水曜日, 27 of 1月 of 2021

腸捻転だった

enn1405281140011-p1 ウイルス性炎症により日本公演をすべてキャンセルした元ビートルズのポール・マッカートニー(71)が26日に極秘離日し、入院中に腸捻転の手術を受けていたことが27日、分かった。
複数の関係者の話を総合すると、宿泊先の都内ホテルに近い総合病院に入院していたポールは、体調が回復したため26日午前11時ごろに退院。
そのまま羽田空港に向かい、同午後1時ごろ発のチャーター機で英ロンドンに向かった。
夫人のナンシーさん(54)も同行した。
混乱を避けるため、側近スタッフのみで極秘裏に行われたという。
ポールは来日翌日の16日から下痢と嘔吐(おうと)の症状に見舞われ、全4公演を中止。
20日の精密検査で腸捻転と診断され、緊急入院した。
薬での治療方法もあったが、腸閉塞になる危険性が高いことから、数日後に体の負担が少ない腹腔鏡下手術が行われた。
23日には英文公式サイトで「治療は成功」と手術の成功をファンに報告していた。
術後の経過も良好で、当初の出国日だった26日に帰国することが決まった。
招聘元のキョードー東京は「再来日公演の実現に向けて協議していますが、具体的な話は決まっていません。本人はやりたい意向を持っています」としている。
 
腸捻転症(ちょう・ねんてん・しょう)とは何らかの理由により、腸が腸間膜を軸として捻れてしまうこと。
腸が捻れることにより主幹動脈閉塞による虚血(壊死に至る)、腸閉塞などを起こす病気。
 

—————————————————————————

WS000000公演のために訪れた日本で体調不良となり、東京と大阪で予定していた公演の延期を余儀なくされていた元ビートルズのポール・マッカートニーさんが、東京都内の病院で治療を受けて回復していることが明らかになった。
マッカートニーさんの日本ツアーの公式ウェブサイトは23日までに、「先週、ウイルスによる炎症でツアーを中止せざるを得ませんでしたが、ポールは東京の病院で治療を受け順調に回復しています。あと数日、静養をした後に完全に回復する見込みです」との声明を発表した。
マッカートニーさんは6月で72歳になるが、強靭(きょうじん)な体力で過去数年にわたって世界ツアーをこなしており、公演をキャンセルするのは珍しい。
マッカートニーさんは5月17~24日にかけて予定していた東京の国立競技場と日本武道館、大阪・ヤンマースタジアム長居での公演を中止した。
ウェブサイトによると、マッカートニーさんは「世界中のファンから寄せられた温かいメッセージと励ましに大変感激している」という。
6月中旬からは米国各地を回るツアーが始まる。
 
 女子医大に入院してるらしい (^_^;)
 

——————————————————————–

 
WS000000
元ビートルズのポール・マッカートニーさん(71)が15日午後、羽田空港に降り立ちました。
1966年、ビートルズのメンバーとして日本武道館で初め てライブを行ったマッカートニーさん。
5回目となる単独来日公演となる今回、東京オリンピックに向けて7月から改修が始まる国立競技場でライブを行いま す。
 
なんだか しょっちゅー 来てますね  (^_^;)
 

———————————————
5月17日、東京・国立競技場で行う予定だったポール・マッカートニーのコンサートの中止が発表された。振替公演は19日に行われる。
ウイルス性炎症のため開催不可能とのことで、医師の判断によるものという。ポール自身もツイッターなどを通じコメントを発表している。以下がオフィシャルからのアナウンスだ。
◆   ◆   ◆
日本のファンの皆さんへ
STATEMENT
Thank you for such a beautiful and warm welcome to your country.
I’ve unfortunately had to postpone tonight’s show in Tokyo.
I came down with a virus on Friday and following a visit from doctors, I’ve been told not to perform tonight.
I am very sorry to all my fans as I was greatly looking forward to the concert, but the situation is out of my hands.
Along with the doctors, I’m doing all I can to ensure I will be better for tomorrow night’s show and the rest of my time in Japan.
We are planning to replay this show on Monday. I really hope you can make it.
Love,
Paul
日本のファンの皆さん、心からの暖かい歓迎を本当にありがとう。
残念ながら今夜の東京での公演を延期しなくてはならなくなりました。
金曜日にウィルス性炎症により体調を崩し、今日のステージは無理だと医師に言われました。
僕もコンサートを楽しみにしていたので、この様になってしまった事を、ファンの皆様に大変申し訳なく思っています。
現在は医師の指示のもと、明日の公演と残りの日本ツアーが予定どおり行われる様に全力を尽くしています。
今夜の公演は月曜日に振り替えることが出来ました。
ご都合が合わない方もいらっしゃるかと思いますが、是非とも皆さんにお会い出来る事を願っています。
Love,
Paul
——————————–
来日中の元ビートルズのポール・マッカートニーさん(71)が体調不良のため18日に予定していた東京・国立競技場での公演を中止した。
19日に予定していた17日分の振り替え公演も中止する。キョードー東京などの主催者が発表した。
ポールさんは「応援メッセージに大変感謝しています。体調は一晩で改善せず、私のファンをがっかりさせることになり残念です」とのメッセージを発表。
主催者によると、ポールさんはウイルス性炎症により体調を崩し、医師から絶対安静を命じられたという。
振り替え公演を行うかは未定。
21日の東京公演と24日の大阪公演は予定通り行うという。
 
このまましばらく日本に居て
温泉に行って静養してはどーでしょー (^_^;)
 
——————————————————

来日ツアー全公演を中止

5月17日と18日の東京・国立競技場での公演を延期していた元ビートルズのポール・マッカートニーが、5月21日の東京・日本武道館、5月24日の大阪・ヤンマースタジアム長居での公演を含む来日ツアー全公演を中止すると、公式サイトを通じて20日、発表された。

来日ツアー全公演の中止が決定したポール・マッカートニー

公式サイトでは「ウイルス性炎症による体調不良が回復せず、昨日19日、引き続き静養に専念すべきとの医師の診断の結果を受けました」と主催者側が 報告。そして、「ポール・マッカートニー本人の完全な体調回復を最優先すべきと判断し、ポール・マッカートニー OUT THERE JAPAN TOUR 2014 の全公演を中止とさせていただく事を決定致しました」と経緯を伝えた。
続けて、「度重なる延期決定に加え、結果として全公演中止という事態となり、皆様には大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪 し、「今後は、ポール・マッカートニー本人も希望している早期再来日公演の実現に向けてアーティスト側と協議してまいります」と、再来日を約束した。
本人からのコメントも寄せられ、「昨年11月、ここ日本で素晴らしい時を過ごして以来、また演奏できることをとても楽しみにしていました。国立競技 場に続いて、今後の公演も中止することは、僕にとっても非常に残念です」と無念の思いを伝え、「日本のファンの皆さんからの愛、励ましのメッセージと理解 に感謝しています」とファンにメッセージ。そして、「みなさんにまた近いうちに会えることを信じています。愛を込めて ポール」と再来日を誓った。
 
 


Leave a comment