日曜日, 24 of 1月 of 2021

猫島

A23J2520
愛媛県大洲市長浜町、伊予灘に浮かぶ青島。
島民15人の小さな島に、100匹を越える猫が暮らしている。
昨年秋にインターネットなどを通じて噂が広まり〝猫島〟として、全国から観光客が訪れるようになった。
高齢者が多くを占める島には宿泊施設や飲食店はおろか、自動販売機さえ無いが、〝猫口(にゃんこう)密度〟の濃さに惹きつけられる猫好きの来島が後を絶たない。
長浜港から出船する定期旅客船「あおしま」は一日2往復。
穏やかな陽気に恵まれた3月中旬、午前8時に出航し約35分で到着した青島の港にはすで に十数匹の猫が待ち構えている。
「朝御飯の時間だよ!」とでも言いたげな表情だ。
桟橋に降り立った我々の足元に、まずは数匹の茶トラがすり寄ってきた。
人 間を恐れる様子はほとんど無い。
SHU_1754
島で漁師を営む紙本英則さん(63)に話を聞くと「猫は好きでも嫌いでもないよ」といいながら「なんだかんだ言っても、ね」と猫好きの顔がチラ リ。その時、桟橋前広場に広げて干してあるヒジキの上を歩く猫に向かって「コラッ!」と一喝。猫は慣れた様子で〝ヒジキの絨毯〟の上から立ち去った。 「しょうがないなぁ」と話す紙本さんの表情は穏やかだ。
島の人々と猫の関係について尋ねると、猫たちを話し相手にしていた一人暮らしのお年寄りの中には、押し寄せる観光客に気おされ、外出を控えるようになった人もいるという。島の静かな暮らしを妨げるようでは猫たちにとっても「招かれざる客」になってしまう。
さらには「船の便数が少ない」「島の設備が不十分」といった苦情を訴える観光客もいるのだとか。定期船の定員は34人。午前便で渡った客の帰りも考えると 午後便の乗船可能な人数は当然、定員を下回る。土日ともなると20人以上の〝積み残し〟も。「心苦しいけど、どうにもならん」定期船のスタッフは頭を抱え る。
SHU_1660
普段はローテーションで「あおしま」の船長として働く石井京司さん(54)は青島在住。休暇中は島で漁に出るが「半分趣味」と笑う。自慢の船にお しっこをかけられても「掃除すりゃいい」と気にしない。「玄関の引き戸を開けて家の中に入ってくる猫もいる。夕食用にテーブルに置いた鯛をくわえて逃走す る強者もおったね」と苦笑いする。
温暖な瀬戸内海で、おおらかな島の人々に見守られてきた100匹以上の猫たちは、冬を越せずに数を減らしても、暖かい春には新しい命を育む。そんなサイクルを繰り返してきたのだろう。
帰りの船に乗る前、桟橋で猫を見ながら紙本さんの言葉を思い出していた。「ゴールデンウィークが怖いよ…」猫たちが大歓迎してくれることは間違いないが、穏やかな島の暮らしの妨げになるようなことのないよう、マナーを守る事を徹底したい。
SHU_1643
 
おにゃんこの天国 行ってみたいのココロ  (^_^;)
 


Leave a comment