日曜日, 24 of 1月 of 2021

小惑星が地球に接近

 
直径45メートルの小惑星が地球に接近し、日本時間2月16日未明、静止衛星の軌道(高度約3万6千キロ)よりも地球に近いところを通過すると米航空宇宙局(NASA)が発表した。
 
PN2013020601001054.-.-.CI0002

この大きさの天体としては、観測史上最も接近する見込みという。
地球に衝突する恐れはなく、研究者らは観測する準備をしている。
NASAによると、この小惑星「2012DA14」は昨年2月、スペインの天文台の観測で発見された。
重さは推定13万トン
日本時間16日午前4時24分、地球表面から2万8千キロの地点を通過するという。
 

 
計算ミスで 実は衝突します なんて言わないでね (^_^;)
 


Leave a comment