水曜日, 10 of 8月 of 2022

ぼくと父は何か欠落している

35260949

いしだ壱成(47) 父の石田純一(67)よりも老けた?

rikon_todoke

 

 芸能界の離婚と言うと

  高額な慰謝料の話になったり

 破局ではあるものの

  一般人とは違う華やかさがあるものですが

この離婚には、そんなものが、まるでありませんね

うつ病によくある激しいイライラ(他者への攻撃性)が何となく感じられるし

ちょっと話が不自然なのは、虚言癖もあるんじゃないのかな?

((((;゚д゚))))

 

いしだ壱成(47、→)が、女優・飯村貴子(23、→)と離婚していた。

35260950

「離婚届は、ぼくの誕生日の12月7日に書きました。

 『これ、取ってきたから書いて』

 と妻に言われて。

 奥の部屋で子供が遊んでいる間に

 サッと書いちゃおう、みたいな感じでした。

 提出は妻が翌日に。

 これでぼくは3度目の離婚です」

壱成は、そうため息まじりに離婚を明かした。

2003年に最初の結婚をし、1児をもうけたが2006年に離婚。

2014年に再婚するも2017年に離婚。

そして2018年に“おめでた再々婚”した相手が、当時19才で24才年下の飯村貴子だった。

生まれた娘は現在3才になる。

今回、いしだ壱成は“元妻”同席のもと、取材に応じた。

1990年代には数々の人気ドラマに出演していたいしだ壱成だが、さまざまなトラブルが続き、仕事は激減。

2011年に東京を離れて石川県に移住し、現在は妻子と築30年の一戸建てで幸せな生活を送っていた、はずだった。

「離婚理由は経済的なものです。

 食費も足りず、ずっとつらい状態にさせてしまっていた。

 実は結婚して1年も経たない頃に

 『この先もこのまま

  生活がまともにならなかったら

  別れるからね』

 と言われたことがあったんです。

pose_atama_kakaeru_man

 でも、移住してから落ち着いていたうつ病が再発してしまい、

 定職に就こうとハローワークにも通いましたが、

 採用してもらえませんでした。

 不安定な仕事ではありますが、パワーストーンの販売や、

 インターネットのライブ配信で

 収入を得ていた時期もあったのですが……。

 改めて定職を見つけようと思い、

 この秋口には、工場のライン作業や介護士、車の内装クリーニングとか、

 全部で20社ほど受けましたが、

 ぼくの“悪評”をメディアで知っていたのか、全部面接でダメ。

 生活のために軽自動車を手放し、母や父にお金の無心をし、友達に借金もしました。

 ぼくなりにもがき続けた一方で、そこまでしないと生きていけない自分に、

 『死んでしまえ』と思ったことも。

 妻と娘と幸せになりたかったけど、

 実際は貧困でつらい生活から抜け出せなかったんです」

いしだ壱成の収入だけでは生活がままならず、飯村は育児の傍ら飲食店やスーパーなどでアルバイトをして家計を助けた。

食費を切り詰め、爪に火をともすような暮らしを続けてきたが、明るい未来は見えなかった。

離婚の際の取り決めは、慰謝料はなし、月4万円の養育費、娘との面会は月2回。

現在は同居中だが、クリスマス頃には家を引き払う。

AS20200616003039_comm

いしだ壱成は、父・石田純一(67、→)に連絡を入れた。

「純一さんには、離婚届を書いた日に電話で伝えました。

 『あぁ……』っていう、反応は

 ため息のような、声にならない声のような。

 まあ、いまは本人も大変そうだから(苦笑)。

 また別の電話で(東尾)理子ちゃんにも伝えました。

 『はいはい、わかりました、OK~』

 みたいな感じで。

 純一さんとは2才までしか暮らしていないので、

 記憶はないですが、やはり親子ですよね。

 スピリチュアリストの江原啓之さん(56)には、

 世間を騒がせてきた家族だから“業”があると言われたけど、

 納得してしまうくらい、ぼくと父は何か欠落している

 やっぱり“同じ生き物”な気がします。ダメなところが似ている」

 

今年7月にアップされたYouTube動画

詳細はここをクリック