木曜日, 1 of 12月 of 2022

Category » いろいろな人生

飯塚幸三(91) 悲惨な獄中生活 東池袋自動車暴走死傷事故

35261791

kourei_jiko_car

 

 

 

事故のあと警察が逮捕しなかったことから、「上級国民」に対する特別扱いではないかと社会問題化した

逮捕の是非は、逃亡や証拠隠滅の可能性を考えて警察が判断することなので、飯塚幸三に不逮捕判断の責任は無い

飯塚幸三側のミスは、事故後に上から目線で強気の姿勢を貫いたことだ

自分に事故の責任は無く、クルマの欠陥だなどと主張して、世間の怒りに油を注いだ

images

同情の余地が皆無な凶悪殺人犯でも、裁判では自己正当化の主張をするのだから、弁護士も普通に法律的な対応をしたのだろう

ここまで世間の怒りが大爆発するとは、弁護士も予想出来なかったに違いない

この怒りには、「上級国民」に対する一般大衆の嫉妬心が混じっており、マスコミがそれを煽りまくった

裁判制度に対する国民の信頼感を維持するために、裁判所も世論の激しい反発や批判を、完全に無視することは出来ない

もう少しマスコミや世論に対する対策を考えて、早めに責任を認めて謝罪と反省の姿勢を明らかにしていれば、判決は違っていたかもしれない

saiban_small_no_gavel

90歳を過ぎた飯塚幸三の余生にとって、執行猶予付きと実刑5年では、天国と地獄

事故前の飯塚幸三は、華々しい研究業績で、学者の世界では神のような存在だった

この道一筋の研究者にとって、世論やマスコミへの対策など、完全に「専門外」だった

高齢化社会になって、高齢の犯罪者や受刑者は増えてゆく

この事件がきっかけになって、刑事施設における高齢受刑者処遇が見直されるかもしれない

((((;゚д゚))))

2019年4月19日に、母子2人が死亡する「東池袋自動車暴走死傷事故」を引き起こした飯塚幸三(91)。

禁錮5年の実刑が確定し、現在は過酷な獄中生活を送っている。

世間がイメージする「上級国民特権」など皆無。

shirimochi_ojiisan

車椅子がなければ歩けない飯塚幸三は、トイレで転倒、頭に怪我をしてトイレは血だらけになった。

刑事施設にはてすりがなく、杖も武器になるので使えない。

飯塚幸三にとって、トイレに行くことが大変な試練で、おむつで対応したりしている。

房の中に椅子がなく、就寝時間以外に横になれず、まるで拷問。

飯塚幸三は禁固刑なので作業はなく、読書したりしている。

医療刑務所は、ガンや人工透析の患者が対象なので、歩行が不自由なこと以外は健康な飯塚幸三は対象外。

 


田代まさし出所 手の震えは禁断症状?

 

この状況でもウケを狙う芸人根性!

owarai_manzai

 手の震えは、寒さ? 禁断症状? 

私が天才だと思うタレントさんたち

 横山やすし、桂枝雀、中島らも

 田代まさし、島田紳助、上島竜兵

みんな身を持ち崩したり、自殺したり

 天才の人生は、壮絶だなぁ

(T_T)

 

 

 

 


仲本工事が交通事故で重体 一命とりとめる ややスサんだ私生活

K10013862891_2210181645_1018220738_01_03

PCBX000050558

 

 

 

超人気番組「8時だヨ!全員集合」の番組終了が1985年ですから、もう37年前

意識不明の重体とのことでしたが、何とか一命を取り止めたようです

久しぶりに世間の注目を浴びて浮き上がってきたのは、ややスサんだ私生活

長生きするのも大変なようです

  (^_^;)

35261670

 

ザ・ドリフターズの仲本工事(81)が、10月18日午前9時過ぎ、横浜市内を歩行中のところをワゴン車にはねられた。

一時は意識不明の重体と見られた。

搬送先の病院で手術を受けて、一命を取り止めたそうだ。

仲本工事は、2012年に再婚した演歌歌手の三代純歌(54)との家庭内トラブルを『週刊新潮』に報じられ、渦中にいるタイミングだった。

2014332_201207140456928001342253795c

三代が、飼っていた犬猫と夫を置いて家を出たのは昨年7月。

以来、仲本は夫婦で営んでいたカラオケスナック『ピンクローズで生活をしているが、掃除が行き届いておらず、“ゴミ屋敷”のような状態。

1階部分の窓の隙間などから獣臭が漂い、2階は物置代わりに使われているのか、窓際にまで段ボール箱などが積み上げられている様子が外からもうかがえた。

 

35261671

▲カラオケスナック『ピンクローズ

 

35261673

▲カラオケスナック『ピンクローズ』の場所 自由が丘の近く

 

35261674

▲拡大すると「仲本家JUNKAの台所」と表示されている

 

 

 

* * * * * * * * * *

【続報】10月19日22時22分、

急性硬膜下血腫のため、

満81歳で亡くなられました

* * * * * * * * * *

 


安倍ちゃんの写真を的に「射的大会」 国葬反対の「こんな人たち」

35261511

35261512

 

大田区議の荻野稔(←)が、安倍ちゃんの国葬会場の近くで行われていたという、「射的大会」に苦言を呈しました

なんと、

  安倍ちゃんの顔写真を的にした射的大会

で、背景に紅白の横断幕まで張っていたというのです

watermark

安倍ちゃんが暗殺されたのがウレシくて、紅白の幕を張ってお祝いし、踊り出したい気分なのでしょうか?

国葬に反対する人たちは「こんな人たち」ですよという、生きたサンプルが実際に見つかってよかった(?)と、大田区議の荻野稔氏リプライしています

この他に、国葬会場で出席者が黙祷をささげている時間に、会場のすぐ近くで大音響を発して黙祷の邪魔をする連中もいたようです

91ZeOhykN3L

団塊の世代は、20代の若い頃に共産主義が大流行していて、それに洗脳されたまま年を取ってしまったという、ちょっと頭のオカシイじいさんばあさんが少なくありません

まともな人は、途中で「何かオカシイ」と気づいて離れていき、今でもパヨクをやってる人は、筋金入りのオカシイ人なのでしょうかね

平均年齢は70歳以上と言われていますが、若い頃から「こんな人たち」だった訳ですから、認知症の症状ではないと思われます

今でも老骨にムチ打って、変な集会を開いたりしているようですが、良識のカケラも無い「こんな人たち」の言動を見ていると、なんとも哀れに思えてきてしまいます

 ((((;゚д゚))))

ゆっくり動画へ

 


「ごぼうの党」奥野卓志って何者? 花束投げ捨て事件

E382B9E382AFE383AAE383BCE383B3E382B7E383A7E38383E38388-2022-06-18-16.51.51

hanataba

 

9/25の総合格闘技イベント「超RIZIN」で、「ごぼうの党」代表の奥野卓志(48)が、メイウェザーへの花束をリング床に投げ捨てた事件

SNSなどでは批判の声が殺到して大炎上中

「ごぼうの党」は、nayutaというアバターが党首で、2022年6月にできた政治団体

nayutaは脳に難病を抱える実在の男性がモデルで、応援の意味を込めて起用

漢字だと「護防の党

img_4879

若者のための政治を政策の柱に掲げ、俳優の山田孝之や山下智久、ロックバンド「ONE OK ROCK」ボーカルのTaka、格闘家の朝倉未来ら多くの著名人が賛同し7月の参院選で話題になった

代表の奥野卓志は、「東洋ライフサービス」や、各界著名人が利用する銀座の会員制高級サロン「銀座一徳」(→)などを経営する実業家で、反ワクチン・反マスク派

街頭演説で、てんぐのお面、白髪のかつら、法被姿で、人気漫画「鬼滅の刃」の鱗滝左近次(うろこだき・さこんじ)を想起させる格好で登場

ごぼうダンサーズ」(↓)がダンスパフォーマンスを披露するなどして注目を集めた

参院選比例代表には11人が立候補したが、当選ゼロ

 (^_^;)

35261515

ゆっくり動画へ

 


逮捕 KADOKAWAの角川歴彦会長

35261403

▲次男で常識人の角川歴彦さん

35261405

 

角川歴彦さん(↑)には、個人的に思い出があります

もうかなり以前になりますが、出版流通の将来についてのお考えを伺うためにKADOKAWA(当時の角川書店)を訪問し、一対一で2時間ほどインタビューさせていただいたことがあります。

当時の角川書店は、角川歴彦さんの兄である天才肌の角川春樹さんがトップで、かなり思い切った(やや破天荒な)出版経営や社会活動をなさっていました

当時の角川歴彦さんは、どちらかというと目立たない脇役で、角川春樹さんの補佐役という感じでした

事前に、どんな感じの人なのか調べたら

「兄のハルキと違って、常識人だよ」

という評判でした

その通りインタビューは順調に進み、ふと角川歴彦さんのデスクの上を見たら、当時のパソコン、富士通「FM7が置いてありました

「いま、パソコンの勉強を始めたところなんだよ」

とのこと

a4b3447bdd2fcec673ff15aef6a31e21

その後、兄の角川春樹さんが事件を起こして経営から退かれ、弟の角川歴彦さんが会社のトップになった訳です

あのとき経営者自ら勉強したパソコンやネットの知識が、その後の出版の枠を超えた事業展開に、大いに役立ったのかもしれません

(^_^;)

 

20171018-0005

▲本体とキーボードが一体化した、富士通「FM7

 

20220819-00000001-nkgendai-000-1-view

 

東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー契約をめぐる贈収賄事件で、東京地検特捜部は、出版大手、KADOKAWAの角川歴彦会長(79)が、大会組織委員会の高橋治之元理事(←)に、総額6900万円の賄賂を提供していたとして、新たに贈賄の疑いで逮捕しました。

東京地検特捜部の調べによりますと、角川歴彦会長は大会のスポンサー選定などで便宜を受けたことへの謝礼などとして、大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)に去年までの3年間に総額6900万円の賄賂を提供したとして、贈賄の疑いが持たれています。

KADOKAWAは、2019年に国内で3番目のランクの「オフィシャルサポーター」として、組織委員会とスポンサー契約を結び、大会の公式プログラムやガイドブックなどの出版を手がけました。

角川歴彦会長は「角川書店」創業者の角川源義氏の次男(長男は角川春樹氏)で、数多くの映画製作に関わり、日本アカデミー賞の協会特別賞を受賞したほか、日本雑誌協会の理事長なども歴任しました。

 

スクリーンショット-2022-09-06-16.11.10-300x274

▲長男で天才肌の角川春樹さん

ゆっくり動画へ

 


「稲盛和夫」死去に中国が泣いた

K10013796491_2208311706_0831172055_01_02

demo01

 

子供の頃から反日教育されて、骨の髄までガチガチ反日になってる韓国人とは違って、中国人の多くは意外と親日です

問題はチャイナチス中国共産党で、これが権力に居座っている限り、日中友好はほぼ絶望的だと思います

中国でも、ものの分かっている人は、チャイナチス中国共産党が腐敗した暗黒独裁政党だと知っているので、日本人と中国人が仲良くできる日も遠くないと期待しています

 (^_^;)

2209011750_4-714x1053

 

8月24日、京セラ創業者の稲盛和夫氏が老衰で死去した。

深い悲しみに暮れているのがお隣の中国だという。

なぜ稲盛和夫氏は中国で「日本以上」と評されるほど崇敬の念を集めていたのか?

稲盛氏の訃報が流れた8月30日、中国版ツイッター「微博」に投稿された“#稲盛和夫去世(死去)”とのメッセージ閲覧は、半日で3.8億回を超えた。

中国事情に詳しい田代秀敏氏が言う。

「いまも中国では稲盛氏の死を惜しむ声が溢れています。

 中国の民営企業経営者にとって、稲盛氏は文字通り“”。

 『アリババ集団』創業者の馬雲(ジャック・マー)氏や

 通信機器大手『華為技術(ファーウェイ)』創業者の任正非氏、

 大手電機『ハイアール』創業者の張瑞敏氏、

 エアコントップメーカー『格力電器(グリー)』のCEO董明珠など、

 多くのトップの多くが深く信奉しています。

 稲盛氏が中国で講演すると、何万人という企業家が詰めかける迎えられる光景が見られたもの。

idol_fan_penlight_men

 ジャック・マー氏が稲盛氏と対面した時、感激のあまり泣きながら握手を求めました」

起業家のなかには心酔のあまり、“稲盛思想の伝道師”となる人物まで登場。

中国の広告大手『新潮』創業者の張継学氏は、「稲盛哲学」と題する投稿をほぼ毎日のようにSNSに上げている。

ゆっくり動画へ

 


蛭子さん、ボケて前衛芸術家になる

35261353

roujin_ninchisyou_man

 

 もともと、ちょっとボケた感じのキャラで人気者になったので

  ボケてもキャラを変えなくて済むのが素晴らしい!

 (^_^;)

 

ゆっくり動画へ

 


♪ 神田川

8266

 

 近所の区の施設へ行ったら会議室で

  高齢者団体が「神田川」を歌っていた

 みなさん70代、80代といった感じ

roujin_ninchisyou_man

  若かったあのころ~♪

 実にしっくり来ます

  あなたはもう忘れたかしら~♪

これもしっくり(認知症で忘れちゃった?)

 という訳で、ほっこりしました

  (^_^;)

 


安倍一族

35261268

▲岸の家を保ちたいという母洋子の強い願いで、安倍信夫は養子(岸信夫)になった

明治維新以降100代の内閣総理大臣のうち、この一族だけで8代を占めている

kunsyou1_red

 

 春や秋の叙位叙勲のシーズンになると

  70代80代90代の「人生の大先輩」の皆さんが皇居に招かれたり

 一流ホテルで受章記念パーティーが開かれたりします

  「やっぱり健康で長生きしないとねぇー」

 なんて周囲の人たちは、心の底でそっと思う訳です

  (^_^;)

 

5/26の衆院予算委員会で、防衛大臣・岸信夫のために専用の答弁席が設けられた。

通常、答弁を求められる閣僚は、自席から発言を求めて答弁席まで歩いていくものなのだが、

「岸信夫の健康状態に配慮」

した異例の対応だという。

35261269

岸信夫は委員会における答弁の冒頭、

「お認めいただき、委員長、理事に感謝申し上げる」

と述べた。

政治部デスクによると、

「岸さんは足の状態が悪く、当初は1本だった杖が2本になり、

 最近は移動のためなどに車椅子を使っていました」

「単なる閣僚ではなく防衛相という立場から、

 病気に関する情報は普通以上にネガティブに捉えられがちです

「岸さんはいま63歳。オモテ向きはケガをしたと説明しているのですが

 かなり長引いているだけに、それだけではなさそうです。

 具体的には、股関節周辺の病気だと聞いています」

右の写真は2021年8月のもので、1年たった現在では、これよりかなり悪化しているらしい。

岸信夫の父の安倍晋太郎(1924~1991)は首相まであと一歩のところで膵がんでその道を断たれ、実の兄の安倍晋三も潰瘍性大腸炎で1度ならず2度までも首相の座を離れることになった。

病気が人の人生を翻弄するのは何も安倍家だけに限ったことではないとはいえ、彼らファミリーと病気との因縁を感じさせる。