月曜日, 23 of 5月 of 2022

山口組 司忍組長 80歳

35261063

kurufuku_group

▲カメラマンに向かって「お疲れさん!」

 

司忍組長はもう80歳だそうですが、非常にオシャレなせいか、若く見えますね~

暴対法(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律)が出来て、ヤクザへの締め付けがキツくなったせいか、ヤクザの総人数は最近10年間くらいで激減(↓)しています

yakuzayouchien

そのおかげでヤクザによるカタギ(ヤクザではない普通の人)への嫌がらせや犯罪は減っていますが、暴力団に所属していない半グレが増えています

さらに外国人労働者の増加に伴う、在日外国人による犯罪が凶悪化、組織化しているのも気がかりです

ウクライナでのホンモノの戦争に比べると、ヤクザの分裂抗争なんて、子供のお遊戯のように見えてしまいます

 (^_^;)

 

AS20210408001447_comm

▲指定暴力団の構成員は、激減している

 

3/8の朝、JR品川駅の新幹線ホームが騒がしくなった。

norimono_character6_shinkansen

六代目山口組司忍(つかさしのぶ)組長が、黒のコートに黒のハット、さらにサングラスをかけ、白いマフラーをして姿を現した。

job_keiji_man

司忍組長の周りには数名のボディーガードたち、周囲には警視庁の私服捜査員らが目を光らせている。

組員らの情報収集のために、顔写真を撮影するカメラを持った捜査員もいた。

司忍組長は、品川駅の構内の書店や売店の前を通り、改札を通って車寄せに向かう。

停めてあった迎えの車に乗り込むと、すぐに車は走り去っていった。

山口組分裂抗争6年、司忍組長の周りには数名のボディーガードらがいたが、駅のあちこちには別に護衛の人間が配備されていた。

35261064

「北海道・旭川で行われた六代目山口組の二次団体、旭導会の鈴木一彦会長(→)の葬儀に出席したのです。六代目山口組の実質的な最高幹部の一人でした。名古屋から品川まで新幹線、羽田空港から旭川へ向かったとみられます」

帰りの新幹線でグリーン車に乗り込んだあと、司忍組長は「お疲れさん」とばかりに右手をあげていた。

「司忍組長が80歳を迎える1/25に、若頭の髙山清司が七代目継承かというガセ情報が出ました。山口組分裂抗争が続くなか、わざわざ司組長が人前に姿を見せたのは、自分の健在と余裕をアピールする狙いかもしれません」

 

download

▲歴代の山口組組長 

 

2008151300_1-714x476

▲七代目継承がウワサされる若頭の髙山清司(右)

「若頭」と言っても74歳、あまり若くない (^_^;)