土曜日, 23 of 1月 of 2021

Category » 神社仏閣

初もうで2021

004

詳細はここをクリック


コロニャ

cbb9b8831c71c06c64fb3f3db19e4d17_640px

jinja_chouzuya

 

 例年なら神社仏閣は

  ネコの手も借りたい!

 という忙しい時期なんですが

  今年はどこも閑散です

 (T_T)

 

新年が始まり、黒猫ちゃんが神社に「詣でていた」という写真がTwitterで話題に。

「早くコロニャが終息しますように」…

syougatsu2_manekineko

猫の祈る?姿に

「たまらにゃい」

「初詣にゃ」

「今年は、猫すら神頼みするのか。。」

「お賽銭入れてあげたい…」

ちゅーるが沢山貰えますよーに」

などと、25万超のいいねと、5万超のリツイートとともに、コメントが寄せられています。

詳細はここをクリック

 


スッチー → ミッコー

35260638

▲巫女の研修を受けるJALの職員

business_haken

 

 そのうちJALは

  人材派遣会社

 になるのではなかろうか?

  (^_^;)

 

JAL福岡空港支店によると新型コロナの影響で、福岡空港の国内線の便数は一時、通常の3割ほどに減少し、海外の航空会社から業務を受託している国際線の便はゼロになった。

このため、福岡空港で働くグループ社員のマンパワーや時間に余力が生じた。

そんな時、3年前に包括連携協定を結んでいた宗像市から「地域の課題解決に力を貸してほしい」と話があり、9月に共同検討チームを発足。

これまでに、離島・大島の観光スポット「風車展望所」一帯で除草、整地、花の種まきをしたり、「道の駅むなかた」で取り扱う農水産物を「空の駅」と名付けて福岡空港内で販売したりといったプロジェクトを実現してきた。

来年1月1~11日には、女性社員31人が宗像大社に出向し、巫女みこを務める。

大社が巫女の確保に苦労していると聞き、グランドスタッフなどとして高い接客技術を持つ人材の派遣を提案。

コロナ禍で例年より多くの巫女が必要な大社と短期出向契約を結んだ。

JALグループは大社から「奉仕料」を受け取る。

01_6707327

巫女の研修は今月21日から大社で始まり、初日は17人が参加。

神職、本職の巫女から独特の言葉遣いや所作、100種類を超えるお守りやお札、縁起物について教わった。

国内線グランドスタッフの女性(24)は

「楽しみも不安もある。

 ミスをしないように、

しっかりご奉仕できれば」

と笑顔で語った。

社員を送り出す福岡空港支店の斉藤久美子支店長は

「他業種を経験することにより、

 社会貢献とともに、 接客スキルを

 さらに向上させることができる」

と期待する。


試し突き

joyanokane_yuki

 

 いよいよ今年も

  あとわずかですねぇ

 (^_^;)

 


京都の秋


読書 京都の旅

51Nmgh6ECPL._SX348_BO1,204,203,200_

「近頃の旅ガイドは、グルメ本みたいで詰まらない」と言う文豪・松本清張が、自ら旅ガイドを作った

京都の名所旧跡40か所を選び、友人の歴史学者・樋口清之の協力を得ているので、歴史的な背景説明が豊富だ

清張自身も古代史に造詣が深いので、古代史への言及も多い

第二次大戦で日本の大都市のほとんどが空襲で壊滅し、現在あるのは戦後の街であるのに対して、京都には平安時代から続く永い歴史が、現在の大都市の中に生きている

観光化された、俗化された、京都人は閉鎖的で意地悪だなどという京都批判は多いが、やはり京都の魅力は捨て難い

京都には何度も旅しているので主な名所は行き尽くした気分でいたが、この本を読んで京都は奥が深く、まだまだ楽しめそうだと感じた

幸か不幸か、今はコロナで外国人観光客が激減し、どこの名所も空いているという

京都の紅葉の季節は11月中旬から12月上旬と言われているので、何となく落ち着かない

(^_^;)


読書 ブッダから親鸞へ

漫画ブッダから親鸞へ_ 加藤泰憲作品集 (響流選書)_01

あるお寺の住職が趣味でマンガを描いていて、彼が亡くなったとき、残された作品を息子がまとめて本にした

趣味といっても、マンガ雑誌に載ったこともあるようで、シロウトの域は脱している

ブッダの十大弟子、妙好人、親鸞の生涯などを扱っている

思想的に深い内容は無いが、素朴な画風にちょっと惹かれる

(^_^;)

漫画ブッダから親鸞へ_ 加藤泰憲作品集 (響流選書)_02


読書 金閣寺

35260027

金閣寺放火事件を題材にした、三島由紀夫の代表作の一つ

放火犯人は吃音(どもり)に悩む金閣寺の見習僧で、彼の幼いころからの自伝調の内面告白が、三島独特の美文で淡々と語られている

見習僧の「建物フェチ」とも言えそうな、ファナティックな金閣に対する愛が全体の基調を成しているので、犯行動機に感情移入するのが難しい

ジョンレノンの熱烈なファンが、レノンを銃殺した事件を思い出す

彼はやがて浄土真宗の大谷大学に進学し、そこで足の不自由な男と出会い、言葉の不自由な自分との共通性を見出して接近し、親しく付き合うようになる

その親友が語る独特の人生哲学や女性観が面白い

時代背景が第二次大戦の前後で、その時代の空襲の無かった京都の雰囲気が伝わって来る

(^_^;)

 

▼消失前の金閣寺 金箔が剥げて枯れた風情だった

860318ad7c657b26cd03d2ebaceec1c1

 

▼放火による消失直後の金閣寺

AS20191003000732_comm

 

▼再建された現在の金閣寺 創建当時の姿に戻した

kyotokankou20160824g

 


水郷柳川

IMG_20201012_150831

4時間以上も歩いて

 クタクタです  (^_^;)

 


読書 マンガ古事記

マンガでわかるシリーズ 古事記_01

日本の古代史の原点である古事記を読もうと思うのだが、原文はもとより現代語訳でも読みにくいので、まずマンガから

世界からマンガの国と見られている日本では、多くの古典がマンガ化されている

横山光輝「三国志」全60巻などという超大作もある

古事記は江戸時代初めまでは偽書とされていた

本居宣長が慎重な考証によって偽書ではないことを論証し、日本書紀とならぶ古代史の正典となった

その神話編には荒唐無稽な話が多い

戦前は皇国史観から全て真実として教育したが、戦後はその反動で、すべてウソ話として歴史学会でも無視してきた

しかし高度成長期に日本中で道路やビルを建設し、地面を掘ってみたら古代の遺跡が次々に見つかり、それらが古代神話を微妙に反映していることが明らかになった

そんな訳で、今では何らかの史実を、神話の中に仮託していると考えられている

その「何らかの史実」を、推理小説にように探るのが、古代史最大の楽しみです

(^_^;)