火曜日, 7 of 2月 of 2023

七福神は外国人?

B102a-P0020_0-1024x1024

686821-1024x570

 

もともと仏教はインド発祥で、中国で漢字文化に変換されて日本へ伝わったので、インド人と中国人が多いのは当然

何かと「日本人に稲作や仏教を教えてやった!」などと威張りまくる韓国人ですが、単に朝鮮半島は通過しただけ

今でも欧米の博物館の東洋文化エリアでは、インド中国日本が三本柱です

pyramid_sphinx

韓国人は歴史の教科書で

「世界5大文明は、朝鮮文明、黄河文明、

 インダス文明、エジプト文明、

 メソポタミア文明だ!」

などとファンタジー(真っ赤なウソ)を習って、自信満々で博物館を訪れます

そして朝鮮文明とやらの展示が、ほぼ皆無なのを知って、大ショックを受けるそうです

教科書で真っ赤なウソを教えてる国が、日本のすぐ隣に実在するんですよ

  (^_^;)

 

nigaoe_saichou-1

 

宝船に乗る「七福神」。

彼らの誕生は、日本文化(国風文化)が開花した室町時代。

最澄(←)の天台宗の仏典『仁王経』に「七難即滅、七福即生」という言葉がある。

七難とは「太陽の異変、星の異変、火災、水害、風害、干害、盗難」を指し、これらすべてを消して、代わりに福を与えてくれる存在として、七福神が祀られるようになった。

Tenkai

江戸時代に入ると、七福神信仰は一気に全国に広まる。

家康の指南役・天海(→)が天台宗の僧だったこともあり、七福神を教えられた家康は、喜んで信仰を始めたという。

将軍が七福神を信仰したため、諸国の大名もそれに倣い、各地で定着した。

七福神のうち、日本出身の神様は、恵比寿1人だけ。

恵比寿は『古事記』や『日本書紀』に出てくる国造りの神、イザナギノミコトとイザナミノミコトの子供とされ、後に商業や漁業の神として祀られるようになった。

恵比寿と同じく商売繁盛の神、大黒天はインド出身。

o0340040213853472285

元々はマハーカーラ(→)と呼ばれるヒンドゥー教の神で、創造と破壊を司るシヴァ神の化身だった。

それを象徴するようにインドでは恐ろしい形相で描かれている。

日本で無理やり笑顔に変えられたのかもしれない。

毘沙門天(インド出身)ヒンドゥー教で財宝を司る神「クベーラ」がルーツ

弁財天(インド出身)ヒンドゥー教で水と豊穣を司る女神「サラスヴァティー」がルーツ

福禄寿(中国出身)元は道教の神で、三徳と呼ばれる子孫繁栄、財産、健康長寿を司る

寿老人(中国出身)道教の神で南極星の化身とされ、福禄寿とは双子とも同一人物とも

布袋(中国出身)実在する禅僧がモデルで、弥勒菩薩の化身、開運を司る

七福神を歩く