水曜日, 21 of 4月 of 2021

消滅しつつあるテレビ業界

000140899_640

tv_obaasan

 

 いまどきテレビなんか見てるのは

  ネットが使えない後期高齢者ばかり

 業績が先細りなのは当然ですね

  (^_^;)

 

日本民間放送連盟会長の大久保好男(日テレ)は3/18、都内で定例会見を開き、民放各社の3月決算の厳しい見通しを語った。

民放連研究所の調査によると、テレビはマイナス14・5%、ラジオはマイナス16・4%だとし

「いずれもリーマンの時を超えている。

 過去最大の落ち込みで厳しい状況です」

と語った。

また、総務省の官僚が放送事業者から接待を受けていた問題については

「私自身、いろんな方とお会いし、意見交換はする。

 私どもの事業を理解してもらうのは、会長としての役割だと思う。

 ただ、個別の会合については具体的には控えたい」

とした。