月曜日, 20 of 9月 of 2021

Category » 犯罪・警察

9・11から20年

12387_facil_090_02

 

 テレビの生中継をドキドキしながら見た経験

   ホテルニュージャパン火災 1982年(39年前)

   日航ジャンボ機墜落 1985年(36年前)

   9・11同時多発テロ 2001年(20年前)

 が思い出されます

3・11東日本大震災(2011年、10年前)は、生中継どころか生体験だったので別格

((((;゚д゚))))

 

35260888

 

20年前、NYの世界貿易センタービルで勤務していた笹生拓郎さん(51)。

あの日の朝、笹生さんは、毎日行くわけではないコーヒー店に「寄り道」をして、普段より数分遅く世界貿易センタービルに到着した。

この「寄り道」が、運命を大きく左右した。

エレベーターに乗り込もうとしたその瞬間、1機目の飛行機が衝突した。

elavator

「どこから来たか分からない、すごい轟音で、

 まさにエレベーターに乗ろうとしていたところ。

 本当に数秒の差だった!」

笹生さんは、ビルから一刻も早く離れようとした。

しかし、ビルの中にいた多くの人々は、ビルの館内放送で、席にとどまるよう伝えられていた。

「エレベーターで上に行っていたら、今の私は無い」

 


映画 ショックウェーブ

bakuhatsu

▲この動画は、映画とは違います

 

世界を震撼させたベイルート港爆発事故から1年余

報道ニュースでは、主に爆発の遠景動画が流されましたが

人々は爆発の瞬間とその余波をスマホで撮影していました

この映画は、それらの個人撮影の動画を編集したドキュメンタリーです(監督 Adam Harve)

レバノンの首都ベイルートで、2020年8月4日18時頃(現地時間)、壊滅的な大爆発が街を襲いました

広島原爆の14分の1の規模で、核兵器以外では、人類史上最大の人工爆発

まるで災害映画のワンシーンのように見えましたが、現実に起こったのです

都市の半分以上が被害を受け、死者218人、負傷7000人、そして30万人が家を破壊されて住む場所を失いました

ベイルート港の倉庫には、約2750トンの硝酸アンモニウムが保存されていました

レバノン政府の首脳たちは、このことを知っていたが、何もしなかったのです

job_yousetsu

保管とは「保存して管理する」という意味ですが、誰も管理していなかった

2750トンもの爆発危険物のすぐ近くで、倉庫を修理するため、溶接工事の火花を飛ばしていた!

まったく、恐れ入ります

爆風の速度は、時速300キロ

300kei

爆風で割れた窓ガラスの破片などが、時速300キロで人々に浴びせかかりました

私の家は東京湾に面していて、近くには倉庫も少なくありません

日本政府が、危険物をちゃんと管理してくれているといいのですが・・・

((((;゚д゚))))

 

2222541-782357665

▲爆発後のベイルート港

向こう側の、まだ立っているビルの多くも

内部は破壊されて、使えなくなっています

 

38903aed-337b-4fc2-af05-c549907912b7

▲東京湾

 


映画 ザ・ハント

unnamed

 

2020公開なので、ごく最近の映画

この映画を見たトランプ(←)

 「民主党を支持する腐ったセレブどもが、

  オレを支持する善良なプア白人たちを殺している!」

と怒ったらしい

広大な森の中で目覚めた12人の男女、なぜ自分がここに来たのかも分からない

だが、突然銃声が鳴り響き、何者かに狙われて、虫けらのように殺されていく

かなりグロで、ストーリーもハチャメチャだが、けっこう引き込まれる

35260880

セレブとプアというアメリカの伝統的な対立に加え、ちょっとした発言が炎上して社会的生命が危険にさらされるという、最近の社会動向も織り込んでいる

ベティ・ギルピン(→)の演技が、なかなか良い

(^_^;)

 

* * * * * * *

 

35260881

・・・この映画とは関係ないが

1828年、オーストラリア政府は、白人がオーストラリアの原住民アボリジニを自由に殺す権利を認める法律を制定した

当時の白人にとって、アボリジニなどの非白人は動物(類人猿)との認識であった

この認識は、非白人国家である日本が、白人国家のロシアに、日露戦争で勝利するまでは、世界の常識だった

そんな訳でオーストラリアでは、スポーツハンティングとして、白人(人類)が原住民アボリジニ(動物)を殺しまくった

job_hunter

週末は「アボリジニ狩り」なる、娯楽としてのスポーツハンティングが流行していた

「今日はアボリジニ狩りに行って、17匹やった」

「オレはウサギ3匹、アボリジニ2匹だ」

こんな白人の日記が、今でも山ほど残っている

アボリジニ狩りは、つい最近まで続いていた

100万人以上いたアボリジニは、現在7万人しかいない

狩られたアボリジニの気分を知るには、この映画は向いているかもしれない

((((;゚д゚))))

 


秋元司 実刑4年 中国からワイロ

2019120900058_1

▲懲役4年(実刑)の判決を受けた秋元司

job_spy

 

 起訴内容が事実なら、現職の国会議員が

  中国の工作員をしていた訳ですから

 単なる収賄罪ではなく

  外患誘致罪(有罪なら死刑)

 で起訴していただきたかったです

  ヽ(`Д´)ノ

 

building_casino

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐり、収賄と組織犯罪処罰法違反(証人買収)の罪に問われた衆院議員の秋元司(49)に対し、東京地裁(裁判長:丹羽敏彦)は9/7午前、懲役4年(実刑)、追徴金約760万円(求刑懲役5年、追徴金約760万円)の判決を言い渡した。

起訴状によると秋元司は、IR担当の内閣府副大臣だった2017~18年、IR事業の参入を目指す中国企業からワイロを受領。

money_yuchaku

保釈中の20年6~7月には、ワイロの提供を認めた中国企業に報酬を示してウソの証言を公判でするよう働きかけたとされる。

検察側は、秋元司がIR関連法案の進捗状況などを中国企業に伝えたと指摘。

証人買収では、買収資金の一部を自ら用意して事件を主導したと主張した。

秋元司は、衆院東京15区選出の3期目。

 


売国奴・二階俊博

endo190426-thumb-720xauto-158745

Hangman's noose. Eps 10 file with transparencies. Layered file with global colors. Hi-res JPG and AICS3 files included.

 

 チャイナチス中国共産党の日本支部長

  などと言われている、売国奴・二階俊博

 日本には「死刑しかない犯罪」があります

  刑法81条の「外患誘致罪」です

 有罪になると死刑確定です

  二階俊博のような売国奴を罰する法律です

 さっさと処刑してください  ヽ(`Д´)ノ

 

▼日本国民が払った税金が、売国奴・二階俊博に流れる仕組み

35260870

 

各政党本部には、政党交付金という名の莫大な税金が入るようになっている。

35260872

そこから二階俊博(→)のような売国議員に、多額の税金が流れる。

特に自由民主党の本部は、政党交付金の金額が突出しており、公開されている最新の2019年の記録では、自民党幹事長の二階俊博に10億円超の税金が払われている。

こうして売国奴・二階俊博に流れた税金は、自民党幹事長就任から総額で37億円超にのぼる。

ところが、売国奴・二階俊博が税金をどう使ったのか、総務省も把握していない。

外部からは確認できず、国税当局も把握していない。

要するに、売国奴・二階俊博に流れた税金は、闇に消えたのだ。

 

▼5000万円の領収書35260871

詳細はここをクリック


花森弘卓の「一方的な恨み」

img_29cbd20db63c503360ce08b17d1b6fd924306

taiho

 

 工藤会が裁判官を襲った「裏社会 vs 司法界」という

  日本社会を揺るがす大事件かと心配しましたが

 アホな発達障害野郎による逆恨み事件と分かって

  エラく矮小化しましたが、ホッとしています

(^_^;)

 

白金アシッドアタック事件(硫酸ぶっかけ事件)の犯人、花森弘卓(ひろたか)が、8/28に沖縄県内で逮捕された。

urami_woman

硫酸をぶっかけられた被害者(22)は、花森弘卓(25)とさほど親しい間柄ではなく、過去

「年下なのにタメ口をきいたことでトラブルになった」

とも警察に話しており、被害者は一方的な恨みを買ったとみられている。

ふつうの日本人から見ると

「なんでそんなことをいつまでも」

と思うが、母親が中国人という花森弘卓は、信じられないほど超シツコく、被害者を恨み続けた。

世界的に見ると、日本人は割とサッパリした気質で、敵が亡くなっても「いい人だった」などと言うが、中国人は敵が死ぬと、墓を掘り返してでも恨みを晴らそうとする。

そんな花森弘卓は、Aさんの職場を丹念に割り出し、今年7月には赤坂見附駅からAさんにつきまとい

「お前はオレをバカにしてたよな!」

と凄んでみせた。

ちょっと普通の日本人には理解できない、異常なシツコさ(粘着性)である。

詳細はここをクリック

 


逮捕 花森弘卓 硫酸ぶっかけ魔

yakuza_kowai

 

工藤会の線が薄れて

 少しほっとしました

すぐ捕まるのか

 あの世へ逃げるのか

((((;゚д゚))))

 

8/24、東京・港区の地下鉄の駅で男性が硫酸をかけられて大けがをし近くにいた女性もけがをした事件。

警視庁は、静岡市葵区の職業不詳、硫酸ぶっかけ魔・花森弘卓(25)を全国に指名手配しました。

300kei

硫酸ぶっかけ魔・花森弘卓は8/24の午後に男性の職場がある港区を訪れ、事件の後、その日のうちに品川駅から新幹線で静岡市の自宅に戻ったが、8/25の午後に自宅を出てから行方が分からなくなった。

硫酸ぶっかけ魔・花森弘卓は身長が1メートル70センチくらいの小太り。

taiho

情報は、高輪警察署の捜査本部03-3440-0110で受け付けています。

 

【続報】警視庁捜査1課は8/28午前、傷害容疑で全国に指名手配して行方を追っていた、硫酸ぶっかけ魔・花森弘卓の身柄を沖縄県内で確保、同容疑で逮捕した。

 

 


映画 レベッカ

35260837

 

天才監督ヒッチコック(←)の代表作です

80年前(1940年)の作品ですが、素晴らしい完成度!

ヒッチコックによって計算し尽くされた作品世界に没入させられます

貴婦人の小間づかいをしている貧しい娘が、南仏モナコで富豪の男に見染められ、玉の輿で後妻さんになるのだが、住むことになった大豪邸には前妻の影がチラついて、やがてホラーっぽい展開になる

1407902_650

超カワイイ主演女優(ジョーン・フォンテインは、「風と共に去りぬ」で、淑女メラニー役を演じたオリヴィア・デ・ハヴィランド(→)の妹です

確かに似てますね

どちらもアカデミー主演女優賞をもらってるが、姉妹そろって受賞というのはこの姉妹だけ

フォンテインは東京生まれ(姉もそう)で、日本に住んで聖心女子大(インターナショナルスクール)に通っていたこともある

この姉妹、どちらも長生きで、姉は 2020年7月26日に104歳で没、妹は2013年12月15日に96歳で没。

あのメラニーが1年前までご存命だったなんて、ビックリです

1529046589545映画の中でフォンテインをイジメる怖い女ダンバース夫人(執事長)が、主役を食ってしまいそうな、実にいい演技をしている

ちょっと鳥居みゆき(←)に似てます

いやー映画って、ホントにいーもんですねー

(^_^;)

 

▼ジョーン・フォンテイン

35260867

 


白金アシッドアタック事件

5174q8UK8OL

 

いわゆる「アシッドアタック」と呼ばれている、硫酸ぶっかけ事件が発生しました

「敵を殺さず、死ぬまで苦しめる」ことを狙った、極めて凶悪かつ卑劣な犯罪です

事件発生(8/24午後9時ころ)から24時間が経過していますが、犯人はまだ逃走中です

ここで思い出すのは、昨日の工藤会トップ野村悟への死刑判決です

 

* * * * * * *

 

large_2ce848d95d

 

8/24午後の判決言い渡しのあと、被告二人は、

 「あんた、生涯、この事、後悔するよ!」

 「ひどいな、あんた、足立さん!」

などと足立裁判長を脅迫しています

その判決言い渡しの数時間後に、この硫酸ぶっかけ事件です

 

* * * * * * *

 

 ※以下あくまでも現時点での一つの可能性としての推察ですが・・・

35260863

工藤会の関係者が、事前に足立裁判長(→)の家族構成を調べて狙いを定め、組員の中からヒットマンを選んで、周到に事前準備を進めていたのではないか?と疑いたくなります

裁判で死刑判決が出たら、野村悟の発言(例えば「後悔するよ」など)が決行命令になるという段取りになっていたのではないか?

なにしろ工藤会と言えば、ミカジメ料(用心棒代)を払わないという程度のことで、一般市民に手りゅう弾を投げつけるような、超異次元の凶暴な組織です

顔に硫酸をかけられた男性は22歳で、もし足立裁判長(55)に息子さんがいるなら、このくらいの年齢でしょう

敵を「死ぬまで苦しめ、後悔させる」なら、本人よりも家族を狙え!というのは、ウラの世界では常とう手段かもしれません

kurufuku_group

足立裁判長の自宅住所は知りませんが、白金周辺は裁判所の官舎があった関係から、今でも裁判官の自宅が多いとも言われています

「アシッドアタック」は、海外(特にインド)で多発している凶悪犯罪ですが、こんなものが日本で流行するようなら、世界に誇る日本の治安の良さも、一気に吹き飛んでしまいます

とにかく、一日も早く犯人が捕まるよう願っています

((((;゚д゚))))

 

 

 

 

 


映画 グランド・イリュージョン

job_magician_man

 

4人のスーパーイリュージョニスト(手品師)チーム“フォーホースメン”。

彼らはラスベガスでショーをしながら、遠く離れたパリの銀行から金を奪い、観客を驚かせた。

このことから、FBIとインターポールから追われることになったホースメン。

・・・という話なのだが、ストーリーがゴチャゴチャしてて分かりにくい

ラスベガス、ニューヨーク、パリと、絵になる街を背景に、ド派手なアクション場面が続くので、退屈はしないが、奥深さの乏しい「子ども向け娯楽映画」という感じがする

(^_^;)