水曜日, 10 of 8月 of 2022

愛子さまを「クソガキ」

20150604-1

o0400035914820926222

 

 体育会系の文化が強い組織では

   暴言を吐くことで豪傑ぶる、幼児的性格の人物

 がときどき現れます

陰でこっそり言うくらいならともかく、週刊誌が取り上げるほどになると、これはもう社会的な「事件」ですし、事実なら何らかの処分が必要だと思います

 ((((;゚д゚))))

 

35261184

 

皇宮警察内で、皇室への悪口雑言が飛び交っている(週刊新潮)。

皇宮警察というのは、天皇皇后両陛下や皇族の護衛、皇居の警備などを任務とする。

そのトップである皇宮警察本部長や副本部長などは、警察庁キャリア組のポスト。

叩き上げノンキャリ職員が上り詰められる最高のポストは警護部長で、現在その地位には、山口孝幸(58)が就いている。

だが、その山口孝幸について、皇宮警察関係者や皇宮警察OBが、次のような発言をしている。

警護部長の山口孝幸が、愛子内親王殿下(→)のことを“クソガキ”と呼んでいることは、皇宮警察の内部では有名な話です。

35261185

 私は、彼がそう悪態をつくのを直接耳にしたこともあります」

「山口と同じ北海道出身で、山口孝幸のことを崇拝している40代後半の池田好彌という警務課幹部も、愛子さまのことを“クソガキ”と呼んでいます」

「坂下護衛署の所長を務めた人物が、皇太子妃殿下だった当時の雅子さまを悪しざまに言うのも聞いたことがあります。

 しかも、コソッと言うのではなく、警部以上のミーティングの席でもそういった発言を平気でするのです」

35261182

「小室圭さんの問題が起きた後、眞子さま(→)に対しては

 “男を一人しか知らねぇと

 こうなっちゃうんだな”

 といった悪口がよく聞かれました」

耳をふさぐしかない、聞くに堪えない言葉である。

こういうのが皇室のすぐそばにいるというのが、不思議である。

皇室ジャーナリストの久野靖は言う。

「本当にあったとしたら、大変な驚きです!

 本当だとしたら、許しがたいことです」

詳細はここをクリック