 

 ゆきぽよちゃんの

  アメリカバージョン

 といった感じかな

  (^_^;)

 

アディソン・レイ・イースターリング(19)は、単なるお遊びとしてTikTokにダンス動画を投稿している他の数百万人のティーンエージャーとは違う。

5410万人のフォロワーを抱える彼女は、最も稼ぐティックトッカーだ。

自身が立ち上げた化粧品ブランド「アイテム・ビューティー」に加え、アメリカン・イーグルやスポティファイなどとの契約により、ここ1年間の収入は500万ドル(約5億3000万円)に上る。

以下は、「最も稼ぐTikTokスター」ランキングと、その推定年収額だ。

1位 アディソン・レイ・イースターリング/500万ドル

2位 チャーリー・ダメリオ/400万ドル
3位 ディクシー・ダメリオ/290万ドル
4位 ローレン・グレー/260万ドル
5位 ジョシュ・リチャーズ/150万ドル

詳細はここをクリック

 


1日1食

ixLlZpDt

taijukei1_man

 

 私もほぼ1日1食なんだけど

  ほとんど痩せないです

 なぜだろう?  (・_・?)

 

gym_training2

厳しいトレーニングで体脂肪率8%を維持しているGACKT

体内の毒素を抜くために断食をおこない、20日間、酵素水だけで過ごすこともあるという。

取材時は

「普通の食事に戻している最中なので、野菜だけ。

 おかずが野菜で主食も野菜」

と告白。

この日のメニューは、鍋にマイタケなどきのこ類と豆腐、ニラ、春菊などを入れたもので、味付けは、ココナッツ由来のMCTオイル、塩とシンプルな味付けだった。

band_school_boy

そこまでストイックになることに、GACKTは

「ライブを見てくれたらわかるけど、たぶん47歳で

 僕ほどパフォーマンスできる人間はいないと思う」

と音楽活動のためだと明かす。

「ファンが来てよかったと思えるために、自分が存在している。

 やりたいときにやれるだけの体をキープしてるから、いつでもやれる。

 体がダメになったら人生終わるからさ」

また、GACKTは食事について「26歳から1日1食」と明かし、サプリとプロテインは摂取しているが、「お腹が空く感覚がない」と話していた。

とことん自分を追い込む理由として、

「ライブをやるとき、(仲間に)キツいことも言わなきゃいけない。

 自分が一番キツい状態で仕事に向き合う姿勢を作ってから、

 みんなの一番前を走れる状態に持っていっている」

とリーダーとしての矜持を説明。

ダンサーのMADOKAはGACKTについて

「ダンサーは『バックダンサー』ってよく言われるけど、

 兄さん(GACKT)は1回も言ったことない。

 アーティストとして認めてくれている」

と敬意を語った。

 


日本もティックトック排除へ

animal_dance

 

 中国以外の国が

  似たようなサービスを

 提供すればいいだけ

  と思いますけどねー  (^_^;)

 

安全保障上の懸念から、アメリカのトランプ政権が運営規制に動いている中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」をめぐり、運営会社と連携協定を結んでいた埼玉県が7月、情報発信などでのアプリの使用を止めていたことが4日、分かった。

同じく協定を結んでいた神戸市も、ティックトック上の公式アカウントを3日に止めた。

いずれも、住民の間で強まる対中国安保への不安や情報流出への懸念に配慮した。

ほかには、大阪府や広島県も連携協定を締結している。

現時点で使用の停止まではいたっていないが、日本政府の動きをみながら慎重に対応するとしている。

ティックトックは日本でも利用する若者が急増しており、若者に対する情報発信の強化を狙って活用を進める動きが出ていた。

埼玉県は6月、ティックトックを運営する中国企業「北京字節跳動科技(バイトダンス)」の日本法人と協定を結び、新型コロナウイルスの感染情報の発信や県政情報の広報、県庁職員の業務などに使うことを計画していた。

ただ、協定以降、多くの県民から懸念が寄せられた上、7月には米国で警戒論が強まったため、同県は

「ティックトックを使った情報発信や

 庁内での活用をストップした」

「今後は県民の不安が払拭されるまでは利用しない」

としている。

一方、神戸市も5月にバイトダンスと連携協定を結び、風景や文化についての情報を配信することを決めた。すでに動物園や水族館の映像を流している。

ただ、一連の米政権の動きなどを踏まえて、ティックトックで動画を配信する公式アカウントを停止した。

同市は

「市民の心配の声もあり、安心して利用していただけるまではアカウントを停止する」

としている。

百田尚樹さんも批判

ほかの自治体は、利用を続けるか、国の動向を見ながら慎重に対応する。

大阪府の吉村洋文知事は4日、府庁で記者団の取材に応じ、

「小中高生にメッセージを伝えるツールとして有効だ」

と評価する一方、

「最も重要なのは国益。安全保障上の課題があるなら(活用を)やめる」

と述べた。

吉村氏によると、4日付で国に対し、安全保障上の課題の有無を文書で問い合わせたといい、

「国が指針を示せば従う。問い合わせ結果を踏まえて判断する」

と述べた。

広島県は

「配信動画の撮影は、他の情報を一切保存していないスマートフォン1台

 だけで対応している。政府が使用を制限すれば従う」(担当課)

としている。

デジタル分野の調査を手がけるMMD研究所(東京都港区)によれば、昨年7月時点でのティックトックの国内利用者はスマホ保有者の7・7%にとどまっていたが、

「新型コロナの感染拡大で芸能人などが活発に活用するようになり、

 若年層を中心にサービスの利用が急拡大している」

という。

自治体のティックトック活用をめぐっては、作家の百田尚樹さんがツイッター上で

「大阪府がTikTokとの提携をやめなければ、

 大阪都構想を応援するのは考え直すことにしよう」

と書き込むなど、対中懸念を念頭に批判する動きが出ていた。

 


映画 ムトゥ 踊るマハラジャ

dance_india_group

 

インド映画の古典的名作なんだけど、B級映画っぽいノリのドタバタ喜劇が2時間45分つづきます

ストーリーに関係なく、やたらとダンスが突然始まるが、主役のインド美人が踊ると、とってもカワイイ

宗教と哲学的瞑想と厳しいカースト制度の国が喜劇を作ると、こんなにハチャメチャ楽天的になるのは、来世を信じてるから?

インド人って、憎めないなぁ (^_^;)

 


愛子さま18歳

aikosama_sakubun_1
job_suugakusya_woman
 
 愛子さまは偏差値72の超優等生だそうです
   秋篠宮家がトラブル続きなので
 愛子天皇待望論が高まっています  (^_^;)
 
天皇、皇后両陛下の長女、敬宮(としのみや)愛子さまは12月1日、18歳の誕生日を迎えられた。
4月に学習院女子高等科3年生となり、勉学に励む一方、高校生活最後となる運動会や文化祭などの行事で活躍するなど、充実した日々を過ごされている。
天皇陛下のご即位に伴う一連の関連儀式も逐次テレビなどで見守り、関心を持たれているという。
11月上旬に開催された文化祭では、3年生有志のグループでダンス公演にご出場。
洋楽やJ-POPなどの音楽に合わせて軽快なダンスを披露したほか、美化委員としてごみの分別作業にも取り組まれた。
一連の即位関連儀式では、早朝から深夜に及ぶ両陛下のご発着を赤坂御所で欠かさず見送り、出迎えられた。
10、11月に行われた「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿(せいでん)の儀」や「祝賀御列(おんれつ)の儀」では、皇室の伝統や国民の祝福の様子などを伝える報道を熱心にご覧に。
8月15日の終戦の日には、両陛下が初めて臨席された全国戦没者追悼式の様子をテレビで見ながら黙とうされた。
両陛下とともに訪れた静養先の栃木県那須町では8月、駅頭で小学生や高校生に積極的に声をかけられる場面も。
陛下と長年親交のある英国のアン王女が10月、赤坂御所を訪れた際に同席するなど、海外王族と英語で交流する機会も持たれた。
 


経済産業ダンス大臣

72716_1523_38e9975d_a991b90c
まずは写真をご覧いただきたい。
右の男性は多くの方がご存知だろう。
ダンサーにしてTRFのメンバーでもあるSAM(57)だ。
安室奈美恵(42)と結婚していたことでも知られる。
一方、左の男性をお分かりの方は、どれくらい、いるだろうか――?
この写真が掲載されたのは週刊新潮の2015年11月12日号。
「あのセンセイのこんな趣味 第2弾」というグラビア特集に掲載された。
タイトル通り、国会議員5人の珍しい趣味を紹介している。
趣味がダンス、という左の男性は、菅原一秀・衆議院議員(57)だ。
自民党代議士で、9月11日に発足した第4次安倍再改造内閣で経済産業大臣として初入閣を果たした。