水曜日, 27 of 1月 of 2021

Category » 政治

国会の開会式

thumbnail

 

フランス革命やロシア革命など、過去に王制を廃止した国は、その後に国内が大混乱に陥っており、内乱や虐殺、大量処刑など悲惨な事態を招いていることは、歴史が証明しています

一般に内乱は、戦争より残酷で悲惨です

日本は天皇制が維持されているおかげもあって、国家の統合で悩むことの少ない珍しい国ですが、たいていの国は国内対立や分裂独立問題という「内乱の元」をかかえています

いま米国の南北対立が表面化していますが、中国でもチャイナチス中国共産党による強権独裁体制でなければ、5~10くらいの国に分裂する可能性があると言われています

unnamed

それにしても、最後に登場する大江アナ(→)、42歳なんですけど、相変わらずキレイですね

毎日スタジオ入りすると、本番前に2時間かけて、念入りにお化粧しているそうです

(^_^;)

 


宣言を解除する基準

omoi_man_ningen_kankei

 

総合的に判断」というのは、非常に便利な(危険な)言葉で、判断基準をあいまいにして決定を先延ばししたり、決定権者の裁量余地を広げることによって、その権限を強めたり出来ます

下の記事の中で「複数の要素を勘案して判断」していくと言い直していますが、人間関係至上主義の日本では、人間関係(義理)がこの最重要要素として混入する場合がよくあります

35260661

派閥のボスや党内の有力者、あるいは選挙で世話になった人物などの顔を思い浮かべ、それらの人々の発言や顔色をうかがいながら、「総合的に判断」することが出来ます (^_^;)

 

* * * * * * * * * *

 

経済再生担当大臣の西村康稔は、緊急事態宣言の解除について、新規感染者の数だけでなく病床のひっ迫度合いなどを踏まえ「総合的に判断」するとの考えを示しました。

1/25から始まった衆議院予算委員会で、与党議員から緊急事態宣言の解除の要件について質問がありました。

これに対し再生相の西村康稔は、新規の感染者が500人を下回ることを1つの目安とされている東京都を例に挙げ、次のように説明しました。

「(東京都で)1日あたり約500人という数字が出てきますが、

 しかし、これを下回ったからといって直ちに解除するということではなく

 ご指摘のように病床の状況などを含めて

 総合的に判断していくことになります」

再生相の西村康稔はこのように述べ、医療の受け入れ体制など、複数の要素を勘案して判断していく考えを示しました。

さらに宣言が解除された場合も感染防止対策を直ちに全て解除するわけでなく、当面は再び感染が拡大することがないような対策を続けるとしています。

 


読書 怖いマイナンバー

これだけは知っておかないと怖いマイナンバー_01

マイナンバーカードは、社会保障や税に関する事務効率化ツールとして非常に便利なのだが、便利なものにはリスクが伴う

そのリスクについて、弁護士が説明している

カードを保有する個人が気を付けるべき点としては、個人番号(マイナンバー)をむやみに他人に知らせないことに尽きる

すでに「マイナンバー占い」と称するWEBサイトも出来ているそうだが、うっかり個人番号を入力すると、悪用されるリスクがある

カードを身分証明書として利用する場合、裏面の個人番号部分をコピーされたり記録されたりすると危険なので、個人番号部分にシールを貼っておこうかなとも考えている

個人番号は社会保障や税の事務手続きに使うので、企業の人事部門にとっては細心の注意が必要になる

従業員から収集した個人番号が目的外に悪用されたり、外部に漏れた場合、厳しい刑事罰(懲役など)が科せられる

(^_^;)

 


新宿区長の現場猫

4adc1_242_fde9cde03ddf5de6898e13971145be7d

今から5年ほど前、クリエイターの「くまみね」さんが、ネコが電話しているイラスト画像をツイッターにアップした。

その後、そのネコを使った非公式なコラージュ画像などが作られ、工事現場でよくもないのに「ヨシ!」と指をさしたりする「現場猫」なるキャラが誕生。

日を追うごとにバリエーションも増え、人気を獲得していった。

くまみねさんは、「仕事猫」なる公式キャラを生み出しこちらも人気となる。

12月27日には、新宿区とのコラボがTwitterで発表となり動画もアップされた。

000164258

中国コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、新宿区からのマスク着用を呼びかける「マスクヨシ」キャンペーン。

動画では、新宿区長の吉住健一(→)が見事な「ヨシ!」のポーズを披露している。

反響を呼び、多くの「いいね」を集めたツイート。

返信には、猫にセリフを言わせたコラ画像や、キャンペーンに好意的な意見等が多く寄せられていたようである。

 

 


羽田雄一郎(53)急死 立憲民主党

4xl0X62

medical_doku

 

まだ明確な死因が報道されていませんが、53歳という年齢からすると、中国コロナが死因とは考えにくいところもあり、ミステリアスです

死亡当日にPCR検査を予定していたということは、殺意を持った人物なら「絶好のチャンス」と考えたかもしれません

彼の死によって最も得をした人物は誰かを調べる必要を感じます

((((;゚д゚))))

 

立憲民主党の参院幹事長、羽田雄一郎が12/27、東京都内で死去した。53歳だった。

福祉団体の職員や、元総理大臣で父親である羽田孜の秘書を務めたのち、平成11年の参議院補欠選挙で初当選。

参議院国土交通委員長や民主党の参議院国会対策委員長のほか、悪夢の民主党政権時代には、野田内閣で国土交通大臣を務めた。

その後は旧民進党を経て、ことし9月に旧国民民主党から立憲民主党に合流し、党の参議院幹事長を務めていました。

立憲民主党の関係者によりますと、羽田雄一郎は12/24ごろに発熱して体調不良を訴え、12/27にPCR検査を受ける予定だった。

12/27になって体調が急変し、東京都内の病院で死亡が確認された。

 


読書 マイナンバー制度

大事なことだけすぐにわかる マイナンバー制度_01

マイナンバーカードを作ったので、使い方の注意点などを知ろうと思って読みました

特に驚くほどのことは書いてなかった

マイナンバーカードを作って、役所の窓口で受け取ろうとしたら(郵送は出来ないみたい)、窓口の予約がビッシリ埋まってて、なかなか予約できませんでした

コロナで全国民に10万円を配った影響で、カードを作ろうと考えた人が多いのかな

(^_^;)


愛子さま19歳

onono_komachi-660x573

 

小室問題で秋篠宮家が国民からトコトン嫌われて、愛子さまへの女帝待望論が高まっています

女性天皇というと推古天皇(在位593~628年)を思い出しますが、最後の女性天皇は後桜町天皇(在位 1762~1771年)です

永い皇室の歴史から見れば割と最近です

(^_^;)

 

12月1日、天皇皇后両陛下の長女・愛子さまは19歳の誕生日を迎えられ、桜色のボウタイブラウスに、控えめなワインレッドのハイウエストワイドパンツをお召しになったご近影が公開された。

10月24日、今年4月に入学された学習院大学に初めて通学された際の装いも深い印象を残している。

愛子さまは、ネイビーのジャケットにオフホワイトのトップスを合わせられ、グレーのスカートとブラックのパンプスをお召しになっていた。

水色が織り込まれたグレンチェックのAラインスカートがとても素敵で、若々しい装いだった。

* * * * * * * * * *

後桜町天皇(ごさくらまちてんのう)第117代天皇

生誕1740年9月23日〈元文5年8月3日〉~ 崩御1813年12月24日〈文化10年閏11月2日〉

在位1762年9月15日〈宝暦12年7月27日〉~ 1771年1月9日〈明和7年11月24日〉

* * * * * * * * * *

詳細はここをクリック

 


社民党 事実上の消滅

AS20201114001689_comm

shyabondama_girl

 

 こんな吹けば飛ぶような泡沫政党

  さっさと消え去るのが日本のため

 だと思いますけどね~  (^_^;)

 

025070706

11/14に開かれた社民党臨時党大会で、衆院議員の照屋寛徳(衆院沖縄2区、→)が

「先輩方が築いた遺産を、全て食いつぶしたのは、

 あなた(福島瑞穂)だ!」

として、党首の福島瑞穂を激しく面罵する場面があった。

かねて照屋寛徳は福島瑞穂の党運営に批判的で、日頃の不満が爆発した形だ。

立憲民主党への合流に反対する福島瑞穂がまず

「総選挙勝利を実現したい」

などと、何の新鮮味も無い決まり切ったあいさつ。

合流に賛成の立場の照屋寛徳は質問に立つなり

「心底むなしい、悲しい!」

とばっさり。

「総選挙を勝利するには、あなたが衆院にくら替えして立候補しなさい!」

と参院の比例代表でぬくぬく当選を重ねてきた福島瑞穂に、衆院へのくら替え要求を突き付けた。

これに対し、福島瑞穂は答弁で

business_yudegaeru

「私のみが社民党を食いつぶしてきた

 と言われるのは極めて残念だ」

と反論。ただ、くら替えについては

「社民党を再生するために

 頑張って恩返ししたい」

と述べるにとどめた。

 


バイデン跳び

359f2c38-s

こりゃ笑える (^_^;)

 


ラムちゃん紫綬褒章

35260039

日本政府は2020年秋の褒章受章者を11/2付で発表した。

受章者は775人(うち女性159人)と27団体。

11/3に発令される。

学問や芸術などで功績を残した人に贈られる紫綬褒章には、漫画家の高橋留美子さん(63)、俳優の中井貴一(59)らが選ばれた。

unnamed

公共の利益に貢献した人への藍綬褒章に日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)ら、社会奉仕活動をたたえる緑綬褒章に「スーパーボランティア」の尾畠春夫さん(81、→)らが輝いた。

漫画家の高橋留美子さんは、ラブコメディーを中心にした「るーみっくわーるど」と称される独自の世界観が、公に認められた。

「身に余る褒章をいただき驚きもありましたが、

 しみじみと喜びを感じております」

高橋さんは紫綬褒章受章についてこう、コメントした。

1957年10/10生まれ、新潟市出身。

中学の頃から漫画を描き始め、日本女子大在学中の78年、「勝手なやつら」が第2回小学館新人コミック大賞少年部門佳作を受賞し、デビューした。

small

同年にSFラブコメ「うる星やつら」の連載を少年漫画誌で開始。

トラ柄のビキニを着た宇宙人「ラムちゃん」(←)が、多くの中学、高校、大学生男子の心をつかんだ。

80年には若い未亡人で美人のアパート管理人「音無響子」をめぐるラブコメ「めぞん一刻」も青年漫画誌で連載。

熱烈なファンを獲得した。

その後も「らんま1/2」「犬夜叉」など人気作を連発し、少年漫画の分野で女性漫画家の新境地を確立。

代表作はいずれもテレビアニメ化されヒットした。

ファンはアジア圏を中心に世界に広がり、2017年に単行本の世界累計発行部数が2億冊を突破。

19年にフランスのアングレーム国際漫画祭グランプリを受賞。

現在も「週刊少年サンデー」(小学館)で最新作「MAO」を連載中。

「これを励みに今後ますます努力を重ね、

 読者の皆様が気楽に楽しめる漫画をお届けし続けたい」

新たな世界は広がり続ける。

 

▼いままで一番ラムちゃん役にハマっていたすみれさん

article_img_a7b0a679cea9032c31c51cb9ad37e7c2

 

▼深キョンのラムちゃん

maxresdefault